記事一覧

化学兵器使用疑惑のシリア軍基地にミサイル攻撃したアメリカ

 シリア軍基地攻撃は、トランプ大統領の指示というより、ペンタゴンの思惑であろう。 モスルなどの誤爆非難を、「正義」で封じたに過ぎない。 懸念すべきは日本政府の危うさである。 総理はシリア軍が化学兵器を使った証拠をつかんでいないにもかかわらず、「米政府の決意を支持する」 と、表明したのである。 口を固くすべきは、森友ではなくこちらであろう。...

続きを読む

米中首脳会談(トランプ大統領×習近平国家主席)の主要議題は北朝鮮問題なのか?

 北朝鮮のミサイル問題など、前座の余興にもなるまい。 アメリカは世界一の経済大国なのである。 中国は世界第二の経済大国なのである。 ゼニの話しかないではないか。...

続きを読む

続・「テロ等準備罪」と名を変えた「共謀罪」の新設はアリか?

 前回、共謀罪には反対しないと述べたが、汚職や脱税、いじめなどが対象ではないのはいただけない。 近いところでいえば、「忖度」でごまかしているが、森友学園問題もまた「共謀」ではあるまいか? 共謀罪は政治家も対象にすべきである。 政治家こそが「テロの本丸」だからである。 テロとは政治不満から起こすものであろう。 政治家や政治機関が最もねらわれるのであろう。 テロリストは標的を倒すために、政敵や冷遇政治...

続きを読む

なぜ今村雅弘復興相はイラついて自己責任発言をしたのか?

 幕府は長州が憎くて長州を攻めたわけではない。 薩長は幕府が憎くて幕府を攻めたわけではない。 双方が憎んでいたのは列強なのである。 列強には何も言えないため、幕府は長州に八つ当たりをし、薩長に返り討ちにされたのである。 沖縄問題や原発問題も同じである。 今村雅弘復興相は列強(ここではアメリカ)には何も言えないため、自主避難者に八つ当たりしたのである。 彼の本音はこうであろう。「国や東電は責任を持てだ...

続きを読む

日本は「テロとの戦い」で米露と共闘すべきか?

 安倍政権は末期政権ではない。 外に敵を作る必要など何もない。 戦える相手ならまだしもである。 米露と共闘など亡国の所業であろう。 米露は代理戦争を行っているのである。 ロシアの手の者は、アメリカにとってはテロリストなのである。 アメリカの手の者は、ロシアにとってはテロリストなのである。 どちらと戦っても、どちらかに恨まれてしまうのである。 恨みを買って敵を増やすくらいであれば、どちらとも戦わない...

続きを読む

少子高齢化のため介護に人材を投入するのはアリか?

 目が見えなければ目を作ればいい。 耳が聞こえなければ耳を作ればいい。 手足がなければ手足を作ればいい。 体が動かなくなる前に、予備の体を作っておけばいい。 認知症になる前に、予備の脳を作っておけばいい。 少子高齢化とはいえ、介護に人を投入するのはナシであろう。 介護というものは、する人もされる人も二重で何も生み出さない。 介護施設や介護職員にカネを投入するのはジリ貧であろう。 介護するのではなく...

続きを読む

那須雪崩事故は失敗だったのか?

 あの植村直己でも最期は失敗したのである。 素人の失敗を責めるのは酷であろう。 山での失敗は成功のもとにはならない。 一度失敗しただけで終わりなのである。 低い山にしか登ったことのない私ですら、入山前はいつも覚悟していた。「クマに襲われて帰れなくなるかもな」 それでも登りたくなるのが山である。「残る桜も散る桜」と思わない人は、登ろうと思うことはあるまい。...

続きを読む

通学という危険を冒してまで我が子を学校に行かせる意義はあるのか?

 ないであろう。 皆勤賞だった人が言うのだから間違いあるまい。 学校なんて行きたくない人は行かなければいいのである。 学校なんかに行かなくても、エジソンは天才だったのである。 自邸で親父に勉強を習っていても、菅原道真は秀才だったのである。 以前、在宅勤務最強論を唱えたが、通学も同じであろう。 通勤と同様、通学時間ほどムダなものはない。 通学せず、通信教育に切り替えるだけで、通学している人よりも余分...

続きを読む

結局、森友学園問題のどこが問題なのか?

 ゴールがないところであろう。 現状では、犯罪者は誰もいない。 誰かを犯罪者に仕立て上げたところで、その人だけが悪いとは誰も思わない。 公平に曖昧(あいまい)にするか、不公平に禍根を残すしかない。 森友学園問題だけが問題ではないことも問題であろう。 加計学園もそうであろうが、まだまだ発覚していないものも多々あるはずである。 たとえそれらが表に出たところで、ゴタゴタしてもウヤムヤにされ、葬られていくだ...

続きを読む

「上皇后」とは何なのか?

 よくわからない。 歴史上、そんな名称の方は存在しないはずである。 前例がなければ考えねばなるまいが、「皇太后」はあまたおられるのである。 にも関わらず、なぜ「上皇后」と変更する必要があるのか? 将来的には「天皇」も変えるつもりであろうか?...

続きを読む

歴史チップス「2017年4月号忖度味」更新

 本日、「月刊・歴史チップス」2017年4月号忖度味(通算186号)、 「農村復興!報徳仕法!抵抗勢力どこにでも?   ~ 二宮尊徳の桜町仕法反対者!豊田正作!!」  更新。 乱文や誤記の修正やリンクの追加などは追々行います。●歴史チップス● ●歴史チップス 忖度味● ...

続きを読む