FC2ブログ

記事一覧

政府が沖縄の声を無視しないためには何をすればいいか?

 間違っているのは政府である。 外国軍の占領に反発するのは正論である。 不平等条約改正を求めるのも正論である。 が、法ではアメリカを動かすことはできない。 力でしか動かすことはできない。 だからといって、反乱を起こすわけにもいかない。 結局、核保有しか思いつかないのである。●沖縄●...

続きを読む

石破茂元幹事長の自民総裁選出馬は「ガス抜き」なのか?

 男安倍晋三は無敵である。 横暴で厚顔無恥で勝つためには悪にでもなるのである。 もはや国内で男安倍晋三に勝てる者はいない。 いないため、自前で敵役をこしらえたのであろう。●安倍晋三●...

続きを読む

安倍晋三首相は自民党総裁選に出るのか?

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「総裁選、出るのやめましょうよ」「やめません!それはね、男の花道いうのがあるんですよ。私のファンがいっぱいおります。だから最後まできちんとした処理が出来ない場合は進退を自分で判断しません!」「石破さん、手強いですよ~」「男安倍晋三、逃げも隠れもせん」「総理にしたいナンバーワンは進次郎君なんですが」「生意気だよ。僕に言わせたらガキですから、そういう相手する必要、...

続きを読む

二度と核攻撃されない国になるにはどうすればいいか?

 核廃棄の主張は簡単である。 核廃棄の実行が無理なのである。 核不安を軽減する方法は他にない。 核保有しかないのである。 過失は制御できない。 故意は制御できる。 核事故は今後も起こるであろう。 核戦争が起こる可能性は少ない。 核戦争が起これば終わりである。 核戦争が起こらなくても、終わりが来ないことはない。 歴史上、滅亡しなかった国はない。 今ある国々もまた、将来必ず滅亡するのである。●核保有●...

続きを読む

イージス・アショア導入最終諸経費4000億円超の衝撃

 悲しいとしか言いようがない。 悔しいとしか言いようがない。「アメリカの犬め!」 護国の英霊たちは、草葉の陰で安倍政権をののしっているであろう。「北朝鮮の脅威から日本を守るためにイージス・アショアを導入をしよう!」 英霊たちは見抜いているであろう。 日本にとって最大の脅威は、戦前も戦後もアメリカなのである。●アショア●...

続きを読む

国連は破産寸前なのか?

 ラッキーな知らせである。 日本を敵国扱いする国際機構など、つぶれたほうがいい! 日本から血税を取り上げ続ける汚職機構など、つぶれたほうがいい! 日本の災害を無視し続ける援助機構など、つぶれたほうがいい! 軍事的に無力な平和機構など、つぶれたほうがいい! 一部常任理事国に特権を与えている差別機構など、つぶれたほうがいい! 日本は日本で新たな国際機構を創るべきであろう!...

続きを読む

「防災省」は創設すべきか?

 官は民を苦しませてはならない。 国民が減っているのに官庁を増やせば、国民を苦しませることになるのである。 国を守るのは自衛隊である。 防災は防衛省に任せればいいのである。 軍事と防災は重なっているのである。 気象庁は防衛省に組み込むべきであろう。...

続きを読む

柳瀬唯夫経産審議官の退任で加計学園問題は幕引きなのか?

 安倍政権はそのつもりであろう。 森友学園問題も佐川宣寿国税庁長官切りで終戦であった。「でも、柳瀬さんも佐川さんもウソをついてましたけど、自分のためについていたウソじゃないですよね?誰かの悪事を隠すためについたとしか思えませんよね?」 だからといって、口にする者は干される運命である。 ましてや追及する者は、消される運命である。「だからどうした?」 もはや総理の御意向、官邸の最高レベルの横暴を止めら...

続きを読む

国民は安倍政権に屈服したのか?

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「勧善懲悪なんて夢物語です」「何をいまさら」「国民が求める法案は無視し、お友達を喜ばせる法案だけは通せました」「ふっ」「モリカケほか諸問題には忍法風化作戦」「それは日大だ」「一時は首の皮一枚にまで追い詰められながら、面の皮千枚張りで徹底抗戦」「うるせえ」「羞恥心すら失った裸の王様に、国民は見てないふりをするしかなくなりました」「それでいいのだ」「今はいいかもし...

続きを読む

やっぱり解せない参院定数六増

 安倍首相のスジの話。「総理」「なんだ?」「国会閉幕前に重要法案は全部通せました」「ふっ、たわいもない」「アメリカが喜ぶカジノ法も、金持ちが喜ぶ働き方改革関連法も、身内が喜ぶ参院定数六増も全部成立しました」「ひゃっはー!」「ところで参院定数六増って、東京医科サマ大学の手口に似てますよね?」「なんだって?」「だって裏口入学ならぬ、裏口当選じゃないですか~」「一緒にすんじゃねぇー!」...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村