記事一覧

トランプ大統領の難民入国禁止政策はアリか?

 未来はアリでも構わないであろう。 が、現在や過去はナシである。 すでにアメリカに住んでいる難民を追い出すことは許されまい。 また、移動中の難民を送還するのも酷であろう。 問題なのは、世界の議論がかみ合っていないことである。 トランプ大統領の政策には反対だが、どこまで容認するかがバラバラだという点である。 いくら難民受け入れ容認派の人でも、「じゃあ、受け入れた難民をあなたの家に住まわせますよ」 と...

続きを読む

東京のタクシー料金改定はアリか?

 短距離は値下げになり、長距離は値上げになるという。 つまり、都会だけで乗ると値下げになり、都会から田舎まで乗ると値上げになるという。 言い換えれば、都会人は田舎者をバカにしているということである。 こういった都会人の醜い本音が表に出た時、原発避難いじめなどが発生するのであろう。...

続きを読む

メキシコはトランプ大統領が造らせる壁代を払うのか?

 メキシコは払わないであろう。 しかし、手がないわけではない。 壁にはものすごい数の広告を貼ることができるのである。 メキシコ企業の広告を貼りまくれば、メキシコに払わせたことになるであろう。...

続きを読む

韓国大田(テジョン)地裁「対馬の仏像は韓国の寺に返せ」

 話にならない。 韓国司法は近代法を完全に無視している。 封建時代の目で見てもおかしい。 近世以前の韓国には道理があった。 今の韓国には反日しかない。 無理もあるまい。 親日は先の大戦後に全員処刑されてしまったのである。 韓国とは鎖国であろう。 こんな国と付き合っている日本もおかしい。...

続きを読む

日米自動車販売競争は不公平か?

 トランプ大統領は不公平だと言っているが逆である。 公平な戦いでは勝てないから、アメリカが有利になる不公平条項を新設しようとしているのである。 日米貿易で不公平を被っているのは、アメリカではなく日本である。 アメリカは、幕末以降の不平等条約下で日本からむしり取ったお宝群を返還すべきであろう。 日米同盟の被害者もまた日本である。 アメリカは在米自衛隊基地を造って提供し、天文学的な思いやり予算を在米自...

続きを読む

トランプ米大統領がTPPをパーにした目的は何か?

 TPPは嫌いである。 関税自主権回復に命を懸けてきた先人らに申し訳ない。 それでも、「やったー!トランプ大統領がTPPという不平等条約をつぶしてくれたぜー!」 とは喜べない。 トランプ大統領の目的は、TPP越えだからである。 米製品を守るため、国内の海外製品を排除し、海外へは自国製品を売りつけるつもりだからである。 日本はアメリカに屈服するであろう。 歴史上、日本がアメリカに貿易交渉で勝った試しはない。...

続きを読む

天皇陵は発掘すべきか?

 発掘には議論があろう。 どちらにせよ、キトラ古墳壁画の失敗などもあるため、宮内庁には任せられまい。 危惧しているのは警備である。 観光客に紛れてくるであろう盗掘団から守るために古墳内の有無を確認しておくべきであろう。 実際に発掘しなくても、現在の日本の技術であれば中身が確認できるはずである。 これからの日本は、戦争に巻き込まれてシリアの遺跡ような事態が起こらないとも限らないのである。 手遅れにな...

続きを読む

トランプ大統領の米国第一主義は脅威か?

 保護貿易か自由貿易かの選択に正解はないのは前述した。 ない以上、どちらに転んでも対応可能にしておかなければならない。 外需ではなく、内需に力を入れるべきなのである。 世界情勢はますます物騒になってきた。 海外に進出しすぎた大企業群は年貢の納め時であろう。 トランプ政権は日本企業にとって凶かというとそうでもあるまい。 トランプ政権を凶というのであれば、オバマ政権も同じであった。 東芝やシャープなど...

続きを読む

アパホテルvs中国

 アパホテルは商人である。 商売に直結するため、商人が政治的な主張をすることはない。 南京の件は、政治的な主張ではない。 歴史的な主張なのである。 にもかかわらず、中国は政治介入してきた。 日本の政治家も負けずに言い返した。 違うのである! 政治の介入こそが、歴史を歪める原因なのである! 政治で歴史問題を解決することはできないのである! 歴史のことは、歴史家に任せるべきであろう! 何度か前述してい...

続きを読む

保護貿易と自由貿易はどちらが正しいのか?

 どちらが正しいわけではあるまい。 自由貿易の不満が保護貿易に向かわせるのである。 保護貿易の不満が自由貿易に向かわせるのである。 答えが見つからないため、歴史は繰り返すのであろう。...

