FC2ブログ

記事一覧

なぜ日本はインドネシア高速鉄道受注合戦で中国に敗れたのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  インドネシアは世界最多のムスリム国家である。 当然、イスラム過激派も多いであろう。 鉄道はテロリストに狙われやすい。 そのため、インドネシアに鉄道を敷設するのは平和国家が望ましかった。 この点、永久不戦国家だった日本は最も望ましかった。 が、新安保体制によって永久不戦の看板が降ろされたため、日本もまたテロリストに狙わ...

続きを読む

日露&米露首脳会談inニューヨーク

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  先の大戦末期と同じである。 米露は「イスラム国」後しか頭にない。 違うのは、「イスラム国」後は、まだ先だということである。「イスラム国」には「御聖断」がないため、形は変わっても終わりがない。 米露どちらが勝つかは予想できる。 より「イスラム国」に関わらないほうが勝つであろう。...

続きを読む

シリア・イラクに972億円、レバノンに2億4000万円、旧ユーゴに3億円を拠出する日本政府

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  難民支援は軍事優先になるのである。 中東の官は汚職にまみれているのである。 中間搾取する国連からして汚職天国なのである。 カネをもらって喜ばない人はいまい。 国連や各国は日本に感謝するであろうが、心中はこうであろう。(日本はアホ国家だ!) 今回のバラマキは氷山の一角である。 外務省がサイトで公開しているパラマキ今月分...

続きを読む

ああ、フォルクスワーゲン(VW)

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  フォルクスワーゲン社のスジの話。「CEO」「なんだ?」「我が社、世界的にたたかれてますよねー」「たたかれるようなことをしたからだ」「『VW』のマークも泣いてますよ」「自業自得だ」「VWマーク、イメージ悪くなったので変えましょうか?」「どんなのに?」「『逆卍』に」「やめろー!」● フォルクスワーゲン排ガス規制逃れ不正ソフ...

続きを読む

中国の南シナ海埋め立ては日本が沖ノ鳥島でしていることと同じなのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  同じのはずがない。 日本が沖ノ鳥島で埋め立てている部分は島ではないのである。 中国は南シナ海で埋め立てている部分も島だと言い張っているのである。 が、日本は中国の言い分を非難することもあるまい。 人工島も島だと認めることになれば、有利なのは海洋国家の日本であろう。● 南シナ海領有権問題 ● http://blogs.yahoo.co.jp/rekis...

続きを読む

米中首脳会談(オバマ米大統領×習近平中主席)はクソか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  アメリカは日露首脳会談に反対する。 日本は米中首脳会談に反対しないのに。 米中首脳会談は小牧・長久手の戦い後のようである。 オバマ大統領が秀吉で、習近平主席が家康のようである。 公式な米中首脳会談なんて見せかけである。 非公式な事前の夕食会こそ本音であろう。「頼むからアメリカの権威を失墜させないでくれ」「わかってます...

続きを読む

安倍政権はもっと国民に安保法の説明をすべきか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  説明する意味がない。 兵は詭道(きどう)なのである。 敵をあざむき、味方にも隠すのが戦術であろう。 法を守っていては戦争には勝てない。 有事では、安保法など何の意味も持たない。 全ての法律は、戦争という「力の支配」の前では無力である。 それでも、なぜ安保法を成立させたのかは説明しなければなるまい。「安保法は戦争法ではな...

続きを読む

排ガス規制逃れ不正ソフト搭載問題で辞任するウィンターコルンVW会長

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  悪はフォルクスワーゲンである。 が、気になるのは偽善であろう。 日本のトヨタがたたかれた後は、ドイツのフォルクスワーゲンである。 世界の覇権を争う自動車業界のツートップが陥落して喜ぶのは、どこの国のどこの自動車会社であろうか? 不思議なのは不正発覚の原因が報じられていないことである。「いったいどこから漏れたのか?」 ...

続きを読む

慰安婦の碑など設置を求める決議をしたサンフランシスコ市議会

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  韓国だけなら大したことはない。 中韓がタッグを組んでいるため大事になるのである。 しかも歴史問題を持ち出せば、中韓は米英以下も味方につけることができてしまうのである。 日本は中韓の挑発に乗ってはならない。 過去の話を持ち出されても、あくまで現在の話でやり返すしかない。 今や米英は日本の味方なのである。 米英を敵に回さ...

続きを読む

北方領土返還交渉は決裂したのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  丸腰の敵に対して礼を尽くすのは当然であろう。 武装した敵に対して無礼で応じるのも当然であろう。 北方領土問題で悪いのはロシアの前身ソ連である。 が、今回はたたいたのは日本なのである。 政府はロシアが従米安保関連法成立に激怒していることが分からないわけではあるまい。 ロシアはアメリカの敵なのである。 ウクライナでは間接...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »