FC2ブログ

記事一覧

北朝鮮のミサイル発射は亡国政策への「応援弾」か?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  集団的自衛権はアメリカを守るためのものである。 個別的自衛権は日本を守るためのものである。 にもかかわらず安倍政権は、集団的自衛権の議論を優先している。 日本が集団的自衛権を行使すれば、アメリカの戦費は減るのである。 日本が集団的自衛権を行使すれば、日本の戦費は増えるのである。 にもかかわらず安倍政権は、アメリカから...

続きを読む

世界銀行に約5000億円を追加拠出することにした日本

 日本の民は世界中から賞賛されている。 日本の官は世界中から警戒されている。 世界は心に微笑み、金に嘲笑しているのであろう。 石原伸晃環境相が、「最後は金目でしょ」 を、謝る理由はなかった。 閣僚一人が謝ったところで、自公政権は世界に向けて公然と行っているではないか! 最後だけではない! 最初から最後まで全てカネ!カネ!カネ!ではないのか! 世界銀行にカネを出したところで円高になるだけである! 外...

続きを読む

ウェアラブル端末(装着型端末)はどこまで進化するのか?

 すでに眼鏡型や腕時計型や指輪型などのウェアラブル端末があるという。 が、次の段階は装着型を超えた体内型であろう。 もともと人間には脳も目も耳も鼻も口も手足もあるのである。 既存のものを生かせば、最小限の部品だけですむであろう。...

続きを読む

「脱法ドラッグ」名称変更検討

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  ある組織のスジの話。「理事長」「なんだ?」「脱法ドラッグの名称の変更を検討しているそうですが、どうしてでしょうか?」「教えな~い」「はい!私、知ってます!」「言ってみろ」「うちら『独法』と似てて紛らわしいからでーす」「正解!」● 脱法ドラッグ(脱法ハーブ) ● http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/61768422.html http://b...

続きを読む

このまま脱法ハーブを野放しにしておいていいのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  いいわけがない。 が、「取り締まろうとしたところで『いたちごっこ』になる」ので、取り締まれないという。 そんなことはないであろう。 可能性のある成分を全部禁止してしまえばすむだけのことである。 しかしそれをやると製薬会社に怒られるため、できないだけのことであろう。 あるいは某ノバルティス社からのマイナイでもあるのかも...

続きを読む

「クイアバの奇跡」を起こせなかったザックジャパン

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  日本選手は青色であった。 コロンビア選手は黄色であった。 審判は赤色であった。 合わせてコロンビアの三色旗を形成していた。 日の丸もあった。 クイアバでは17時23分に日が沈んだ。 日を失った日の丸は、ただの白旗になってしまった。 日本は初戦で敗れた。 二戦目も敗れたようなものであった。 いわば「鷲津砦」と「丸根砦」を落...

続きを読む

セクハラ野次問題で塩村文夏都議に謝罪した鈴木章浩都議

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら 「自分が早く結婚すればいいじゃないか」 鈴木都議の発言がきっかけを作ったのは間違いあるまい。 ウソを翻したのもいただけない。 が、塩村都議を泣かせたのは、彼の発言より、他の人の発言であろう。「まずは自分が産めよ」「子供を産めないのか」「子供もいないのに」 確かに暴言には違いない。 が、この程度の言われようは、世のいじめ...

続きを読む

国民の過半数が反対するようになった集団的自衛権行使容認

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  アメリカの官は金欠なのである。 日本の官に戦費を出して欲しいのである。 アメリカの民は戦争が嫌になったのである。 日本の民に戦士を出して欲しいのである。 出して欲しいではない。 出せ!と命令しているのである。 日本が集団的自衛権行使を容認してアメリカのために戦える国になれば、アメリカはカネや命を出さずにすむようになる...

続きを読む

世界的反響になった塩村文夏都議に対するセクハラ野次問題

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  この場合の世界とは欧米である。 日本にとっては欧米こそが世界である。 女子供がいじめられていれば、すぐに騒ぐ欧米はまっとうに見える。 が、欧米は根本的な誤りに、わざと気づいていない。 それは、戦争そのものは否定しないことである。 戦争では、女子供がいじめられるのである。 戦争で最も犠牲になるのは女子供なのである。 塩...

続きを読む

富岡製糸場世界遺産正式登録

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  群馬県と栃木県は双子である。 太古には毛野という一つの国であった。 それが上野国(群馬)と下野国(栃木)に分裂したわけである。 古代には親王任国である上野のほうが格上であった。「下野なんて、『シモの毛』みたいなもんだ」 上野国民には下野国民より格上という誇りがあったであろう。 が、中世に上野の新田義貞が下野の足利尊氏に敗...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

月別アーカイブ

  • Archives »