FC2ブログ

記事一覧

育休中の夫たちは何をしているのか?

 ある家庭のスジの話。「ママ~。イクキュウチュウのオットたちって、ナニをしてるの~?」「元衆院議員の宮崎謙介さんは育休中に不倫していたのよ」「サイテ~」「石谷健二容疑者は子どもを虐待していたのよ~」「ダメじゃ~ん」「渡辺雄二容疑者は連れ子を虐待して殺しちゃったのよ」「もっとダメじゃ~ん」「何したじゃなくて、特に何もしない夫も多いそうよ」「イミねーじゃ~ん。そうだ!ちゃんとイクジしてるかカンシインを...

続きを読む

「育休」は是か非か?

 育休に是非はない。 是でも非でも不公平なのが問題である。 育休は企業規模が小さくなればなるほど取りづらくなるのである。 一人仕事であれば、無給休暇になってしまうのである。 取るか取らないかだけの問題ではない。 子供がない方や独身の方や高齢の方は、選択の資格すらない。 どんなに議論を重ねようとも、公正にはならない問題なのである。●育休●...

続きを読む

中東に向かった自衛隊はカルロス・ゴーン被告を捕まえに行くのか?

 日本はヤツに大恥をかかされたのである。 ヤツのせいで世界の笑いものにされたのである。 この汚名は、ヤツを捕まえなければすすげない。 自衛隊には何が何でもヤツをとっ捕まえてほしいものである。 ヤツの奪還は大半の日本人が望んでいるであろう。 自衛隊は外国のためではなく、日本のために働いてほしいものである。●自衛隊●...

続きを読む

カルロス・ゴーン被告「私には金がある」

 銭貨は石ころである。 紙幣は紙くずである。 電子マネーはただの数字の羅列である。「私には金がある」 キング牧師の発言とは、えらい違いである。「私には発言力と金がある。他の人にはできないことができる」 がっかりである。 ヤツが出始めた時、こんなつまらない人間だとは思っていなかった。「金さえあれば何でもできる」 この類の発言は、憎ったらしい悪役の発言である。 経営者が口にしてしまったら、一発でおしま...

続きを読む

10年やそこらで製品のサポートをやめてしまうマイクロソフトは無責任か?

 それが日本企業との違いであろう。 アメリカは超資本主義なのである。 お客様の使い勝手より、会社の利潤追求が大事なのである。 ただし、近年の日本企業は米企業に似てきた。 似てきたというより、似させてきた。 そうしなければ、生存競争に負けてしまうからであろう。...

続きを読む

逃亡先のレバノンで遠吠えするカルロス・ゴーン被告

「盗人猛々しい」 とはヤツのことである。 ヤツ以外、もう誰一人として思いつかない。 日本は意地でもヤツを連れ戻し、法廷に引きずり出すべきである。 賞金を懸けるか、特殊部隊を派遣すべきであろう。●カルロス・ゴーン●...

続きを読む

100万円ゲットを認めた下地幹郎衆院議員

 官邸のスジの話。「総理」「何だ?」「維新の会の下地幹郎先生が100万円もらったのを白状しました」「あ、そう」「100万円は封筒に入っていたそうです」「ふうん」「どうやら、とらやのようかんはもらっていないようです」「ようかんはセットじゃないだろ」「下地先生がもらうはずのようかんは、いったいどこに消えちゃったんですかね~?」「知るかよっ!」「まあ、そうカッカなされずに」「テメーがさせてるんじゃねえか!」「...

続きを読む

こんなにも外国人富裕層の出国チェックがユルユルでいいのか?

 いいはずがない! これでは税関の意味がないであろう! 富裕層だって悪事を働くのである! 貧乏人よりも富裕層の方が可能な悪事が多くなるのである! おそらく、これまで多くの日本のお宝が、密かに海外に持ち出されているであろう!●カルロス・ゴーン●...

続きを読む

中村裕之衆院議員「ようかんもらってない」

 安倍首相のスジの話。「総理」「何だ?」「年明けはIRで責め立てられるでしょうね?」「年始めから気分が悪くなることは言うな」「中村裕之先生が『ようかんもらってない!』って、怒っているそうで」「それで怒っているわけじゃないだろ」「そりゃ怒りますよね~。おいしいとらやのようかんがもらえなかったんですよ。食べ物の恨みは恐ろしいですよ~」「怒っているわけじゃないって!」「秋元司先生は300万円と一緒にようかん...

続きを読む

なぜ関西空港はカルロス・ゴーン被告が隠れた荷物のX線検査をしなかったのか?

 荷物が大きすぎたからX線検査できなかったわけではあるまい。 米軍関係者の荷物と思ったからできなかったのであろう。 日本では憲法の上に米軍がいるのである。 日本に対して何かをしたい場合は、米軍の力を借りさえすれば何でもできるのである。 ゴーン被告の海外逃亡に協力したトルコの民間ジェット機運航会社「MNGジェット」の幹部は、「協力しなければ家族に危害が及ぶ」 と、脅されたという。 これは非常に恐ろしい話...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »