FC2ブログ

記事一覧

人種差別発言問題でNBAを永久追放されたスターリングLAクリッパーズオーナー

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  人種差別は問題である。 が、失言だけで永久追放や2億5000万円の罰金というのはいかがなものであろうか? ようするにこれは懲罰的なものであろう。 いまだアメリカにも多くの人権問題が潜在している証拠である。...

続きを読む

なぜ韓国人は真っ先に脱出したセウォル号のイ・ジュンソク船長を責めるのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  日本人から見れば不思議に見える。 なぜ韓国人は真っ先に脱出したセウォル号の船長を責めるのか? 自己中こそ、韓国人の本当の姿ではないのか? いや、韓国人だけではない。 あの姿こそ、人間の本性なのである。 戦前の日本人は自分に正直に生きていた。 戦後の韓国人も自分に正直に生きている。 互いにそれが悪だということを認めない...

続きを読む

衆院鹿児島2区補選でも勝利した与党

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  政治とカネは問題である。 前任者はカネでつぶされたのである。 それでも民はカネが好きなのである。 金子万寿夫! そんな名前を見たら、思わず目を輝かせてしまうのである。 そんな彼に投票したら、御利益があるような気がしてしまうのである。...

続きを読む

オバマ米大統領「(北朝鮮の)核開発は孤立化を深めるだけ」

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  説得力がない。 捕鯨は許さんという国が、かつては派手に捕鯨をやりまくっていた。 人権侵害は許さんという国が、かつては派手に人権侵害をやりまくっていた。 軍事介入は許さんという国が、いまだに軍事介入を行っている。「核開発は孤立化を深めるだけ」 中でも最も説得力がないのはこれであろう。 核開発をして孤立した国がいったいど...

続きを読む

オバマ大統領韓国へ

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  安倍首相の話。「総理」「なんだ?」「ノッチが韓国へ行きました」「ノッチ?オバマ大統領だろ?」「いいえあれはノッチです。本物は官邸に閉じ込めておきました」「何だと!?」「アメリカの大統領は人質に取りました。これで米軍は総理の意のままです」「何を言ってるんだ!」「ほら、ここに縛り上げたオバマ大統領が」「何てことをしてくれた...

続きを読む

富岡製糸場が世界文化遺産へ

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら   栃木への劣等感がやや薄れ...

続きを読む

新祝日「山の日」誕生へ

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  日本を「なまけもの国家」にしてGDPを世界第3位からも陥落させてやろうという外圧があるであろう。「『海の日』が祝日なのに『山の日』が祝日じゃないのはおかしい」 もっともな理由に聞こえるが、そんなことを言い出せばきりがない。「『山の日』が祝日なのに、『川の日』が祝日じゃないのはおかしい」「『海の日』があるんだから『陸の日...

続きを読む

TPP合意がかなわなかったため先送りされた日米共同声明

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  安倍総理は右翼である。 オバマ大統領は左翼である。 初めから合うわけがない。 水と油を合わせるには洗剤が必要だが、そんな人は近くにいない。「尖閣を守るって言ったんだからTPPに合意してくれよ」 今回のオバマ大統領の目的はそれだけであろう。 が、惑わされてはいけない。 オバマ大統領は日米安保に規定済みのことを述べただけで...

続きを読む

中国に船を「人質」に取られてたかられて約40億円を支払った商船三井

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  のび太か! 商船三井はジャイアンにせびられるままカネを支払うのび太か! 中国はジャイアンのようにお人好しではない! 情け容赦なく髄までしゃぶり尽くす魂胆であろう! 事は一企業の話では済まされなくなった。 味をしめた中国人13億人が次から次へと立ち上がるであろう!「うまいことやったもんだ」「日本企業は騒げば脅しに屈するぞ...

続きを読む

国賓オバマ大統領来日は中国への牽制になるのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  どうにもならない。 日米両経済は人質に取られている。 中国の横暴には「非暴力不服従」で対処している。 戦争回避の努力は認める。 が、やられっぱなしはないであろう。 このままでは、血を流すこともなく日本全土が奪われてしまう。 何も中国は戦争をふっかけてきているわけではない。 過去をネタにゆすりたかりをしているだけである...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »