FC2ブログ

記事一覧

在日米軍再編基本方針決定

 首相官邸のスジの話。「やー、ウォルフォウィッツさん。3兆円、払うことにしたよー」「サンキューベリーマッチョ。ミスターブッシュニ、ツタエトキマスネー」「その代わりといっては何だが、これ、沖縄の民芸品なんだけどね、一つでいいから買ってくれないかなー?」「オヤスイゴヨーデッセ。デ、イッコイクラナノー?」「3兆円になっております~」● 在日米軍再編問題 ● http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/15016485.ht...

続きを読む

警視庁シリーズ第2話「パート女性は見た!下半身露出巡査部長」

 さー、第3話もあるのかな?  「弾、見せて」タマはタマでも違ってた● 警視庁シリーズ第1話 万引警視 ● http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/35627203.html...

続きを読む

万引警視・成松清 ~ ホームセンターに散る!

 ドラマ化しませんか?...

続きを読む

文部科学大臣賞受賞盗作疑惑洋画家

 芸術は素人には分からない。 が、盗作かどうかは素人にも分かることである。 模写であれ別個の作品であれ、出典は明らかにすべきであった。それすらなかったということは、盗作と非難されても仕方あるまい。 しかも今回の問題は、日本だけの話ではない。和田義彦氏は世界に大恥をさらしたのである。 文化庁はすみやかに和田氏から賞を剥奪し、改めてアルベルト・スギ氏に受賞させるべきあろう! それがニセモノを見抜けなか...

続きを読む

阪急・阪神連合、村上ファンドと決戦へ

  虎の威を借りて待ちます虎の穴● 村上ファンド ● http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/12475752.html http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/12660146.html http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/13191174.html http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/16545742.html  http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/33567409.html http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/34665799.html...

続きを読む

ジャワ島中部地震死者4600人超&日本11億円無償援助

  各国の思惑重なる支援かな...

続きを読む

愛国心を評価する通知表

 自分を愛せない者が人を愛せるはずがない。 人を愛せない者が国を愛せるはずがない。 かくなる自殺大国のことを、いったいどう考えているのであろうか? かくなる殺人大国のことを、いったいどう考えているのであろうか? だだでさえ少子化の国の国民が、自殺しまくり殺人しまくっていては、繁栄するはずないであろう! まず、何をすべきかを、もっとよく考えるべきではないであろうか?● 愛国心 ● http://blogs.yahoo.co....

続きを読む

側近に裏切られた堀江貴文被告

 堀江被告が後鳥羽上皇と重なって見える。 ただ、後鳥羽上皇は側近に裏切られることはなかった。 宮内亮治被告は初めは「葉室光親」になるつもりのようだったが、なり切れなかった。 なる必要は全くないが。● 承久の乱 ● http://www.geocities.jp/rekishi_chips/eikou1.htm ● ライブドア事件 ● http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/22688406.html http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/22852482.html http://blogs...

続きを読む

ジャワ島中部地震死者3500人突破&東ティモールぐちゃぐちゃ

  ボートだよ助けに来たよ暴徒だよ● 地震味 ● http://www.geocities.jp/rekishi_chips/zisin1.htm...

続きを読む

日米両軍の一体化

 当面は喜ばしいことに違いあるまい。 が、これでアメリカの意図は明白になったといえる。 アメリカにとって日本は「不安定な弧」に対する「防波堤」であり、決して譲れない「天王山」である。「天王山」を死守するために一番やりやすいのは「米日併合」にほかならない。 日本はどうなってしまうのであろうか? おそらく「松平広忠」であろう。● 在日米軍再編問題 ● http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/15016485.html ...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »