FC2ブログ

記事一覧

入試不正大学名は公表すべきか?

 官がする必要はない。 官には不公平がないよう公表する自信はあるまい。 すでに怪しい大学はわかっているのである。 受験生が差別する大学を避ければすむことであろう。●東京医科大●...

続きを読む

旭日旗掲揚を非難されたため韓国観艦式に海自が参加しないのはアリか?

 アリであろう。 韓国は「小早川秀秋」になりそうなのである。 日本は「大谷吉継」にされそうなのである。 極東で日韓が陣を同じくすることはない。 もしすれば、陣取り合戦が始まるであろう。...

続きを読む

第4次安倍改造内閣は「全員野球内閣」

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「今度の内閣は『全員野球内閣』だそうで」「そうだ」「共産党の小池さんは『右バッターばっかや』って言ってましたが」「ププッ!いいんだよ。左ピッチャーと対決するんだから」「野球だから、エラーしてもドンマイドンマイ」「そうだ。みんなでカバーしあってがんばるんだ」「総理」「なんだ?」「ドンマイドンマイ」「まだエラーしてねぇー!」...

続きを読む

沖縄県知事選は安倍政権の運営に影響あるのか?

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「沖縄県知事選、佐喜真さん負けちゃいました」「おかしいな。進次郎に応援させれば勝てるはずなんだが」「ですよねー」「投票日に天気が悪いと与党有利とも言われているのに」「悪いも悪い、台風ですからねー」「なのに、どうして負けたんだ?」「それだけ翁長さんの怨念が強かったんじゃないですか?」「フッ!翁長さんは敵じゃないアピールもしといたのにな」「沖縄県民にはバレバレだっ...

続きを読む

日米新通商交渉「物品貿易協定(TAG)」締結へ~なぜ日本は絶対に負ける戦いを続けるのか?

 しょせん外交も軍事である。 軍政下にあるアメリカとやりあったところで日本に勝ち目はない。 日米貿易交渉はすればするほど不利になるだけである。 もうこれ以上動くなと申し上げたい。 日朝交渉も同じである。 核保有国には核保有国だって手を焼くのである。 総理は金正恩委員長に会う用意などする必要はない。 日朝交渉は、日本が核保有してからの話である。...

続きを読む

不祥事財務省の首領・麻生太郎財務相は失脚するのか?

 安倍首相のスジの話。「総理」「なんだ?」「麻生財務相は留任するんですか?」「……」「あれほどの不祥事を起こした省のボスなんですから、留任なんてありえないっすよね?」「……」「それとも、辞めさせられない理由でもあるんですか?」「……。彼を辞めさせてしまったら、真の黒幕の立場がない」「!」●森友学園問題●...

続きを読む

安倍首相「次の国会に(憲法)改正案を提出できるよう一致結束して向かわなければならない」

 右翼はバカであろうか? アメリカに押し付けられた憲法が気に入らなければ、作り直すのではなく捨てるべきである。 この国にはアメリカの息のかかっていないもう一つの憲法があるのである。 大日本帝国憲法を改正してこそ、真の保守であろう。 左翼もアホであろうか? 憲法9条を死守したければ、話し合いで解決とかごまかすのではなく、現実的にどう国を守るかを示すべきである。 わからないのであれば、一つだけ思いつい...

続きを読む

無駄金と無駄時間を使っただけの自民党総裁選

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「勝ちましたね?」「ふふっ」「圧勝でしたね?」「圧力じゃないぞ」「国民は大喜びです」「へへっ、そうかい」「わずか59分で終わるとは」「え?」「大坂なおみ選手」「そっちかい!」...

続きを読む

朝鮮半島の非核化は望ましいことか?

 中東は列強の「戦争ゲーム盤」である。 かつては極東も「戦争ゲーム盤」であった。 列強は人気ゲームを復刻したいのである。 復刻したいのであるが、核が邪魔なのである。 核はすべてを破壊してしまうのである。 ゲームの醍醐味「お宝ゲット」までなくしてしまうのである。 アメリカの「小学生」が北朝鮮の非核化を求めるのは、そのためであろう。 朝鮮半島の非核化が実現すれば、「戦争ゲーム盤」にされるだけである。 ...

続きを読む

南北首脳会談in平壌は何のためか?

 北朝鮮は韓国を人質に取ったのであろう。 こうしていれば、アメリカは手を出せないと考えたのであろう。 韓国も望んで人質になったのであろう。 米朝戦争が起これば、朝鮮半島は火の海になるのである。 半島には、「心頭滅却すれば火もまた涼し」 なんて人は、ほとんどいないであろう。●南北首脳会談●...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村