FC2ブログ

記事一覧

訪米した野田首相

 明日のホワイトハウスのスジの話。「やあ、ノダさん」「こんにちは。ミスターオバマ」「センカクはアメリカが全力で守ってあげるよ」「ありがとうございます」「センカクを守ってあげるからには、アメリカの言うことを聞いてね」「ええ、もちろんです」「在日米軍再編問題の諸経費はアメリカの『言い値』で出してね」「え!」「ウシもたくさん買ってね」「……」「TPPではコメや保険などのことで口答えはさせないからね」「そ、そ...

続きを読む

関越道高速バス事故の一因は「値下げ競争」なのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  インフレになると、カネが粗末に扱われる。 デフレになると、安全やモラルが粗末に扱われる。 つまり、インフレの方がマシということである。 日本の安全やモラルは海外から高く評価されてきた。 このままデフレが続けば、それもまた危ういということである。   ● 関越道高速バス事故 ● http://blogs.yahoo.co.jp/mohenzi...

続きを読む

仙台に「動くパンダ」は来るのか?

 中国のスジの話。「主席」「なんだ?」「仙台市にパンダのぬいぐるみを送ったところ、市長が『動くパンダが欲しい~』って言ってきたそうで」「ほう」「一方、東京では石原知事が『尖閣を買うぞ!』と息巻いています」「それなら上野動物園のパンダを仙台へ送ってあげなさい」...

続きを読む

韓国の李明博大統領を「ネズミ」呼ばわりする北朝鮮

 東京ディズニーランドのスジの話。「北朝鮮が韓国をなじっています」「困ったもんだね」「李大統領をネズミ呼ばわりしています」「……」「大学の偉い人まで李大統領の顔も性格もネズミそのものだとほざいています」「……」「女子供に至るまで李大統領をネズミ呼ばわりし、人形を作って燃やしたりたたいたりしています」「ネズミは悪くないんだー!」...

続きを読む

関越道高速パス事故

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら   楽園は帰れなければ意味はない  連休は終わりなければ意味はない...

続きを読む

なぜ米国は日本向け米穀を増産するのか?

 アメリカの軍事戦略の一環である。 一環というより、根本であろう。 アメリカは日本を従属させている。 表向きは日米同盟ということになっている。 が、永遠に続く同盟など存在するはずがなく、将来どうなってしまうか分からない。  そこでアメリカは考えた。「日本を裏切らせないためにはどうすればいいか?」 その結論が、「日本の『兵糧』はアメリカで生産する」 と、いうものだったのであろう。 食べ物を握られ...

続きを読む

拡大した日本の大陸棚

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  海底資源の開発権など意味はない。 実際に開発しなければ何の意味も成さない。 なぜ日本は他国に横取りされる前に動こうとしないのか?「日本には資源がありません」 そんな見え透いたウソがいつまでも通用すると思っているのであろうか?   ● 竜宮城計画 ● http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/57582821.html http:/...

続きを読む

薄葬を望まれる天皇・皇后両陛下

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  両陛下は薄葬について前々からお考えだったという。 となると、なぜ今になって女性宮家創設問題が浮上してきたかも分かるような気がする。 宮内庁は利権拡大というより、利権縮小を阻止するために動いたのではあるまいか? 両陛下は官よりも民のことをお考えである。 官に囲まれていながら、官よりも国民のことを思っておられる。 これが...

続きを読む

小沢元代表無罪で消費増税関連法案はどうなるのか?

 官邸のスジの話。「総理。小沢さんは無罪になりました」「うん。聞いた」「小沢さんは消費増税法案に反対しています」「前は増税論者だったのにな」「それを言うなら総理も前は増税慎重派でした」「……」「消費増税、できないと困りますよね?」「ああ、困る」「『金髪ハニー』へ貢ぐカネがありません」「そうじゃねえー!」...

続きを読む

キャバ嬢に会社のカネ6億円を貢いだ栗田守紀容疑者

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「キャバ嬢に会社のカネ6億円を貢いで逮捕された男がいます」「バッカだね~」「やっぱりそう思いますか?でも、世の中にはそれ以上のウルトラバカもいるんですよ」「だれ?」「日本なんか国民のカネ5兆円を欧州に貢ぐことを決定しました」「……」「金額だけでいえば8000倍以上もバッカですよねー?」「……」「ここで一句。『金髪に奮発するのだシロアリが』」「やめろー!」...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »