記事一覧

改憲は参院選の争点になるのか?

 戦争には大義名分が必要である。 自国の正統性が必須なのである。 大切なのは、戦争できる国になることではない。 戦争に勝てる国になることである。 国連憲章では、いまだ日本は世界の敵である。 憲章の敵国条項を削除する前に、憲法の不戦条項を削除することなどありえない。 左翼的には、改憲には反対である。 右翼的には、日本国憲法を無効とし、大日本帝国憲法を護ることである。 日本国憲法改正という選択肢は、右...

続きを読む

米大統領選たけなわ

 一票の格差より重大な問題がある。 日本国民には、自国のボスを選ぶ権利がない。 この国のボスは総理大臣ではない。 この国はアメリカに操られているのである。 属国の国民は、宗主国の州民以下である。 せめて州に昇格できる日を望むしかないのか。...

続きを読む

なぜ報道は対北朝鮮作戦で「日米韓」と表記するのか?

「日米韓で連携して北朝鮮を追い詰める!」 連日、このような表現を報道で目にする。 が、これは誤りであろう。「米韓日で連携して北朝鮮を追い詰める!」 これでいいのである。 日米韓だと、まるで日本が作戦を主導しているかのようである。 日本は朝鮮戦争に参戦しているわけではない。「米韓日で連携して北朝鮮を追い詰める!」 いや、まだ「追い詰める」という表現もおかしい。 北朝鮮は孤立しているわけではない。 北...

続きを読む

日本人五輪選手がドーピングしない理由は武士道精神が根底にあるためか?

 江戸時代の武士はほんの一部であったが、武士道精神は戦前の国民教育に取り入れられていた。 GHQによってやめさせられたが、いまだ国民の根底に残っているのは正解であろう。 が、正義に反するくらいなら負けてもいいという考え方は、弱肉強食の国際社会では通用しない。 ズルをしないことは素晴らしいことであるが、正しい者が好かれるというのは幻想である。 ズルい人から見れば、ズルくない人ほど憎らしいヤツはいない...

続きを読む

「脱法ドラッグ」は「危険ドラッグ」に改称したのに、なぜ「覚醒剤」は改称しないのか?

 覚醒剤のことを「クスリ」と呼ぶ人がいる。 これはおかしい。 薬ではなく、毒ではないか! また、「粉」と呼ぶ人もいる。 これも迷惑な話である。「わいらと一緒にすんなー!」 粉モン関係者は、もっともっと激怒すべきであろう! そもそも「覚醒剤」という名称そのものがおかしい。「覚醒」とは、目をさますことである。 体に悪い物質ではなくなってしまっているのである。 意味も逆である。 覚醒剤をやめることこそが...

続きを読む

稲田朋美自民党政調会長「自衛隊を違憲とする憲法学者は7割。憲法9条2項はこのままでいいのか?」

 稲田氏の指摘は、重箱の隅をほじくるようなものである。 重箱の真ん中に何もなければそれでもいい。 巨大なものが真ん中に鎮座しているにもかかわらず、隅をほじくっているのである。 自衛隊は日本の意思で創ったわけではない。 アメリカが創らせたのである。 憲法9条があったにもかかわらず、アメリカが矛盾を作り出したのである。 9条だけが矛盾しているわけでもない。 憲法の他の箇所や、安保や地位協定など、すべて...

続きを読む

中国と北朝鮮は仲が悪いのか?

 仲が悪いわけがない。 仲が悪いふりをしているだけであろう。 中国の南シナ海進出――。 北朝鮮の核開発――。 この2つはどう考えても連動している。 同時遂行しているため、アメリカは手出しできない。「中国よ。北朝鮮の核開発を止めさせてくれ」「じゃあ、南シナ海は目をつぶってね」「ダメだ!南シナ海を軍事拠点にするな!」「そんなら北朝鮮はほったらかしでいいんだね?」「……」 中朝の仲が悪ければ、こんなあざとい連...

続きを読む

何がシリア和平協議であろうか?

 何が和平協議であろうか?「アサド政権と反体制派は共に『イスラム国』と戦おう!」 という軍事作戦会議ではないか! シリアで行われているのは戦争なのである! 軍事同盟成立の先にあるのもまた戦争なのである! 報道まで戦争を平和だと改竄(かいざん)するのはやめていただきたい!...

続きを読む

歴史チップス「2016年2月号ゲス味」更新

 本日、「月刊・歴史チップス」2016年2月号 ゲス味(通算172号)、 「風林火山!戦国最強!の武田信玄が完敗!?  ~ 武田家臣団筆頭・板垣信方、上田原の戦に散る!!」  更新。 乱文や誤記の修正やリンクの追加などは追々行います。● 歴史チップス ●  ● 歴史チップス ゲス味 ● ...

続きを読む