FC2ブログ

記事一覧

日本の制裁強化に怒って拉致問題調査を放棄した北朝鮮

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  仲良くしながらケンカはできない。 対北外交の「対話と圧力」はありえない。 二兎追う者は一兎も得られない。 どちらかに決めなければ前に進めない。 日本はファイティングポーズを取った。 北朝鮮もファイティングポーズで返した。 日本はケンカに決めたのである。 珍しく外交で北朝鮮に勝ったのである。 決して口には出せないが、日...

続きを読む

宮崎謙介衆院議員辞職の波紋

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  育休を取りたい男性のスジの話。「社長」「なんだ?」「育休を取りたいんですけど」「何のために?」「何のためにって、育児に決まっているじゃないですか」「他には?」「他になんてありませんよ」「口実はいい。本当のことを言ってくれ」「本当のこと言ってますよっ」「君には恥をかく覚悟はあるのかね?」「はあ?」「もしもーし。週刊文春...

続きを読む

法には反していないのに辞職した宮崎謙介衆院議員

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら   育休が取れた!長いの!無期限の!● 宮崎謙介衆院議員 ● http://blogs.yahoo.co.jp/senryuchips/27811272.html...

続きを読む

芸能界に拡散する二股

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら   芸能界政界ゲスゲススゲースゲー● ゲス味 ● http://www.geocities.jp/rekishi_chips/gesu1.htm...

続きを読む

なぜ安倍政権は日本が狙われたわけでもない実害もない北の「ミサイル(ロケット)」に、こんなにも大げさに騒ぐのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  人間は色やカネが大好きである。 色やカネに溺れているゲスな連中がいれば、見ずにはいられないのである。 政界には、ゲスな連中がぞろぞろ出てきたのである。 そのため安倍政権は、目くらましのために必要以上に外に吠(ほ)えるのであろう。「みなさん!北朝鮮はとんでもないですよ!国外を見てください!国内は見ちゃダメ!」 政界のゲス...

続きを読む

なぜ日韓は「勇み足」するのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  なぜ日韓は国際社会に先駆けて制裁を強化したのか? なぜアメリカより先に制裁を強化したのか? アメリカによって前面に押し出されていることが分からないのか!「敵は北朝鮮だけだよ」 そんなはずはない! 中露がグルだからこそ、アメリカは日韓の後ろに隠れたのであろう! 日韓は「関東軍」にされるのである! 関東軍は列強が総撤退し...

続きを読む

黒田バズーカ第3弾は北朝鮮の「ミサイル(ロケット)」に負けたのか?

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら  北朝鮮の弾道ミサイルの標的は、アメリカである。 円ではなく、ドルが値下がりしたのはうなずけよう。 円高株安は、あおりを食ったといえよう。 日米韓の対応は無意味である。 国際連合には何の力もない。「国連は正義!」 という化けの皮は、とうにはがれ落ちてしまっている。 これからの世界は、秩序よりも戦術であろう。 世界はどち...

続きを読む

グラビアタレントと不倫していた自民党の「イクメン宣言議員」宮崎謙介衆院議員

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら   育休が取れる!増えるぜ!数撃てば...

続きを読む

清原和博容疑者のせいで休載になった野球漫画『かっとばせ!キヨハラくん』

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。 詳しくはこちら   かっとばせ!キヨハラくんがカットだぜ● 清原和博元プロ野球選手逮捕 ● http://blogs.yahoo.co.jp/senryuchips/27797991.html http://blogs.yahoo.co.jp/jijichips/19866011.html http://blogs.yahoo.co.jp/senryuchips/27810289.html...

続きを読む

甲子園歴史館から撤去された清原和博容疑者のバット

  清原がバッドになってバット消え ● 清原和博元プロ野球選手逮捕 ● http://blogs.yahoo.co.jp/senryuchips/27797991.html http://blogs.yahoo.co.jp/jijichips/19866011.html...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »