FC2ブログ

記事一覧

「G20」とは何ぞや?

 ある家庭のスジの話。「ママ~」「なあに?」「『ジー20』ってなあに~?」「……」「『ジー20』ってなになに~?」「……」「ケッ!だまってるってことは、しらないんだ~?」「知ってるわよ!」「じゃあ、『ジー20』ってなになにな~に~?」「……。ワルどもの集まりよ」「せいかい!」...

続きを読む

改正入管法はアリか?

 ナシであろう。 争点がずれまくっている。 保守が強行採決するような法案ではない。 野党も野党である。 与党が「開国」を唱えたら、「攘夷」で対決するのが筋である。 開国同士で戦うから、「内戦」になるのである。 内戦こそ、最も列強が望むことであろう。...

続きを読む

存外、桜田義孝五輪相のキャラはアリではないのか?

 人には長所と短所があるものである。 桜田義孝五輪相の短所は、のっけから露呈されたが、何度も見ているうちに長所も垣間見えるようになった。 苦情処理係としては、最適な御仁であろう。 そうそう。十数年ほど前に弊ブログ(現「時事陳腐っす」)も述べたことがある。  「笑い」とはすべてをごまかす魔法なり●桜田義孝●...

続きを読む

カレンダーや大看板で話題の片山地方創生担当相

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「片山さんや桜田さんはダミーですよね?」「どういうことだ?」「本丸への攻撃をかわす出丸ですよね?」「そんなつもりはない」「そうそう。片山さんといえばカレンダーですが、プーチンさんの来年のカレンダーがロフトで大人気だそうですよ」「ほう」「総理のも出せばいいじゃないですか~」「カレンダーで騒がれているときに何を言っているんだ」「でも、総理より麻生さんのほうが売れそ...

続きを読む

米中太平洋争奪戦はアリか?

 アリであろう。 第三勢力の日本としては、これ以上の好機はない。 米中双方とも、日本を疎かにできなくなるからである。 今後も大いに火花を散らせて欲しいものである。 ただし、北朝鮮も同じことを考えている。 現状、外交では北朝鮮のほうが一枚も二枚も上である。 日本が追い越すには、核保有から始めるしかあるまい。...

続きを読む

植民地時代の日本による強制労働賠償を求めてきた北朝鮮の李種革(リ・ジョンヒョク)朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「北朝鮮の高官が日本統治時代の強制労働に対する賠償を求めてきていますが」「おかしいな」「何がですか?」「北朝鮮は強制労働には賛同しているはずだが」...

続きを読む

なぜ北方領土返還交渉はいつもうまくいかないのか?

 やられてもやり返さないからであろう。 日本は軍事も外交のうちだということを忘れている。 ロシアは北方領土にミサイル基地を造ったのである。 その砲口は日本に向けられているのである。 ミサイルを向けられたら向け返すのが礼儀というものであろう。 対して北朝鮮は株を上げた。 プーチン大統領はトランプ大統領にまとわりついている安倍首相より、堂々と渡り合っている金正恩委員長を買っているであろう。 はっきり言...

続きを読む

なぜいつも日本は北方領土返還交渉で遠慮するのか?

 不思議なのである。 戦後、ロシアとの領土返還交渉といえば、いつも北方四島の話だけである。 最近では、二島だけに縮小されてしまっている。 違うであろう! 江戸時代以降、日露両国は樺太と千島列島全域での交渉をしてきたのである! 千島を返せないのであれば、樺太を譲れとなぜ言えないのであろうか? ロシアが、「樺太も千島も第二次大戦の戦利品だ」 と、言い張るのであればそれでいい。 日本は次の戦争に向けて、...

続きを読む

陸自が民間車両を攻撃するのはアリか?

 日本は平和である。 シリアでは、この程度では誤爆にもされないであろう。 シリアでは、大勢の人が死んでもごまかされている状態なのである。 非核保有国ばかりがなぜこんなつらい思いをしなければならないのであろうか? 日本も非核保有国なのである。 願わくば、来年も再来年も平和であってほしいものである。...

続きを読む

パソコンを打ったことがない桜田義孝五輪相がサイバーセキュリティー担当相を兼任するのはアリか?

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「桜田さんはダメっす」「……」「だって、パソコン打ったことがない人がセキュリティー担当相ですよ」「いいじゃないか別に」「例えるなら、総理が共産党委員長になるようなもんですよ」「……」「これでも適任と言うんですか?」「……。わかった」「わかってくれましたか」「私が共産党委員長になればいいんだな?」「!」...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村