記事一覧

台風が去った後はどうすべきか?

 どんなに強い台風でも、いつかは去っていくものである。 台風が去ったのではなく、追い払ったことにしたほうが気分がいい。 尻尾を巻いて逃げていく台風に罵詈雑言を浴びせれば、より勝利を実感できるであろう。「それだけか!」「全然きかぬなー!」「ふっ、たわいもない!」「口ほどにもないヤツめ!」「今日のところはこのくらいにしといたるわ!」...

続きを読む

台風に背後を取られないようにするにはどうすればいいか?

 背後を取られてからでは勝ち目はない。 取られる前に振り向いておくことである。 ヤツが来る前に振り向いておけば、少なくとも背後を取られることはない。 あとは低い姿勢でやり過ごすだけで、時の経過が勝利をもたらしてくれるであろう。...

続きを読む

日本が外国への投資で最も力を入れるべきことは何か?

 仕事の基本は会話であり、言語であり、コミュニケーションである。 日本が外国への投資で最も力を入れるべきことは、日本語圏の拡大である。 日本人は勘違いしている。 日本は外国で仕事をするために英語や現地語を学ぶが、これが二度手間で回り道だということに気づいていない。 日本人は最初から英語圏人や現地人に遅れを取っているのである。 いらぬハンディーを追わないためには、日本人が外国語を学ぶのではなく、あら...

続きを読む

なぜ北朝鮮は撃ちまくるのか?

 日本の対米戦はわずか数年で終わってしまった。 それに比べて北朝鮮はまだ戦っている。 おそらく百年たっても戦い続けているのではあるまいか?「北朝鮮は何を考えているか分からない」 と、言う人は多い。 が、本当は北朝鮮ほど分かりやすい国はない。「アメリカに勝つ!」 すべてはそのための戦略なのである。 日本は勘違いすべきではない。 北朝鮮と交戦しているのは米韓である。 日本は朝鮮戦争に参戦してはいないの...

続きを読む

なぜ日本は資源のありかを世界に公表するのか?

 日本は資源大国である。 古来、分かりきっていることである。 掘っても掘っても尽きることはない。 日本には、地球上の資源が対流して集まってくるのである。 それでも、外国には黙っているべきである。「小笠原に海底資源が!」「沖縄にも!」「日本海にも!」 資源のありかをいちいち公開してどうするのか? 世界中の悪党に向けて「金持ちアピール」などしたところで、狙われるだけであろう。...

続きを読む

二階俊博自民党幹事長「女性天皇を認めなければ時代遅れ」

 二階氏の言いたいことはこれではあるまい。 本心はその先であろう。 女性天皇を認めればどうなるか? 自然と導き出されることである。 つまり二階氏が言いたいこととは、「女性天皇を認めなければ時代遅れ」 ではなく、「次の皇太子は愛子さま」 の、はずである。...

続きを読む

伊調馨選手の国民栄誉賞はアリか?

 官の考えそうなことである。 完全試合目前の投手を途中降板させるようなものであろう。「国民栄誉賞受賞者吉田沙保里選手の記録を超えた伊調馨選手にも国民栄誉賞を!」 もっともなことだと思うが、国民栄誉賞というものが、これまでことごとく有能現役選手をつぶしてきたという現実を見ると、支持する訳にはいかない。 他の政権はともかく、今まで安倍政権では現役選手つぶしはしてはこなかった。 前人未到の東京五輪での五...

続きを読む

2020年の東京五輪で日本人のメダル獲得数を増やすにはどうしたらいいか?

 勝負にはこだわるべきである。 が、メダル数にこだわるべきではない。 メダルを増やすだけが目的であれば、いい方法がある。 アメリカは1984年のロス五輪の174個が、ロシア(当時はソ連)は1980年のモスクワ五輪の195個が最多記録だという。 2020年の東京五輪でも、ボイコット国を増やすだけで、日本人の獲得メダル数は激増するであろう。...

続きを読む

なぜ米シー・シェパードに払う「みかじめ料」の金額は明かされないのか?

 明かせないくらい大金だからであろう。 明かせないくらい大金ということは、億単位ではなく、何十何百何千兆円なのであろう。 もちろん、そんな大金を日本鯨類研究所が払えるわけがない。 日本政府以外にどこが払えるというのか? もちろん、そんな大金が捕鯨だけの「用心棒代」のはずもない。 世界平和という口実のための「用心棒代」なのであろう。●捕鯨●...

続きを読む

豪シー・シェパードの妨害を阻止するため米シー・シェパードに「みかじめ料」を支払った日本鯨類研究所

 豪シーシェパードはやる気である。 こんな汚いやり方に効果があるわけはない。 そもそも日本は暴力団を取り締まっているのではなかったのか? にも関わらず、何ゆえアメリカの「暴力団」には「みかじめ料」を支払うのか? 山口組と神戸山口組の抗争も、何やら「足利義満のやり方」っぽい。 アメリカは自国の反社会的勢力を輸出するために、日本の暴力団を片付けようとしているのであろう!●足利義満のやり方● ...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村