FC2ブログ

記事一覧

安倍首相の「我が軍」発言は問題か?

 我が軍! 大いに結構ではないか! 何も総理は私用の軍としてのたまったわけではあるまい! 野党やメディアは批判する点が違うであろう! むしろ、「我が軍」になっていないことこそ問題なのである! 集団的自衛権行使容認により、自衛隊は公然とアメリカの犬になった! これからは米軍の失敗の後始末だけではなく、パシリとして先兵として身代わりとして殿軍として奴隷のようにこき使われるようになるのである!(こんなは...

続きを読む

個別的自衛権行使の議論もせずに集団的自衛権行使の議論はするな!

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  日本はアメリカである。 日本はロシアである。 日本は韓国である。 日本は時々中国である。 領土を天気にたとえるとである。 集団的自衛権行使の舞台は外国なのである。 個別的自衛権行使の舞台は国内なのである。 何ゆえ国会は国内の議論はせずに、外国の議論ばかりしているのか? この国は日本国ではないのか! 情けない! まだ我...

続きを読む

沖縄県vs沖縄防衛局

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  繰り返すが、攘夷こそ正論である。 が、沖縄県の気持ちは察するが、賛同はできない。 中国は日本との戦争はいとわないのである。 アメリカとは戦いたくないだけなのである。 日中戦争を避けるには、むしろ沖縄には米軍がいたほうがいい。 与那国島の自衛隊基地も米軍に割譲すべきである。 尖閣諸島も日本国有化よりは米国有化すべきであ...

続きを読む

ローマ法王「原発はバベルの塔。核兵器製造は人類の悪行」

 法王が核に対してどう思われているかは理解した。 が、脱原発には賛同するが、「バベルの塔」のたとえはいただけない。 人類はあらゆる面で高みを目指すべきである。 神への接近を否定するのは、科学の発達を否定することである。 つい最近まで法王庁は地動説を認めなかった。 この発言にも旧体質がかいま見えるということであろう。● ローマ法王(教皇)フランシスコ ● http://blogs.yahoo.co.jp/matupi_tyu/8160618.html ...

続きを読む

地下鉄サリン事件から20年

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  10年は一昔という。 20年は二昔である。 二昔過ぎても、いまだ事件は終わっていない。 教団はダラダラと存在し続けているし、テロリストは誰も処刑されていない。 そればかりか、裁判を混乱させるために「死人」を引きずり出している。「テロに屈してはならない」 官は口だけではないか。 いったい官は何のために権力を持っているのか?...

続きを読む

外務省の「海外安全ホームページ」の危険判断は甘すぎるのではないか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  人間はデジタルではない。 アナログなのである。 国民が聞きたいのは安全かどうかである。 危険度など示されたところで、調整の仕方が分からない。 危険度の表記もふざけている。  レベル0(白色)   レベル1(黄色) 十分注意してください。  レベル2(薄オレンジ色) 渡航の是非を検討してください。  レベル3(オレンジ色) 渡...

続きを読む

アルジェリア人質事件の教訓は生かされなかったチュニジアテロ日本人殺害

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  サグラダファミリアは完成するのであろうか? ずっと、いつかは完成すると思っていた。 が、完成の前に破壊があれば、永遠に完成はない。 外務省はチュニジアテロでの日本人殺害を防げたはずである。 玄人の旅券は没収できたのに、素人のそれを没収できなかったはずはない。 仕事で出かけようとした人の渡航は阻止できたのに、遊びで出か...

続きを読む

G7の過半数英独仏伊4か国を取り込んじまった中国主導の「アジアインフラ投資銀行」

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  国際金融は欧米主導である。 中国が世界第2位の経済大国になった今でも状況は変わらない。 国際通貨基金でも世界銀行でもアジア開発銀行ですら中国に入り込む余地はない。 そこで中国は考えた。「既存の組織で思うがままにならないのであれば、中国主導の金融機関を別に創設してしまえばいい」 本当は日本がこれをしなければならなかった...

続きを読む

【投稿ネタ】ご飯に合うおかずは?

 お好み焼きって言わせたいんでしょ?...

続きを読む

籾井勝人NHK会長私用ゴルフにハイヤー使用問題

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら    ハイヤーに今後乗るのは嫌~~~...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »