記事一覧

なぜトルコでテロが頻発するようになったのか?

 トルコはクルドと対立している。 クルドは「イスラム国」とも対立している。 トルコも「イスラム国」と対立している。 そのためトルコは、クルドと「イスラム国」、双方を攻撃することにした。 結果、双方からテロで返されるようになってしまった。 トルコのテロを減らすには、双方への直接攻撃をやめればいいのである。 敵の敵を利用した間接攻撃に切り替えればいいのである。 そうである。以前のやり方に戻せばいいだけ...

続きを読む

EU離脱選択で英国が崩壊へ向かうのか?

 離合集散は歴史の常である。 独立か?連携か? どちらが正しいか分からない場合は利害で決めるしかない。 利害で決めれば意見が分かれるのは当然であろう。 いずれにせよ、長期戦になるのは否めない。●EU離脱●...

続きを読む

英国の離脱でEUは崩壊へ向かうのか?

 建前では、善を好み、悪を憎む。 本音では、利に走り、害を避ける。 人間の選択基準は、どちらかしかないであろう。 EUは偽善だったのである。「戦争をしないために欧州は一つになろう!」 偽善は善に見えるため、多くの人がなびいたのである。 しかし、偽善はバレてしまった。「でも、欧州で戦争しなくなった分、中東でやりまくっているよね?」 偽善というものは、バレたらただの悪である。 建前の選択が消滅すれば、本...

続きを読む

英国のEU離脱派勝利で日本経済はどうなるのか?

 個人的な予想は昨日述べたつもりである。 消費増税の延期で絶好の売り場は消滅したのである。 その代わりとして、今回の獲物が狙われたのであろう。 しまったは仕舞えであろう。 これからも年金運用は株でというわけにはいくまい。●EU離脱●...

続きを読む

ありゃ!英国はEUから離脱するのか?

 朝の記事は残留派優勢と耳にしたので書いたものである。 離脱派優勢ということは、利害が同情より勝っていることになろう。 しょせん、建前は本音には勝てない。 たとえ一時的に残留派が勝ったところで、離脱派が巻き返すのは時間の問題であったろう。「難民に出す金があったら英国民に回せ」 英国民の言い分は当然であるが、外国民としてはカチンとくるものもある。 そもそも中東混乱の原因を作ったのは、どこの大英帝国で...

続きを読む

アベノミクスは成功しているのか?

 アベノミクスは日本を救っていない。 予定通り行った増税が救出の邪魔をしてしまった。 が、欧米は救出できた。 救出できたからこそ、「リーマンショック級の危機迫る」 と、言われても、彼らには実感がない。 本当はすぐに実感できたはずであった。 英労働党の下院議員が、とりあえず食い止めたのであろう。●アベノミクス●...

続きを読む

死刑になるために殺人事件を起こすのはアリか?

 アリのはずはない。 が、現在の法がアリにしてしまっている。 死刑は最高刑なのである。 最高刑が「安楽死」なのである。 自殺なら未遂もあるが、死刑なら確実に殺してもらえるのである。 死んでしまったら最後、それ以上は罰せられることもないのである。 これでは、「死刑になって人生を終わらせたかった」 と、望む者も出てくるであろう。 このような自暴自棄者を減らす方法がないわけではない。 安楽死を最高刑にす...

続きを読む

改憲は参院選の争点から外されたのか?

 日本国憲法の条文は、よく見ていた。 大日本帝国憲法の条文は、あまり見たことがなかった。 そこで今回、改めてよく見てみた。 拝見すればするほど、以下の結論に至るしかなかった。「大日本帝国憲法から日本国憲法への改正は違憲で無効!」 おそらく、戦前の憲法学者たちに聞いたとしても、みな同じ答えになるであろう。 現在の憲法学者たちの目は、節穴であろうか? 改憲の改憲論争など意味はない。 現憲法が無効であれ...

続きを読む

英国はEUから離脱できなくなったのか?

 暴力は悪である。 暴力的な言論も悪であろう。 が、大半の言論は悪ではない。  昭和三十五年(1960)十月十二日、野党社会党の浅沼稲次郎委員長が大東文化大学生の右翼青年山口二矢(おとや)に刺殺された。 一か月後に行われた総選挙投票で、社会党は二十三議席増やしたという。 英国ではEU離脱派と残留派が拮抗しているという。 しかし今回、残留派下院議員が暗殺されたことにより、同情票が残留派に流れてしまうであろう。...

続きを読む

中国は沖縄県だけではなく鹿児島県も狙っているのか?

 ロシアと同じであろう。 ロシアは北千島と南千島(北方領土)を区別していない。 千島列島全体をロシア領だと言い張っている。 中国も琉球諸島(沖縄県)と薩南諸島(鹿児島県)を区別していない。 南西諸島全体が中国領だと言い張りたいのであろう。●尖閣●...

続きを読む

都知事にふさわしいのはどんな人か?

 家庭を大切にする都知事がナシだとは申し上げない。 が、都の首長にとって、再優先すべきものは都民であり、自分の家族は二の次のはずである。 テロリストに家族を誘拐され、都民か家族かの二者択一を迫られる状況も起こりうるのである。 政治のためには大切な人も切る決断ができないような人には、都知事は務まらないであろう。...

続きを読む

ついに辞職に追い込まれた舛添要一東京都知事

 子供は泣けば、勝ちである。 大人は泣けば、負けである。 子供が泣けば、大人が同情してくれる。 大人が泣けば、大人が嘲笑してくれる。 子供に泣いて頼まれれば、どうにかしてやりたいと思うであろう。 大人に泣いて頼まれれば、どうにか関わりたくないと思うであろう。●舛添要一●...

続きを読む

米フロリダ州オーランド銃乱射テロ

 日本のアイドルは刃物で襲われた。 米国のアイドルは銃器で襲われた。 日本のアイドルは殺されなかったが、米国のアイドルは殺されてしまった。 銃器の破壊力は刃物とは比べものにならない。 日本では戦国の世から分かっていた。 テロ防止策もまた、戦国の世から知っていた。「刀狩りで銃刀を規制!」 味方に武器を配って戦わせるのではなく、敵の武器を取り上げて戦わせなくするのである。 しかし米国は本土でも中東でも...

続きを読む

ワイドショーは「まいにち、要一!」

 「まいにち、修造!」は、カレンダー。 「まいにち、要一!」は、詭弁ダー。●舛添要一●...

続きを読む

稲田朋美自民党政調会長「(民進党の改憲阻止は)全く中身がなくて議論のしようがない」

 どっちもどっちであろう。 議論のしようがないのは民進党の主張だけではない。 自民党の改憲案もまた、議論のしようがない。 個人的には日本国憲法は気に入っている。 が、大日本帝国憲法も気に入っている。 両方を気に入ることに矛盾はない。 日本国憲法は大日本帝国憲法を改憲した形をとっているため、両憲法は一体である。 しかし、世にはびこる護憲派の主張は異なっている。 日本国憲法だけは護ろうとするが、大日本...

続きを読む

なぜ日本はアフガン紛争で流出した文化財をアフガンに返すのか?

 盗人に追い銭であろう。 アフガン紛争は継続している。 タリバンもまだ健在である。 そんな中、日本はアフガン紛争で盗まれ、日本に流れてきた文化財を返還するという。 今の状態で返還したところで、再びタリバンらテロリストに盗まれ、再び闇市場に流れ、再び日本の富豪が購入して戻ってくるだけのことであろう。 元の木阿弥どころではない。 日本は送料と購入費、二重に損をすることになるのである。 それより何より、...

続きを読む

中国軍が他国軍を連れて尖閣をうかがわないようにするにはどうすればいいか?

 金持ち金使わずである。 金持ちも浪費すれば貧乏に向かうのである。 味方につけるためにカネをばらまき過ぎるのは愚であろう。 カネをばらまき過ぎて貧乏になってしまったら、味方は離れてしまうのである。 そうさせないためには、カネをばらまくのではなく、カネがあることを誇示するだけでいいのである。 尖閣に中露軍がおでましだという。 昨日述べた「ギャング」の類である。 サンゴ泥棒一つをとってみても、都知事の...

続きを読む

ようするに舛添都知事はスケープゴードではないのか?

 都知事は乗り切るつもりであろう。 が、スケープゴードにされれば難しい。 代表的不適切者として血祭りにあげられる可能性がないわけではあるまい。 確かに、ちりも積もれば山となるであろう。 それでも彼は、最高峰にはなりえない。 マスコミは、「ギャング」は無視し、「コソドロ」だけを追い回しているのである。●舛添要一●...

続きを読む

まぁぁ~すぅぅ~ぞぉぉ~えぇぇ~

 舛添都知事は予定通りであった。「不適切だが違法ではない」 概してそうなることは、「第三者」に聞くまでもなく、初めから決まっていたことであった。 都知事は都民向けには、風化を目指す作戦に出たのであろう。 一方、政治家向けの作戦はない。「不適切だが違法ではない」 そんな案件は政治家をしていればいくらでも出てくるであろう。 都知事は政治家がブーメランを恐れてかかってこないことを見切っているのである。●...

続きを読む

スイス、最低生活保障制度(ベーシックインカム)導入ならず

 時代を先取りし過ぎたのであろう。 現在はまだ、人間の仕事はあるのである。 人間の仕事があるうちは、ベーシックインカム導入に賛成する者は少ない。 が、未来は増えるであろう。 なぜなら、ロボットに仕事を取られてしまうからである。 仕事が無い人間が増えれば、当然、ベーシックインカム導入に賛成する者も増えるであろう。 こう言うと、すぐにアレを聞いてくる人がいる。「ベーシックインカムを導入するとして、財源...

続きを読む