FC2ブログ

記事一覧

アイソン彗星は終わったのか?

  アイソン彗星終わっちゃったら哀悼するぜい...

続きを読む

なぜ「リニア減税」など行おうとするのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  いけませんな。 金欠の人には増税し、金満の人には減税する。 ウニやアワビを海で捕るのをやめ、山へ捕りに行くようなものであろう!● リニア新幹線 ● http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/56330316.html http://blogs.yahoo.co.jp/matupi_tyu/8745709.html...

続きを読む

中国が設定した防空識別圏に自衛隊機も海保機も飛んでやった

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら 「44年前に防空識別圏を設定した日本が撤回するというのなら、44年後に中国も撤回する」 中国の言い分は意味不明である。 そもそも日本は44年前に防空識別圏を設定したわけではない。 GHQが設定していたものを踏襲しただけなのである。 つまり、日本の防空識別圏を設定したのはアメリカなのである! 中国に異論があるのであれば、アメリカ...

続きを読む

60年前の赤ちゃん取り違えのどこが問題なのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  当事者にとって取り違えは悲劇であろう。 が、問題なのは血であって、金ではあるまい。 経済的事情も考慮した東京地裁には違和感を覚える。 貧乏のために人生を狂わされた人ならごまんといる。 部外者が驚いたのは、取り違えそのものではなく、その後の二人の人生の差であろう。 ただ貧富だけでこれほどまでに人生に格差が生じてしまうこ...

続きを読む

中国が設定した防空識別圏を無視して飛行していた米軍爆撃機B52

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  アメリカは尖閣問題の部外者ではない。 そもそも尖閣問題が発生した原因は、台湾問題にあるのである。 台湾をめぐる米中の争いが、たまたま尖閣諸島にはみ出したに過ぎない。 が、中国からすれば、日米は切り離したいのである。 日本とは争ってもいいが、アメリカとは争いたくないのである。 そのため、「アメリカは飛んでもいいけど、日...

続きを読む

盗聴検査をしてみた自民党本部

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  意味のないことはすべきでないし、発表することでもない。 盗聴されていれば問題であるが、されていないのもまた問題である。 する意味がなければ問題であるし、筒抜けもまた問題である。 たとえ盗聴器を発見したところで、問いただせる相手ではあるまい。 できないことは初めからやるべきではない。 日本ができることは、こっそりとやり...

続きを読む

中学校で教員が拳銃を発砲

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら   モデルガンじゃない拳銃持ってる!ガーン!● 銃器味 ● http://www.geocities.jp/rekishi_chips/zyuuki1.htm...

続きを読む

尖閣諸島上空も防空識別圏に設定した中国

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  尖閣国有化という亡国の所業のツケがいよいよ本格化してきた。 日中は戦前と逆の立場である。 中国は国内の混乱を「征日論」で鎮めようとしている。 国連常任理事国として「正義」を掲げ、日本を怒らせて非行に走らせ、敵国条項の名の下に「悪者」を成敗しようとしている。 中国は少々手荒なことをしても許されると思っている。 いくら日...

続きを読む

秘密保護法の意図はずれていないか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  情報は漏れるものである。 秘密保護は必要であろうが、絶対はあり得ない。 情報収集と秘密保護は両輪であるが、より力を入れるのは前者である。 しかし政府は、後者ばかりに力を入れている気がしてならない。 攻撃に勝る防衛はないことを自覚すべきであろう。 暴露者の刑罰を重くすれば秘密は保護できるという考え方も甘い。 暴露者を罰...

続きを読む

猪瀬直樹東京都知事の通話記録

  無念なり秘密保護法間に合わず● 猪瀬直樹東京都知事 ● http://blogs.yahoo.co.jp/mohenzi/7470890.html http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/62577107.html http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/62583063.html http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/62958559.html...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »