記事一覧

第2次安倍政権はこの4年間で何をしたのか?

 学習したのであろう。 第1次安倍政権や民主党政権の失敗を繰り返すことはなかった。 アメリカと官僚の邪魔をしなければ、長期政権を保てることを思い知ったのであろう。 安倍政権が何をしたかではなく、アメリカと官僚が何をさせたかであろう。...

続きを読む

シリア内戦激化と原油高上昇で「イスラム国」は復活したのか?

 もともと「天下三分の計」で成り上がった連中である。 内戦激化は思うツボであろう。 原油高上昇も原油を資金源にしている連中にとっては都合がいい。 シリアをロシアの自由にさせたくないアメリカの思惑も絡んでいる。 何より連中が欲しいのは空軍であろう。 そのために、北アフリカのいずれかの国家乗っ取りを企んでいるかもしれない。 近場で危ないのはヨルダンであろう。...

続きを読む

日章旗(日本国旗)ではなく太極旗(韓国国旗)を付けた孫基禎(ソン・ギジョン)選手像はアリか?

 誤りは正すものである。 正しいものを誤りに変えることはない。 孫基禎氏は日本代表選手としてベルリン五輪で金メダルを獲ったのである。 現在の韓国がどうあがこうとも、戦前の朝鮮が日本の植民地だったという歴史的事実を覆すことはできない。 百歩譲って戦前の日本の悪を否定できたとしよう。 ならば、悪の同胞ナチスドイツが主催したベルリン五輪自体も否定すべきではあるまいか? もう一つおかしな点がある。 太極旗...

続きを読む

糸魚川大火

 中華料理は火力が命であろうが、ちと調理しすぎた。 翡翠(ひすい)の産地が被災の惨地になってしまった。 それでも彼らは誰一人として業火に焼かれる者はなかった。 今は疲衰していたとしても、何度でも立ち上がるであろう。...

続きを読む

米軍北部訓練場は返還されたのか?

 米軍北部訓練場は返還ではあるまい。 米軍北部訓練場は買い取ったのであろう。 沖縄返還と同じである。 日本はタダで手に入れたわけではない。 アメリカにカネを払っているのである。「米軍北部訓練場返還は、沖縄本土復帰後最大規模の返還です!」 苦笑するしかない。 これまでできなかったことがなぜできたのか? 秘密保護法ができたことにより、買取事実を「脱法隠蔽(いんぺい)」できるようになったからであろう。...

続きを読む

米軍は関東軍なのか?

 憲法九条はもう死んでいる。 非核三原則なんてなかった。 武器輸出三原則も崩れた。 シビリアンコントロールはウソであった。 日米同盟なんて詭弁であった。 戦前の日本政府は関東軍を制御できなかった。 関東軍が起こした戦争を追認するしかなかった。 現在の日本政府も同じである。 米軍を制御することはできないのである。 米軍が起こしたことを追認するしかないのである。 日本の将来は確定した。 米軍が日本を戦...

続きを読む

日本はアメリカが主導する対南スーダン制裁決議案に賛同すべきか?

 その前に日本はやるべきことがある。 南スーダンからの自衛隊の撤収である。 決議案に賛同すべきかはその後である。 自衛隊の撤収をアメリカは反対できまい。 反対すれば、自衛隊員の犠牲を望んでいることになるからである。...

続きを読む

ロシアは北方領土に米軍基地を造られるのが嫌で返さないのか?

 北方領土は軍事の要衝である。 返還によって北方領土から露軍が引き上げれば、米軍が入れ替わって進駐してくることは目に見えている。 二島返還ならなおさら危険である。 北方領土で米露両軍が対峙する形になってしまうからである。 ロシアはそれを恐れて返さないのだという。 だとすれば、北方領土が日本に返ってくる見込みはない。 では、北方領土の代替地を要求する手はないであろうか? ないことはあるまい。 こう提...

続きを読む

予想通りだった日露首脳会談(安倍首相×プーチン大統領)in長門→東京

 北方領土は返ってこなかった。 経済協力すら決まらなかった。「協議を始めることで合意した」 言い換えれば、「決まらなかったから話し合いを続けることにした」 であろう。 欧米はウクライナの件で対露制裁延長を決めた。 意地悪にも日露首脳会談の最中にである。「こら!帰りますよっ」 御主人様にリードを引っ張られた犬は、いつまでも近所のおじさんに触られているわけにはいかない。...

続きを読む

なぜプーチン大統領は北方領土に「領土問題はない」と言い張るのか?

 ドンパチしていないからであろう。 プーチン大統領にとって領土問題とは、ウクライナのことであろう。 シリアのことであろう。 チェチェンなどのことであろう。 たえず戦争しているロシアから見れば、戦火を交えていないものは数に入らないのであろう。...

