記事一覧

(北の新型ミサイル発射で)中国は顔に泥を塗られて怒っているのか?

 中国が怒るはずがない。 顔に泥を塗られて怒るのは、きれいな顔の人である。 初めから汚い顔の人は、泥を塗られたくらいへっちゃらである。 中国の腹は見えている。 一帯一路の会合には、北朝鮮も呼んでいるのである。 金もうけのためなら、泥遊びぐらい許すであろう。 狙われたわけでもないのに、いちいち反応する日本政府は見苦しい。 凶器を振り回すチンピラ同士のケンカに、丸腰で割って入るようなものである。 日本...

続きを読む

各国がミサイル実験で騒ぐのは北朝鮮の術中ではないのか?

 米韓は北朝鮮からカネをもらっているのであろうか? なぜ敵国のミサイル実験の分析をタダで行い、情報提供するのであろうか? ミサイルがどこまで飛んだかどこに落ちたなんてことは、北朝鮮だけでは分からないであろう。「中国はメンツをつぶされた」 というが、最もバカにされているのはアメリカである。 スパイサー米報道官は、「ロシアが喜んでいるとは思えない」 と、言ったが、そんなことはない。 プーチン大統領は腹...

続きを読む

日本は中国の「一帯一路」構想に参加すべきか?

 官はアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加しない道を選んだのであろう。 アジア開発銀行(ADB)に専念するため蹴ってやったのであろう。 ならば方針を変える理由はあるまい。 AIIBにはすでに「先見の鳩」がいるのである。 どうしても参加したい民には窓口が設けられているのである。 官が参加したところで、中国ともめるだけであろう。 民の争いはカネで解決できるが、官の争いは戦争にもなりかねない。 一帯一路構想は、民...

続きを読む

アメリカが作った日本国憲法にアメリカが創った自衛隊を合体させることが「戦後レジームからの脱却」になるのか?

 なるわけがないであろう! 日本国憲法をいじったところで、アメリカから押し付けられた憲法という事実は覆せない! 改憲は革新であり、保守のすることではない! 保守がすべきは体制を守ることである! 日本国憲法改憲ではなく、大日本帝国憲法護憲を目指すべきなのである! 総理が目指している改憲は、アメリカ言いなりの改憲である! 日本ではなく、アメリカのための改憲にすり替わってしまっているのである! この国を...

続きを読む

韓国大統領選当選は革新系「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏

 反日中の反日の当選とは結構な話である。 韓国民は戦争より平和を選んだと信じたい。 が、これで米朝戦争が回避されとは言い難い。 アメリカが黙っているはずがないではないか。...

続きを読む

東北同時多発山火事

 科学が発達したとはいえ、消火の研究は遅れている。 21世紀の現在でも、「水などをかけて消す」 という原始時代の手法を続けている。 これからの日本は、戦争を控えている身なのである。 どんな大火でも一瞬で消す方法を見つけ出すことが急務であろう。...

続きを読む

アメリカは金正恩委員長の暗殺に失敗したのか?

 アメリカは金委員長の暗殺を試みたであろう。 が、金委員長はまだ生きているという。 ということは、失敗したのであろう。 現状は失敗しているが、今後成功するかもしれない。 もちろん、暗殺を試みていないという線もある。 尻尾を捕まえなければ襲えないし、すでに故人の場合も無理である。 また、居所はつかんでいるが、あえて泳がせている線もあろう。 暗殺なんてしちまったら、戦争できなくなっちまうのである。 ア...

続きを読む

中国と北朝鮮は仲間割れしたのか?

 中国と北朝鮮は一蓮托生である。 中国は北朝鮮に、「やめろ」 と、言っているわけではない。「待て」 と、言っているのである。 取り違えるから仲間割れしたように見えるだけであろう。 中国の頭にあるのはカネである。 米朝両方から利を得るため、双方にいい顔するのである。 そのため、西側一方から見れば、まるで米中が組んだように見えるのであろう。 中国はバカではない。 北朝鮮がつぶされたら、次は自分の番だと...

続きを読む

日本は巡航ミサイル導入など敵基地攻撃能力を保有すべきか?

 三流政治家は過去を鑑みない。 二流政治家は現在も考える。 一流政治家は未来まで企てる。 日本の官は日本の官である。 アメリカの官ではない。 日本への脅威は今に始まったことではない。 もっと前からあったのである。 にもかかわらず、騒ぎ出したのは最近である。 日本の脅威を通り越し、アメリカの脅威が始まったとたん、アメリカに前面に出されて吠えさせられている。 先制攻撃は悪である。 敵基地攻撃は愚であろ...

続きを読む

宗像大社のうち沖ノ島だけを世界遺産にするのはアリか?

 宗像三女神は宗像大社の祭神である。 田島の辺津宮には市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)がいらっしゃるという。 大島の中津宮には湍津姫神(たぎつひめのかみ)がいらっしゃるという。 沖ノ島の沖津宮には田心姫神(たごりひめのかみ)がいらっしゃるという。  ユネスコはまずこのことを確認すべきである。 そうすれば、「神宿る島は沖ノ島だけで、田島や大島には神は宿っていません」 などというふざけた裁断は下せまい。...

続きを読む

やはり日本は戦争に向かっているのか?

 日本という動物園には4種類しかいない。 ハトとタカとイヌとネコである。 官にはハトとタカがいて、民にはイヌとネコがいる。 それぞれ意見は異なるが、園長が怖いという共通点がある。 園長とはアメリカである。 アメリカが登場したとたん、全員がイヌに化けてしまうのである。...

続きを読む

憲法九条に自衛隊は明記すべきか?

 日本国憲法はアメリカが作ったのである! 自衛隊はアメリカが創ったのである! アメリカが作ったものに、アメリカが創ったものを明記するとはどういうことであろうか? 総理はいったいどこの国の総理であろうか? これではまるでアメリカの犬であろう!...

続きを読む

朝鮮戦争が再開されれば北朝鮮は日本も核攻撃するのか?

 核ミサイルは対米用であろう。 無駄に日本に撃つほどそろえていないはずであろう。「日本が真っ先に放射能の雲で覆われるだろう」 というのは、原発をねらうぞということであろう。...

続きを読む

日本国憲法に矛盾はあるのか?

 矛盾はあるであろう。 が、九条にはあるまい。 平和は世界の理想である。 不戦は日本では現実なのである。 また、日本は戦力を有していない。 自衛隊は日本ではなくアメリカが創ったものである。 日本が攻撃されて戦ったこともない。 米軍のパシリとして使われてきただけである。 これからはもう少しこき使われるようになるが。 自衛隊は災害救助隊として優秀である。 災害のたびに頭が下がり感心するしかない。 日本...

続きを読む

それにしても「上皇后」という違和感

 有識者会議は、「上皇になった人物の夫人を一義的に皇太后を呼ぶことはなかった」 としているが、そんなことはない。 聖武天皇が阿倍内親王(孝謙天皇)に譲位した後、光明皇后は「皇太后」になっているではないか。 奈良時代の正史『続日本紀』にも記してあるではないか。 皇太后=未亡人ではないのである。 前例がなければ作るべきであろうが、前例があるものは残しておくべきであろう。...

続きを読む

なぜ藤井聡太四段はすごいのか?

 世界が違うのであろう。 自分の世界を築き上げているからであろう。 同じ世界で眼を飛ばし合っている世界の指導者とは違う。 将棋はいい。 戦いは決して机上からはみ出すことはない。 将棋というゲームがこの世に誕生してからもう何年であろうか? 米朝が滅びた後も、おそらく存在し続けるであろう。...

続きを読む

歴史チップス「2017年5月号巻添味」更新

 本日、「月刊・歴史チップス」2017年5月号巻添味(通算187号)、 「 米朝戦争→世界大戦?官の戦争で民を殺すな! 〜 悪は敵ではなくて戦争!広島平和都市記念碑!!」  更新。 乱文や誤記の修正やリンクの追加などは追々行います。●歴史チップス● ●歴史チップス 巻添味● ...

続きを読む