記事一覧

「生前退位」ってナニ?

 歴史好きとしては違和感がある。 普通はただの「譲位」や「退位」であり、「生前」がつくことはなかった。 明治時代以降、天皇は「生涯現役」にされてしまったため、わざわざ「生前」を付けなければならなくなったのであろう。 前例が多くあるものを前例に戻すことに反対はあるまい。 ただし、皇室典範のいじり方を誤れば、皇位継承問題を招きかねない。 無論、現在の皇室は大丈夫であろう。 将来の皇室はどうであろうか?...

続きを読む

南シナ海での中国の主張を認めなかった国連海洋法条約に基づく仲裁裁判所

 近世以前を持ち込もうとする中国を、近代法が弾き返すのは当然である。 が、ここまでであろう。「あいつ、泥棒です!」 と、訴えた被害者に対し、警察は、「あなたは正しい。あいつは間違いなく泥棒ですよ」 と、言うだけで、泥棒を捕まえることはできない。 これでは何のために訴えたか分からない。 法というものは、罰する力がなければ無意味である。 法治主義というものは、力が法に勝らなければ成り立たないのである。...

続きを読む

日本人の撤収は南スーダンだけでいいのか?

 テロリストは争いにつけ込む。 イスラム教徒の多い国は、テロリストが入り込みやすい。 そのような国々にいる日本人は、すみやかに総撤収すべきである。 人助けはすばらしいことである。 が、今回の南スーダンのように、人助け以上に迷惑をかけてしまうくらいなら、何もしないほうがマシであろう。●南スーダン●...

続きを読む

今、改憲して得なことがあるのか?

 おかしな話である。 参院選の主争点は、改憲ではなく、アベノミクスの是非だったはずである。 にも関わらず、選挙が終わったとたん、何ゆえ改憲の話が前に出てくるのであろうか? 自公政権は客が入ったとたん、「ウナギ屋」の看板を「アナゴ屋」にすり替えたということであろうか?「盗塁しないよ」 と、言って全然盗塁しなければ、投手から牽制球を投げられることはない。「盗塁するよ」 と、言って構えれば、投手から牽制...

続きを読む

アメリカ本土で内戦は起こるのか?

 アメリカの人種差別は深刻である。 この古傷で、かつて内戦が起こったこともあった。 今回の件もこじれればそういう事態にもなりかねない。 何と言ってもアメリカでは、武器の携帯は自由なのである。 イスラム過激派や中露北など、けしかける連中はいくらでもいるのである。 問題なのは集団的自衛権である。 アメリカで内戦が起こった場合、日本はどちらにつくのであろうか?●人種差別●...

続きを読む

石田純一氏は都知事にふさわしいのか?

 不倫には反対であるが、「不倫は文化」には賛成である。 不倫から生じた文化が多々あることは否めない。 戦争には反対であるが、「戦争は文化ではない」にも反対である。  戦争から生じた文化も多々あることは否めない。 このネットもまた、戦争から生じた文化の一つではないか。 都知事にはどんな人がふさわしいかについては、6月16日に述べた。 彼が「不適格者」であることは、申すまでもない。●都知事選●...

続きを読む

官邸から石田純一氏に「刺客依頼」はあったのか?

 あったように思えてならない。 どう見てもあれは、出馬する会見ではなく、出馬を勧められた会見であろう。「野党の統一候補なら出ます」 出馬するとは言ってみたものの、もう逃げ腰である。 彼は話題になるのはいいが、騒動になるのは好まないタチなのであろう。●都知事選●...

続きを読む

なぜ石田純一氏も乱を起こしたのか?

 出馬するのは勝つためである。 出馬させるのは負かすためである。 石田氏は出馬するのではなく、させられたのではあるまいか? 石田氏は総理と親交があるのであろう。 思想は総理と逆なのであろう。 つまり、石田氏が出馬すれば、小池氏や宇都宮氏の票を奪うことができる。「自由人には自由人を」 と、いうことで、官邸から刺客が放たれたのではあるまいか?●石田純一●...

続きを読む

日本は外国のインフラ整備から手を引くべきか?

 若者は分からない。 分からないことは年配者に聞く。 年配者は教えてくれる。 聞いてもいないことまで教えてくれる。 頼んでもいないことまでやってくれる。 若者にとって、親切はありがたい。 が、おせっかいは迷惑でしかない。 親切とおせっかいの境界は、人によってまちまちである。 また、おせっかいを受けている若者も、「おせっかいかい?」 と、年配者に聞かれると、「全然そんなことないよ~」 と、否定してし...

続きを読む

なぜ救出もできない死者のために政府専用機を飛ばしたのか?

 死者を悼むのは理解できる。 生者より死者を優先するのは理解できない。 政府専用機を飛ばしたところで、死者が蘇るわけではない。 戦える国になった日本は、「戦死」は日常になるのである。 戦場では、生者を救うために、死者にかまっている暇はなくなるであろう。 何も日本政府を責めているわけではない。 日本では政府専用機までも外国製の飛行機! すべてはこの悔しさに尽きるであろう。...

続きを読む

なぜバングラの富裕層の青年たちが外国人を狙ってテロを起こしたのか?

 いいことをすれば、いいことをされるものである。 お礼をしなければならないルールはないが、それが社会というものであろう。 ところが、おかしなことがある。 日本が外国に支援する場合、外国からのお返しがない。 本当はないはずはあるまい。 日本の官や企業は外国から「お礼」をもらっているはずである。 しかし、日本のマスコミは、支援の報道はしても、「お礼」の報道はしない。 なぜしないかといえば、民が怒るから...

続きを読む

海外にいる日本人は総撤収すべきか?

 新安保は覆せないのであろう。 であれば、テロが起こるような国にいる日本人は総撤収すべきである。 追い詰められた敵は、軍人と民間人、戦争主義者と平和主義者を区別する余裕がない。 テロリストなんてものは、初めから余裕なんてあるはずがないのである。 ヤツラは人食いクマと同じである。 人食いクマが出没する地域には近づかせないのが官の務めであろう。...

続きを読む

日本人が海外の意識を変えるべきか?

 もはや日本は平和国家ではない。 列強の犬として戦わせられるのである。 意識していないのは、日本人だけであろう。 外国人は犬と見、テロリストは敵とみなしているのである。 もちろん私は、新安保には賛成できない。 しかし宗主国の強制である以上、反対もできない。 賛成者も反対者も、戦争が接近しているという現実は同じである。 日本人は覚悟すべきである。 戦前の轍(てつ)は踏むべきではない。 真面目と武士道は...

続きを読む

歴史チップス「2016年7月号離脱味」更新

 本日、「月刊・歴史チップス」2016年7月号 離脱味(通算177号)、 「一人当千!最終兵器!快進撃新田軍の前に壁登場!!  ~ ベールを脱いだ幕府軍秘蔵猛将・島津四郎時久(しまづしろうときひさ)!!」  更新。 乱文や誤記の修正やリンクの追加などは追々行います。● 歴史チップス ● ● 歴史チップス 離脱味 ● ...

続きを読む