FC2ブログ

記事一覧

なぜ自販機連続放火事件は起こるのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  日本は世界一の自販機大国だという。 なぜ外国に少ないのかというと、すぐに壊されて金を奪われちゃうからだという。 近年、日本に来る外国人観光客の数が増加した。 結果、外国で起こるような犯罪も目立ってきたということであろう。...

続きを読む

イラク政府支援を確認して「イスラム国」を非難した国連安保理

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら 「イスラム国を討つ!」 といえば、世界がなびくのに、「シリアのイスラム国の拠点をたたく!」 となると、フランスなどが尻込みし、ロシアやイランなどが反対する。 なぜこんなことになるかといえば、アメリカの敵本主義を疑っているからであろう。「アメリカはシリアのイスラム国の拠点をたたくふりをして、アサド政権に攻勢を仕掛けるつも...

続きを読む

スコットランド自治権拡大で沖縄独立の機運も高まるのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  高まるわけがない。 日本国自体がいまだアメリカから独立していないのに、沖縄だけが抜け駆けできるはずがなかろう。 それでも可能性がないわけではあるまい。 沖縄自身に独立の意思がなくとも、中国にけしかけられてその気になることもありうるからである。 その場合でも、中国の策謀だけではどうにもならない。 アメリカの同意が必須条...

続きを読む

イスラム国対策など中東支援に5000万ドル(約54億円)を拠出する日本

 有事で理想的なのは自然力であろう。 が、平時で現実時なのは経済力である。 自国を無視し、他国にばらまいているような国に将来はない。 半永久的に戦争をしている中東支援など、ザルに注ぎ、ドブに捨てるようなものである。「金を出してあげている」 といえば聞こえはいいが、ようは欧米にカツアゲされているのである。 欧米も日本に将来がないことを分かってやっているのである。 まだ金が残っているうちに取れるだけ取...

続きを読む

なにゆえ日本の捕鯨がこんなに嫌われるのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  法の支配は正義である。 力の支配は悪である。 それでも、力の支配がなければ、法の支配は続かない。 今日の世界は、力の支配で権力を掌握した欧米が、法の支配で権力を維持している構図なのである。 したがって欧米の力が弱まれば、法の支配も弱まるのは当然であろう。 それでも法が平等であれば、法の支配は維持できよう。 しかし法を...

続きを読む

アメリカはイスラム国を討つために地上部隊を派遣してしまうのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  米国防総省のスジの話。「長官」「なんだ?」「イラクへ地上部隊を派遣するという話が」「ハッタリに決まっているだろ。そうでも言わなければどこの国もアメリカについてきてくれまい」「では、派遣しないと?」「そうは言ってない。ハッタリというものはばれないようにするものだ。仮に派遣したとしても連携することだ」「アラブの金持ちとユ...

続きを読む

イスラム国危機に対する人道支援のため新たに1000万ドル(約10億7000万円)を大幅に上回る額を拠出する日本

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  納税は国民の義務である。 が、民の「奉公」は官の「御恩」があって初めて成立するものである。 官がザルに投じると分かっていながら税を納める民はバカ者であろう。 それ以前に、そんな愚行をしでかす官はバカ者であろう。 金は誰でも使えるものである。 金自体に使用方法を書くことはできないのである。 たとえ日本が人道支援のために...

続きを読む

欧米が画策する「反イスラム国連合」などできるのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  イランがイスラム国を討ちたくないはずはない。 欧米と同化したくないだけであろう。 サウジがイスラム国を討ちたいはずがない。 スンニ派の宿敵シーア派こそ討ちたいであろう。 イスラエルがイスラム国を討ちたいはずはない。 イスラム国と交戦しているシリアこそ討ちたいであろう。 トルコが欧米と協調したくないはずはない。 長年の...

続きを読む

米国人2人に続いて英国人も処刑した「イスラム国」

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  イスラム国のやり方は残酷である。 が、彼らが米英と戦いたくないことも見て取れる。 空爆でまとめて殺害してくる米英側に対し、イスラム国側は攻撃をやめるよう呼びかけ、期限を設けて一人ずつ殺害しているのである。 このことを米英国民は理解すべきであろう。 加害を報ぜず、被害だけを報じるメディアにだまされてはいけない。 スンニ...

続きを読む

今なぜ工藤会つぶしなのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  害虫駆除に反対はしない。 新たな外来害虫を放つことに反対しているだけである。 工藤会つぶしもその一環であろう。 なぜ昔の警察はつぶせなかったのに、今の警察はつぶせるのか? アメリカの厳命を受けたからであろう。 米財務省は日本の暴力団を「世界最大の犯罪組織」とし、工藤会を「最も暴力的な組織」と指摘しているのである。 で...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »