FC2ブログ

記事一覧

なぜ東北新幹線の架線は切れたのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  架線が切れたことは報じても、切れた理由を特定して報じているところは今のところない。 最近、ドローン落下事故が相次いでいる。 官邸ドローン落下事件によって知名度が上がり、今後ますます事故は増えると思われる。 ドローンが高度から落下すれば、思いがけないものが損傷する可能性がある。 道路や線路周辺では、ドローンの飛行を禁止...

続きを読む

濃密な日米首脳会談

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  オバマ大統領の豹変には恐れ入った。 合わぬ相手に必死のおもてなしであった。 盟友や子分たちに裏切られたことがよほど悔しかったのであろう。 増額してくれるスポンサーを厚遇するのは当然であろう。「慰安婦は人身売買」 ハーバード大での前哨戦で総理の対処法がわかった。 米側に不満はないようである。 今回は議会での「公開処刑」...

続きを読む

インスタグラムに鯨肉画像を投稿して非難されたケイティ・ペリーさん

 旅先で珍しい肉が売っていれば興味を引くであろう。 鹿肉や鴨肉や猪肉を見慣れない人が見つければ、写真ぐらい撮るであろう。 それと同じことである。 アメリカ人が鯨肉を見たのでびっくりしただけのことであろう。 彼女は何も悪いことをしていない。 むしろ、靖国参拝したジャスティン・ビーバー君のように、郷に入れば郷に入る来日外国人の模範であろう。 欧米人はインド人から、「牛を食うな!」 と、言われたところで...

続きを読む

人口問題研究所(PRB)が絶滅危惧5民族筆頭に挙げたのは日本民族

   1位 日本   2位 ウクライナ   3位 ボスニア・ヘルツェゴビナ   4位 ブルガリア   5位 グルジア 千年に一度の大災害に備えるのも結構である。 千年前、日本は確かに存在した。 人によっては、「二千六百年前からあった!」 と、いう人もいるであろう。 ところが未来はどうであろうか? 統計上は千年持たないのであろう。 何百年でも無理なのであろう。 その前にジジババだらけになるはずである...

続きを読む

ドローンによる犯罪対策で最優先すべきことは何か?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  ドローン犯罪の脅威については先述した。 守るべきはカネよりも人命である。 起こしにくい犯罪よりも、起こしやすい犯罪の対策を優先すべきである。 最優先は放火対策であろう。 他の犯罪をドローンにさせるのは困難であるが、放火なら容易である。 地上から放火されれば気づきやすいが、屋根から放火されれば気づきにくい。 屋内でドロ...

続きを読む

官邸ドローン落下事件の犯人逮捕&安倍首相に迫る危機

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  ドローンを官邸に飛ばした犯人には感心できない。 批判すべき犯罪ではある。 が、爆弾ではなくて発煙筒なのである。 付された放射性物質の線量は低いのである。 行き過ぎた抗議ではあるが、テロを起こすつもりはなかったといえよう。 むしろドローンの危険性が公にされて良かったともいえよう。 まさか反原発派を理由に罪が重くなるわけ...

続きを読む

なぜ日本のメディアは英国の「庶民家族」をこれほどまでに持ち上げるのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  世界には数多くの王室がある。 にもかかわらず、日本メディアは英国王室の話題ばかり報じている。 王室ならまだ分かる。 2012年に発見された15世紀のイングランド王リチャード3世の遺骨のDNA鑑定によって英国王室の血統が断絶していることが明らかになっているのである。 つまり、現在の英国王室は、「ただの庶民の家族」であり、「真の...

続きを読む

ドローンの脅威はテロだけか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  テロだけではない。 殺人犯、強盗犯、窃盗犯、横領犯、放火魔、壊し屋、詐欺師、運び屋、脱税犯、ストーカー、盗撮犯、クレーマーなどなど、ドローンのお陰でパワーアップ確実な犯罪者は枚挙に暇がない。 警察は平面的から立体的な警備や捜査を余儀なくされ、結果、国民には新たな増税が行われることになるであろう。 近いうちに空撮可能な...

続きを読む

日中首脳会談を終えた安倍首相「(習近平主席とは)戦略的互恵関係推進で一致」

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  残念ながら、総理の妄想である。「戦略的互恵関係推進で一致できたのではないか」 そんな言葉が習近平主席の口から出てくるはずがない。 中国はアメリカとの戦略的互恵関係を推進したいのである。 アメリカに隷属している「格下の日本」と対等に付き合うわけにはいかないのである。 当面、日中関係改善はあきらめるしかない。 今の中国は...

続きを読む

ドローンテロ脅威問題

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  点と線の警戒だけでも厳しい。 空間の参入でさらに厄介になった。 すでに時間も細工できている。「4次元テロ」を完全に阻止するのは不可能であろう。 ドローンの野放しは危険である。 ドローンそのものに問題はないが、「組み合わせ」によっては銃器以上の凶器にもなる。 官邸やホワイトハウスにも余裕で入られてしまった。「とりあえず...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »