FC2ブログ

記事一覧

しつけのため子どもを山中に置き去りにするのはアリか?

 北海道七飯町の「事件」は、しつけの問題であろうか? 一度ウソをついた人が言い直したことを、鵜呑みにしていいのであろうか? そうでなければ、これほどの捜索をしても見つからないはずはあるまい。 早く見つけて疑念を晴らしてもらいたいものである。...

続きを読む

消費増税延期で衆参W選挙はなくなったのか?

 自民党議員に心底から増税延期に反対する方はいまい。 衆参W選挙に反対する方も少ないであろう。「増税延期を持ち出せば、選挙で負けることはない!」 おもしろくないのは公明党議員である。「増税延期されたら、我党の『手柄』である軽減税率が吹っ飛んじまうじゃないか」 しかも、衆参W選挙の話もある。「『手柄』ナシで選挙はまずい。うちは安保の件で『本体』から見放されかけているし」 平安時代の摂関家と同じであろ...

続きを読む

アベノミクスは「失政」なのか?

 現状では、「失政」と言わざるをえまい。 が、「失政」の最大原因を作ったのは誰か? 二段階の消費増税を決定した野田民主党政権ではないか。 アベノミクスにとって、消費増税は初めから邪魔であった。 五輪特需を吹き飛ばす最凶最悪の「おんぶおばけ」であった。 アベノミクスは前政権との「約束」を守ってしまったがために「失政」したのである。 パンチを食らったら、次は避けようと考えるのは正常であろう。 にもかか...

続きを読む

ヒロシマを訪問したオバマ米大統領

 画期的なことには違いない。 実際にヒロシマを見ることによって、核使用にためらいが生じるようになったはずである。 この点では、核のボタンを握っている他の面々にも見せてやるべきであろう。 核テロを目指している連中にも、見せつけてやるべきであろう。 核兵器を作ったり売ったりしている人々にも、目に焼き付けてもらうべきであろう。、 しかしである。 アメリカの核の傘下にいるとされる日本からすれば複雑である。...

続きを読む

世界経済への財政出動は必要か?

 財政出動は反対しない。 日本ではなく、外国への財政出動に反対しているだけである。 国際連合以下、外国の官はザル過ぎる。 民のために出したとしても、官が汚職と軍事に使ってしまうのである。 血税をドブに捨てるくらいなら、国内の花を咲かせるべきであろう。...

続きを読む

伊勢志摩サミットの警備にカネをかければテロリストの思うツボか?

 袖があれば振るべきである。 ない袖を振るべきではない。 日本は袖がなくなっているのである。 麻生副総理は御自宅と勘違いしているのである。 テロは迷惑な話である。 G7のうち、日本だけがキリスト教国ではない。 日本がイスラム過激派にねらわれるとすれば、キリスト教国に関わっているというとばっちりだけしかない。「日本はキリスト教国ではありませんよっ!」 サミット会場に「神道の総本山」を選んだ理由も、テ...

続きを読む

安倍首相は真珠湾を訪問すべきか?

 アメリカンジョークであろう。 アメリカは中韓ではない。 総理がそんなことをしたら、オバマ大統領は本土空襲地を巡礼しなければ収まるまい。●安倍晋三●...

続きを読む

女性の社会進出促進が女性が犠牲になるストーカー殺人を引き起こしているのではないか?

 ストーカーは男女両方いる。 が、ストーカー殺人となると、女性がいつも犠牲になる。 そりゃそうであろう。 男は女性より腕っぷしが強いのである。 もめて格闘になれば、男が勝つのが普通であろう。 この現実を無視して女性の社会進出だけを唱える人は、無責任というものである。 法整備の前に自衛隊を海外派遣するようなものである。 女性の社会進出は、女性を「武装」させた上で初めて唱えるべきであろう。 腕っぷしの...

続きを読む

「日米不平等条約」を改正するとすれば、何から始めるべきか?

 不平等条約の前から在日米軍基地は存在したのである。 日本もこれに習い、法改正に先立って在米自衛隊基地を建設すべきであろう。 在米自衛隊基地のほとんどはハワイに置き、ワシントンやニューヨーク近郊にも建設する。 もちろん、基地建設費はアメリカ持ちである。 まずは伊勢志摩サミットで、どこを差し出せるか、アメリカ側の意見も聞いてやることであろう。●在日米軍●...

続きを読む

沖縄に米軍基地は不要なのか?

 沖縄に米軍基地は不要であろう。 が、追い出すわけにもいかない。 米軍は法に反して居座っているわけではない。 米軍が沖縄にいるのは合法である。 法を改正しないことには、何も始まらない。 法改正の権限は日本にはない。 アメリカは法改正するつもりはない。 日本はアメリカの属国なのである。 テロリストでもない日本人にできることは、泣き寝入りだけである。 沖縄から米軍を追い出せたところで、事が解決するわけ...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村