続きを読む

英国に続いてEUから離脱する国はあるのか?

 騎馬戦と同じである。 難民を担ぐ馬が一頭減ってしまったのである。 ただでさえ重いのに、その分の重みが残った馬にずっしりのしかかってしまったのである。「重てえ!もうダメだ!偽善なんてやってらんねー!」 EU瓦解は時間の問題であろう。...

続きを読む

「生活保護なめんなジャンパー」はナシなのか?

 アリであろう。 批判理由が分からない。 日本語も冗談も分からないとしか思えない。 ジャンパーの文面は、生活保護受給者をカス呼ばわりしているのではないのである。 不正受給者をカス呼ばわりしているのである。 小田原市職員も分かっていたからこそ長年着ていたのであろう。 改めて、生活保護受給者はカスではない。 税で食っている者がカスであれば、国会議員も市職員も全員カスである。 受給者は自信を持つべきであ...

続きを読む

なぜ政府が改元を取り仕切るのか?

 法令は先例に追いついていない。 古来、改元の権限は天皇にある。 何ゆえ政府がでしゃばるのか? 検討内容が漏れるのもおかしい。 年月日がバレバレでは、改元する意味がないであろう。...

続きを読む

高齢者危険ドライバーによる事故を減らすにはどうすればいいか?

 以前から、若葉マークのドライバーには用心していた。 最近では、紅葉マークのドライバーにも用心するようになった。 しかし本当に怖いのは、紅葉マークのドライバーではない。 紅葉マークを付けることを忘れているドライバーである。 高齢者が増える限り、高齢者危険ドライバーの数が減ることはない。 免許返納を求めるだけでは効果薄であろう。 かと言って、免許取り上げまでしてしまうと、その後の面倒を誰がみるかとい...

続きを読む

なぜ日韓はもめ続けるのか?

 日本の悪は戦争である。 韓国の悪は日帝である。 日本は忘れたいのである。 韓国は忘れられないのである。 日本の怒りは明白である。 竹島問題は泥棒である。 仏像問題も泥棒である。 慰安婦問題は詐欺である。 韓国の盗っ人猛々しさに、日本は怒っているのである。 韓国の怒りも明白である。 戦前戦中の件である。 しかし現在の日本に、戦前戦中はない。 それを持ち出せば、アメリカを恨まなければならなくなる。 ...

続きを読む

日米同盟は重視すべきか?

 米軍政下の日本に選択肢はない。 日米同盟を重視する以外の手は存在しない。 アメリカは日本そのものを「人質」に取っている。 反旗を翻すのは不可能である。 それでも、永遠に続く同盟はない。「アメリカは戦争、日本は平和担当」 という大原則を崩して以降、終わりに向かって加速しているのは否めない。 いつか必ずアメリカから日本を捨てる日がやって来るであろう。 アメリカの先兵として、おとりとして、後詰めとして...

続きを読む

天皇退位のための特例法はアリか?

 次の心配はない。 次の次が御心配なのであろう。 次の次を見定める術は御退位しかないのである。 御高齢が御本意とは存じえない。 何よりも波風を立たせないための御憂慮であろう。 御前で波風を立たせることは許されまい。...

続きを読む

寒波は資源として利用できないのか?

 雨が降ると思うのである。 風が吹くと思うのである。 波が高いと思うのである。 雷が落ちると思うのである。「これらを資源として利用できないものか」 寒波も同じである。 日本には都合よく四季があるのである。 冬の冷気を貯めておいて夏に使えぱ電気がいらないではないか。 夏の暖気を貯めておいて冬に使えば電気がいらないではないか。 温暖化対策というマネーゲームに興じるより、自然の無駄をなくすことを考えるべ...

続きを読む

何ゆえ米メディアはここまでトランプ次期大統領を憎むのか?

 下品な人は下品な人である。 下品な人を下品な言葉で口撃する人もまた下品である。 トランプ氏が下品かどうかは分からない。「トランプは下品だ!」 とは、米メディアが書いているに過ぎない。 トランプ氏の下品は疑惑なのである。 一方、米メディアの下品は確定している。 下品な言葉を自ら証拠として紙面に載せてしまっている。 つまり、より下品なのは、トランプ氏ではなく、米メディアなのである。 何も私はトランプ...

続きを読む

2019年元日改元案はアリか?

 違和感がある。 皇室関係の件は、何から何まで違和感だらけである。 政府も大変であろう。 やれば政治利用と言われるし、やらなければ不誠実と言われる。 皇室の件で違和感が生じる理由は、無理やり法令にはめ込もうとするからであろう。 二千年の先例が、わずか百年ちょっとの法令の枠に収まるはずがないではないか...

続きを読む