FC2ブログ

記事一覧

今年の漢字は何なのか?

 官邸のスジの話。「総理」「何だ?」「今年の漢字って、アレでしょうね?」「アレってなんだ?」「『桜』ですよ」「うっ!」「なんといって今年はラクビーW杯で『桜の戦士』の活躍がありました」「そっちかい!」「もちろん、『桜を見る会』のほうもありますよ」「だろうな」「『桜田大臣』も話題になりましたし」「思い出したくもねえ」「櫻井くんのいる嵐も活躍しましたし」「天皇陛下御即位の際の歌も歌っていたな」「そして...

続きを読む

SNSは悪なのか?

 SNSそのものに善悪はない。 使い方によってどちらにでも転ぶだけである。 しかしテレビでは、さもSNSがワルモノのように報じている。 そうする理由は、テレビはネットを目の敵にしているからである。 ネットに奪われた「顧客たち」を奪還しようと必死なのである。 テレビはなぜ「顧客たち」が離れていったのかを理解していない。 官に縛られたテレビは、自由を失い、面白味をなくしているのである。 ここ最近の報道は異様...

続きを読む

歴史チップス2019年12月号基督味更新

 本日、「月刊・歴史チップス」2019年12月号基督(キリスト)味(通算218号)、「不当判決!無情の炎!それでも笑って天国へ!!  ~ 名奉行・板倉勝重(いたくらかつしげ)の汚点!元和の京都の大殉教!!」 更新。 乱文・誤記の修正やリンクの追加などは追々行います。...

続きを読む

続・フランシスコ教皇は核廃絶を訴えたのか?

 宗教家はいい。 理想を語っていれば、ウソツキ呼ばわりされることはない。 政治家はつらい。 現実を語らなければならないし、かなわなければ、ウソつき呼ばわりされる。 教皇が広島で心を動かされたのは事実であろう。 しかし、そこまでであった。「核使用や核保有はやめなさい!」 教皇は直接的な非難は何も言えなかった。「今後、カトリックの教えの中で、核兵器の使用と保有は倫理に反すると明記する」 間接的な理想を...

続きを読む

フランシスコ教皇は核廃絶を訴えたのか?

「核保有は最良の答えではない」「戦争のための原子力使用は犯罪」「真の平和とは非武装の平和以外にあり得ない」「戦争はもういらない!兵器の轟音(ごうおん)はもういらない!こんな苦しみはもういらない!」 フランシスコ教皇は核廃絶を訴えたわけではない。 フランシスコ教皇が非難したのは戦争である。 核兵器を含む兵器全般の使用を非難したのである。 核保有については「最良の答えではない」としただけで、非難まではい...

続きを読む

なぜ日本政府は「ローマ法王」を「ローマ教皇」に変更するよう指示したのか?

 法王より教皇のほうが善人に思えるからであろう。 日本では法王のイメージは悪い。 日本で法王といえば、真っ先に皇位を狙った怪僧・道鏡を連想してしまう。 また、称徳(孝謙)女帝を性的に籠絡(ろうらく)していたとされることが、カトリック聖職者達による性的虐待事件を連想させてしまうからであろう。 また、院政期の白河法皇・鳥羽法皇・後白河法皇は、政教合体の大権力者であった。 ローマ法王もまた、バチカン国政のみ...

続きを読む

大河ドラマ『麒麟がくる』の帰蝶(濃姫)役は誰にすべきか?

 帰蝶(濃姫)はかなり変わっていた異常な姫だったという。 だから、沢尻エリカ容疑者にはうってつけの役であった。 しかし、それもパーになった。 不起訴かどうかは関係ない。 一刻も早く代役を立てるべきであろう。 私は「別に騒動」ではアリとしていたが(「歴史チップス無礼味」)、今回の違法行為はどう考えてもナシである。  あるいは、台本を変える手もある。 帰蝶(濃姫)には早世説があるため、すぐに死んじまう役に変...

続きを読む

TBS系の朝のワイドーショー番組も呪われているのか?

 昔、「ウォッチ!」という番組がやっていたが、川田亜子アナが死んでしまった。 次に、「朝ズバッ!」という番組になったが、吉田明世アナが触られてしまった。 次に、「ビビット」という番組になったが、堀尾正明アナが不倫してしまった。 こうして「グッとラック」という番組になったが、次に墓アナを掘るのは誰であろうか?...

続きを読む

第2回プレミア12で世界一になった侍ジャパン

  侍の手に汗握るプレー見やあ●侍ジャパン●...

続きを読む

大河ドラマは呪われているのか?

 悲しいお知らせである。 いだてんの呪いが麒麟(きりん)に飛び火してしまった。 チョウは舞う前に捕まってしまった。 校則を守りすぎると、笑い者にされる。 会社の決まりにこだわりすぎると、できない人にされる。 制限速度を厳守していると、後続車からクラクションを鳴らされまくる。 政界ではカネが、芸能界では薬物が、その程度の扱いなのであろう。 が、追い落としの材料なら、「その程度」で十分である。 失脚を免...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »