記事一覧

山本幸三創生相は予言者なのか?

 山本有三の代表作は『真実一路』である。 山本幸三の代表作は『ウソ一路』であろうか?「加計に決まった!」 山本創生相は知っていたのである。 なぜか加計学園に決まる前から知っていたのである。 考えられることは2つである。 彼は、予言者かイカサマ師か、どちらかであろう。 どちらなのかを探る事件が前にあった。 知人がインサイダー取引事件を起こした時、彼は犯人をかばい、「違法捜査だ」と怒ったという。 知人...

続きを読む

なぜ稲田朋美防衛相はウソばっかつくのか?

 防衛相のウソは悪いとはいえない。 兵は詭道(きどう)であるため、官民のためにつくウソはアリであろう。 が、稲田防衛相のウソは自分のためなので非である。 政治家のウソは珍しくない。 が、普通はバレないようにつくものであろう。 バレてしまったら最後、池に落ちた犬になるのである。 弁護士のウソはありえない。 弁護士というものは、ウソツキでは成り立たない職業である。 嘘八百を重ねてきた彼女は、弁護士では終...

続きを読む

日米両首脳支持率最低

  まだまだと森元総理神の声...

続きを読む

海の日2017

 安倍首相のスジの話。「総理」「なんだ?」「今日は海の日です」「だな」「治りかけの傷口を針でプスッと刺すと出てくる青白いヤツです」「それは膿(うみ)」「膿は出すべきです」「関係ないだろ」「奥さんも親友も、みんな国会に出しちゃいましょう!」「膿じゃねえー!」...

続きを読む

トランプ米大統領「(ブリジット仏大統領夫人に)とてもいい体だ」

 失言は黙っていれば防ぐことができる。 が、トランプ大統領に沈黙という選択肢はない。 結局、彼は何を言っても批判されるのである。 ほめてもけなしても非難されるのである。 仮に彼がブリジット仏大統領夫人に、「とてもひでえ体だ!」 と、言っていたら、もっと非難されたであろう。「とてもいい体だ!」 と、言われて不愉快になるのは若い女性であろう。 米メディアは、彼女と同世代以上の女性の意見が聞けていないの...

続きを読む