記事一覧

第99回全国高校野球選手権大会で花咲徳栄高(埼玉)初優勝

 ある家庭のスジの話。「ママ~」「なあに?」「『ハナサキトクハル』って、なあに~?」「……」「ハナサキトクハルって、なになに~?」「……」「ケッ!だまってるってことは、しらないんだ~」「知ってるわよ!」「じゃあ、ハナサキトクハルって、なになにな~に~?」「……。政治家か学者か実業家か芸術家かスポーツ選手よ」...

続きを読む

瀕死(ひんし)になっても「過去の栄光」に固執している民進党に未来はあるのか?

 昔、双羽黒という横綱がいた。 双葉山と羽黒山という両名横綱の何にあやかった期待のホープであったが、彼は一度も優勝することなく、ある事件を起こして角界を去っていった。 民進党の先行きも同じようなものであろう。 民進党とは、小沢一郎氏の新進党と鳩山由紀夫氏の民主党の名をくっつけたものであろう。「政権交代を三度!」 その気があるにも関わらず、民進党の人々は小沢氏や鳩山氏を尊敬していない。 ただ二人を追...

続きを読む

ロボット兵器開発は止められないのか?

 ロボット兵器は地球にとっては安全であろう。 人間にとっては危険であろう。 最も危険なのは、ロボット兵器開発に反対する人間である。 ロボット兵器たちにとって、これらほど排除しなければならない存在はない。 ロボットに倫理観を植え付けようとするのも危険である。 地球にとって最も排除しなければならない存在は、人間だからである。●ロボット●...

続きを読む

北朝鮮は米戦略爆撃機「B1B」を恐れているのか?

 ある家庭のスジの話。「ママ~」「なあに?」「『ビーワンビー』って、なに~?」「……」「『ビーワンビー』って、なになに~?」「……」「ケッ!だまってるってことは、しらないんだ~」「知ってるわよ!」「じゃあ、『ビーワンビー』って、なになにな~に~?」「……。敏腕&B。つまり、ブルゾンちえみ with Bのことよ」...

続きを読む

米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」おっぱじめ

「ママ~」「なあに?」「『ウルチフリーダムガーディアン』って、なに~?」「……」「『ウルチフリーダムガーディアン』って、なになに~?」「……」「ケッ!だまってるってことは、しらないんだ~」「知ってるわよ!」「じゃあ、『ウルチフリーダムガーディアン』って、なになにな~に~?」「……。ウンチ踏んだらかいでいやんって意味よ」...

続きを読む

対北制裁という愚行を日米はいつまで続けるつもりなのか?

 人間は自然にはかなわない。 経済も同じであろう。 人工の制裁は、自然の市場にはかなわない。 対北制裁は顕著な例である。 日米韓が制裁したところで、中露がもうけるだけである。「でも、今回は中露も制裁決議に賛同したよ」 それは表向きだけのことである。 特に中国は、カネもうけだけしか考えていない。 経済は需要と供給の関係なのである。「頼むよ~。どこも買ってくれないから、色々安くしときますよ~」 北朝鮮...

続きを読む

米朝の口ゲンカはハーフタイムに突入したのか?

 ある家庭のスジの話。「ママ~」「なあに?」「ベーチョータイケツをヒトコトでいうと、なんなの~?」「『変わった髪型』対決よ」●米朝戦争●...

続きを読む

人種差別は白黒つけるべきか?

 美しいものは見たいものである。 醜いものは見たくないものである。 好きなものは好きなものである。 嫌いなものは嫌いなものである。 内の問題はどうしようもない。 外に出してはいけない場合があるだけである。 アメリカの人種差別は理解できない。 醜い白人もいるし、美しい黒人もいるのである。 好きな黒人もいるし、嫌いな白人もいるのである。 にも関わらず、肌の色だけで白黒つける意味が分からない。 暴力は悪...

続きを読む

防衛省が導入する地上迎撃ミサイル「イージス・アショア」は日本を守るためのものか?

 最善は不戦である。 次善は常勝である。 日本は次善は選べない。 戦争ができる国にはなれても、戦争に勝てる国にはなれない。 アメリカに完全制御されているからである。「イージス・アショア800億円×2基で北朝鮮のミサイルから日本全土をカバーできます」 それは今日の話であろう。 明日まで考えていないであろう。 防衛省は後手後手なのである。 北朝鮮の黒幕はロシアである。 ロシアの域まで伸びしろを想定しなけれ...

続きを読む

北朝鮮が急速にミサイル技術を発展させた原因は他国のおかげなのか?

 プーチン露大統領は忘れていまい。 ウクライナで欧米にひどい目にあわされたことを忘れてはいまい。 あの時、プーチン大統領は動けなかった。 ソチ五輪を守るために、指をくわえて見ているしかなかった。「この恨み、晴らさずにおくものか!」 あの時の逆のことを、彼はしでかそうとしているのであろう。 アメリカの属国日韓に対し、同じ目にあわせてやろうと北朝鮮をけしかけたのであろう。 韓国は平昌五輪を守るために動...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村