FC2ブログ

記事一覧

厚木騒音訴訟でも最高裁は米軍の悪事に目をつぶった

 この国の司法に米軍を裁く権限はない。 無法状態のため、軍事だけではなく、政治経済にも干渉してくる。 日本国民の意に反する安保や原発などは、外圧によるものである。 だからといって日本国民は、米軍の悪事を裁く法を作ることもできない。 なぜならアメリカが邪魔するからである。 邪魔することすら合法のため、つぶすのに遠慮も容赦もない。 日本国民はアメリカの方針に従うしかない。 まだ今までは、「戦うな」 だ...

続きを読む

野田佳彦民進党幹事長はアリか?

 今のドジョウにいいイメージはない。 ドジョウといえば、土壌汚染である。 ハスを支えるレンコンもいただけない。 他党によっておいしくいただかれるだけであろう。...

続きを読む

石原慎太郎元都知事は豊洲市場の下に「墓穴」を掘ったのか?

 老いは苦しみではない。 窮地に陥った時は、武器にも転用できる。 新国立競技場は「森喜朗古墳」と呼ばれた。 豊洲新市場は「石原慎太郎古墳」とでも呼ばれるのであろうか?...

続きを読む

豊洲市場盛り土してない問題の責任は誰にあるのか?

 熊本城は加藤清正が築いた城である。 しかし本当は、これは正解ではない。 あの城は、清正一人で築いたわけではない。 家臣領民みんなで築いたのである。 みんなの功績というものは、いつの間にやら一部の功績にすり替えられてしまうものである。 個人の失敗は、個人の責任である。 団体の失敗は、団体の責任である。 団体の責任は、個人的に誰が悪いのか特定しないことも多い。 そのため、サボったり、悪さをしたりする...

続きを読む

蓮舫氏は二重国籍じゃダメなんでしょうか?

 スポーツでは、攻めなければ点は入らない。 守ってばかりでは絶対に勝つことはできない。 領土問題も同じであろう。 戦後、日本が領土問題で負け続けた理由は、守ってばかりで攻めなかったからである。 国籍のことであたふたしている蓮舫氏はみっともない。 しかしこれが問題かというと、そうでもあるまい。 そもそも台湾は国であろうか? 台湾が国でないとすれば、蓮舫氏の二重国籍問題など起こりえない。 中国は、台湾...

続きを読む

日本はいつから樺太返還を求めなくなったのか?

 蝦夷地は北海道だけではない。 樺太・千島も含めて蝦夷地である。 北方領土は日本固有の領土である。 この領土には、当初は南樺太も含まれていたはずである。 いつから日本は北方四島だけを北方領土にしたのであろうか?「北方領土を返せ!」 と、叫び続けてすでに七十年以上である。 ただ四島だけを返してもらうだけでは気が済むはずはない。 利息も徴収して当然であろう。 その利息を、南樺太にすればいいではないか。...

続きを読む

韓国は北朝鮮に対抗して核実験を行ったのか?

 韓国の地震は、ちょうど北朝鮮の核実験で起こったものと同じぐらいの規模であるが、違うであろう。 が、今まで起こっていなかったことが起こるのは不気味である。 少なくとも、北朝鮮では調べにかかっているであろう。●韓国●...

続きを読む

北朝鮮の暴発を止めるには中国を頼るしかないのか?

 勘違いしてはならない。 極東の対立構図は、米韓日vs.北朝鮮ではない。 米韓日vs.中露朝なのである。 北朝鮮が孤立しているというのはウソである。 むしろ、北朝鮮暴発の黒幕はロシアであり、中国もまた裏で煽っているとしか思えない。 中露は本心をさとられないために、表向きには北朝鮮に渋い顔をするだけであろう。 各国が日本に対して仕掛けてくる謀略は意味が違う。 米韓の謀略は、巻き込もうとするものである。 中...

続きを読む

北朝鮮の狂気は計算ずくなのか?

 北朝鮮は絶対に核放棄はしまい。 金正恩委員長はサダム・フセインにはなりたくのであろう。 ムアマル・カダフィにもなりたくないのであろう。 故金正日総書記の遺言にあったのであろう。「どんなことがあっても絶対に核だけは手放すな」 核武装だけが、アメリカにつぶされないための唯一の策だと信じているのであろう。 北朝鮮への制裁など意味がない。 各国の制裁は、インドやパキスタンも通ってきた道である。 しかし現...

続きを読む

不起訴な強姦魔がいとも簡単に野に放たれるような仕組みはアリか?

 テロリストなら処刑も免れない。 テロ未遂犯でも簡単にはシャバに出られまい。 ところが強姦魔は親告罪である。 被害者次第でこのザマである。 加害者や加害者の保護者にカネがあれば、「ちょっと強引な人」に変身するのもたやすい。 しかし事は、被害者一人の問題ではあるまい。 次からの被害者の問題を無視している。 加害者も高畑裕太クン一人ではないのである。 あいにく私はテロリストにも強姦魔にも出くわしたこと...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村