続きを読む

それでもオスプレイは墜落していないのか?

 日本でオスプレイが墜落すれば、「不時着」になる。 南スーダンで戦闘が起これば、「衝突」になる。 自衛隊が助太刀すれば、「駆け付け警護」になる。 無理もあるまい。 アメリカによる占領が、「同盟」になっているからである。...

続きを読む

北方領土交渉でなぜプーチン大統領は硬化したのか?

 かつて日本は平和国家であった。 他の西側諸国と一線を画した真の不戦国家であった。 それが今では欧米追従である。 欧米に媚びて対露制裁を行い、欧米のためなら武器まで構えるようになってしまった。 北方領土交渉は「引き分け」と言っていたプーチン大統領が激怒した理由はそこであろう。 領土のほんの一部でも返して欲しければ、まずは日本が対露制裁を解除すべきであろう。 それができなければ、彼を日本に招いたとこ...

続きを読む

カジノ法で真っ先に定めなければならないことは何か?

 限度額であろう。 日本人であれば、所有財産に見合った限度額をあらかじめ設定しておくべきである。 外国人の場合は本国のことはわからない。 そのため、所持金だけで限度額を算定するのである。 所持金はあらかじめカジノに預けておき、限度額を超過した場合は強制終了させるべきであろう。...

続きを読む

なぜ今年の漢字で「金」は強いのか?

 「金」は五輪の年に強いという。 金メダルの「金」を連想するからだという。 しかし「金」は、五輪がない年も常に上位に食い込んでいる。 こちらの金は、キンではなくてカネである。 ゴールドではなく、マネーという地盤が常にあるのである。 当然であろう。 日本は資本主義国家である。 カネという魔法にかからなければ、踊ることはできない。 カネは目に見えない。 紙幣や銭貨は目に見えるが、カネそのものには実体が...

続きを読む

ライチョウとハトの扱いの差を見ると高齢者が大切にされなくなった理由がわかる

 ライチョウはずんぐりしている。 ハトもずんぐりしている。 外見も大きさもよく似ている。 ハトたちの中にライチョウが交じって豆を食っていたら見分けがつかない。 にも関わらず、ライチョウは大切にされ、ハトは邪険にされる。 なぜか? 理由はライチョウが希少だからであろう。 ハトはうじゃうじゃいるからであろう。 高齢者も同じである。 昔は七十歳といえば、まれであった。 希少だったからこそ大切にされたので...

続きを読む

成宮寛貴さんはクロなのか?

 白か黒か一番知っているのは本人であろう。 現在の情報だけで周囲が決めつけるのは尚早である。 それでも、間違いないと思われることもある。 彼のいう「友人」は、友人ではなかったのである。...

続きを読む

日本から米軍基地がなくなれば防衛費は高くなるのか?

 自分の国は自分で守るべきである。 たとえ防衛費が高くなったとしても、将来的には自主防衛できるようにならなければ独立国とはいえない。 米軍基地がなくなれば、防衛費は高くなるであろう。 が、対中防衛費で高くなるわけではあるまい。 対北防衛費はかえって安くなるであろう。 対露防衛費もまた安くなるであろう。 では、何が防衛費を高くするかお分かりであろうか? 答えは、対米防衛費というものが新たにできるから...

続きを読む

蓮舫民進党代表「(安倍首相は)息を吸うようにウソをついている」

 息を吸うようにウソをついているということは、四六時中ウソをついていることになる。 眠っている間も、寝言でずっと一晩中ウソをつきまくっていることになる。 何を言われても、何をされても、死ぬまでずっとウソをつき続けていることになる。 もしそんな人が本当にいるとすれば、尊敬するしかあるまい。...

続きを読む

福島第一原発事故賠償費の一部2兆4000億円を電気料金に上乗せすることにした経産省

 会社の辞書には「倒産」という文字がある。「東電の辞書には倒産という文字はない」 という例外はありえない。 許してしまえば、どんな悪逆非道なこともできてしまうであろう。 これ以上、東電の負債を他の電力会社や国民に肩代わりさせてはならない。 賠償は事故を起こした者がするものである。 東京電力福島第一原発事故の賠償は、全額東京電力がすべきなのである。 もう十分支援しているにも関わらず、「また負債が増え...

続きを読む

東電向け交付国債発行枠9兆円→13兆5000億円

 ふざけた話である。 まずすべきは、東電管轄内の電気料金値上げである。 日本一高いわけでもないのに、なぜもっと値上げしないのであろうか? 次いでコスト削減であり、資産売却であろう。 これらも十分せずに、国費投入はおかしい。 さらにおかしいのは、「さらなる国民負担が必要ですね」 である! 本来であれば、東電は未曾有の事故でつぶれていたはずではないか!「うちの会社がつぶれちゃうんで国民みんなでカネを出...

続きを読む