FC2ブログ

記事一覧

安倍首相より早くイランを訪問し文喜相(ムン・ヒサン)韓国会議長に天皇謝罪発言を謝らせた鳩山由紀夫元首相

 鳩山由紀夫元首相は自由である。 安倍晋三首相にはこんなにも自由がないのに。 人間の評価ほどいい加減なものはない。 賛成か反対かで評価しているだけである。 善悪の判断もいい加減である。 国や人によって違ってしまうのである。 歴史人物としての鳩山由紀夫と安倍晋三は対象的である。 忖度(そんたく)不要な後世には、正しい評価がされているであろう。●鳩山由紀夫●...

続きを読む

主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)in大阪の警備は厳重にすべきか?

 日本の警察が守るべきは日本人である。 外国要人を警護している最中に日本人が襲われるようなことはあってはならない。 実際に神奈川県警がトランプ大統領の警護応援中に川崎殺傷事件が起こってしまったのである。 何か良からぬことを企んでいるヤツが、わざとG20サミット時をねらってくる可能性もあるであろう。 大阪府は警官の応援を呼んで他府県民に迷惑をかけるようなことはすべきではない。 警官を増やせば安全という...

続きを読む

ホルムズ海峡近くで日本のタンカー「コクカ・カレイジャス」などを砲撃したのは何者なのか?

 昔から戦争が始まる時に繰り返されてきた言い合いである。 アメリカはイランのせいにするのである。 イランはアメリカのせいにするのである。 ウソをついているか、把握していないかどちらかであろう。 また、アメリカが示した「証拠映像」は信用できない。「ほら!イラン革命防衛隊がタンカーに付けた不発弾を取り除いている!」 これは「ハイエナ」の映像であろう。 タンカーを砲撃したのは「ライオン」のはずである。●...

続きを読む

なぜホルムズ海峡で日本のタンカー「コクカ・カレイジャス」とノルウェーのタンカー「フロント・アルタイル」が砲撃されたのか?

 戦争したい連中がいるのであろう。 アブラで大もうけしたい連中がいるのであろう。 安倍首相の訪イラン中に、アメリカは制裁強化である。 安倍首相の訪イラン中に、イラン側は「アメリカの犬」たちを砲撃である。 双方から安倍首相を侮辱した形になるが、そうではない可能性もある。 ポンペイオ(ポンペオ)米国務長官は、日台のタンカーを砲撃した「何者か」について、「イランに代わってこれだけ高度に洗練された攻撃を行う...

続きを読む

安倍首相はアメリカとイランを仲介できるのか?

 犬に仲介は無理である。 ほえる犬は鳩にも及ばない。 イランの厚遇は「お犬様」としてである。 本当は、「鎖を切ってから来いや」 と、言いたいであろう。●イラン●...

続きを読む

このままF35を飛ばし続けて優秀な自衛隊員の犠牲者を増やしていいのか?

 いいわけがない! 墜落原因はわかっていないのであろう! わかってもアメリカが教えてくれないのであろう! そんな謎めいた危険物に、無責任に優秀な自衛隊員を乗せてはならない! 戦闘機は無人機ばかりにすべきであろう!●F35●...

続きを読む

そもそもイージス・アショアは必要なのか?

 イージス・アショアなど必要なわけがない。 核保有さえすれば、攻めてくる国などない。 それでも、日本は買わなければならない。「言うことを聞かないと石器時代にしてやるぞ」 アメリカは脅しではない。 本気で灰燼(かいじん)にしてしまう有言実行国家である。 核攻撃をもいとわない、悪魔の帝国なのである。 アメリカに滅ぼされないためには、アメリカの言いなりになるしかない。 これも日本が非核保有国だからである。...

続きを読む

丸山穂高衆院議員糾弾決議全会一致可決はアリか?

 ナシであろう。 国会議員を選ぶのは国民である。 国会議員同士で進退を決めるなら国民はいらない。 国民不在の国会議員は国会議員ではない。 確かに、泥酔時の丸山議員の言動はまともではない。 が、シラフ時の言動はまともである。 何も彼は北方領土を取り返しに出陣したわけではない。 羽交い締めを突破して女を買いに行ったわけでもない。 実際におっぱいをもみに行ったわけでもない。 すべては妄想世界の話である。...

続きを読む

日米韓の北朝鮮ミサイル対策はアリか?

 韓国は北朝鮮のミサイルを問題視していない。 アメリカは北朝鮮の短距離弾道ミサイルを問題視していない。 いかなるミサイルも問題視しているのは日本だけである。 そのため、北朝鮮の非難は日本に集中してしまっている。 だからといって、日本は北朝鮮と仲良くするわけにはいかない。 仲良くすれば、戦前戦中をネタに青天井に脅し取られるだけである。 北朝鮮に対抗するには、どう考えても核保有しかないであろう。●北朝...

続きを読む

ロシアにとって「イージス・アショア」は脅威か?

 おかしな話である。 攻撃しているのはロシアなのである。 日本がロシア領を不法占拠しているわけではないのである。 脅威を感じるのは防衛側であって、攻撃側ではあるまい。 イージス・アショアなど、ロシアにとっては脅威でも何でもあるまい。 ロシアはすでに突破可能なミサイルを保有しているはずである。 それでも、言いがかりの材料としては使えるであろう。 北方領土にミサイル基地を置いている口実として。...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

月別アーカイブ

  • Archives »