記事一覧

アメリカはユネスコを脱退するのに日本は脱退しないのか?

 残って得なことがあるのか? 今でさえ日本は世界一ユネスコにカネを払わされているのである。 日本の世界遺産にはカネを払ってもらえないのに、外国の世界遺産にはカネを払わされているのである。 今のところは不戦国家の日本が、何ゆえ他国が戦争で壊した遺跡の修復などにカネを出さなければならないのか?...

続きを読む

安倍首相は憲法改正に本腰を入れるのか?

「ケンカをするな」 という決まりから、「ケンカをしてもいい」 という決まりに変更するのは、改正とは言わない。 改悪というのである。「アメリカに押し付けられた憲法」 というのなら、捨てるのが常道であろう。 何ゆえ捨てずに、いじって使い続けるのか? この国には、押し付けられていない憲法も併存するではないか。 戦争ができる国になるのは意味がない。 戦争をやるからには、勝てる国にならなければどうしようもな...

続きを読む

なぜ朝鮮労働党創建記念日に目立った動きがなかったのか?

 官邸のスジの話。「おい」「何ですか?総理」「昨日は北朝鮮の記念日じゃなかったのか?」「朝鮮労働党の創建記念日でしたね」「ミサイルは撃ったか?」「いえ、聞いておりません」「核実験はしたのか?」「いいえ」「どうして記念日なのに、何かデンジャラスなことをしでかしてくれないんだ?」「おそらく衆院選、特に、総理に利用されていることに気づいたのでしょう」「!」...

続きを読む

衆院選2017の争点は何か?

 主張だけなら誰でもできる。 具現ができないだけである。 衆院選の争点は、あるように見えて、ない。 民意は以下の3つであろう。  1.対等な日米同盟  2.脱原発  3.増税路線反対 各党、これらの是非を公約に掲げているが、どれもアメリカは許してくれまい。 聞く耳持たないのは、1と2である。 米軍政下にある日本は、軍事と核では意見できない。 望みがあるのは、3だけである。 アメリカが日本を増税させ...

続きを読む

体育の日2017

 安倍首相のスジの話。「総理」「なんだ?」「本日は体育の日です」「だな」「運動とか、されてますか?」「選挙はいい運動になるよ」「運動会は出ないんですか?」「無理だね」「かけっことか?」「選挙で走るから十分だよ」「かけっことか?」「……」「加計っ子とか?」「うるせえ!」...

続きを読む

衆院選2017は三つ巴の戦いなのか?

 三つ巴のはずはない。 すでに「小早川(希望)」は裏切り、東軍(右)vs.西軍(左)の二極対決に変わった。 勝敗ももう決しているようである。 各人すでに戦後のために動いているであろう。●衆院選●...

続きを読む

ノーベル平和賞は「国際非政府組織(NGO)核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」はアリか?

 賞は当事者にやるものである。 後援者にやるものではない。 結果に与えるものである。 過程に与えるものではない。 現実に渡すものである。 妄想に渡すものではない。 国際非政府組織(NGO)核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)は、当事者としてがんばったわけではない。 後援者として「がんばろう!」と、呼びかけていただけであろう。 彼らが活動した結果、核放棄した国が一つでもあるであろうか? 世界は核廃棄どころか...

続きを読む

ノーベル文学賞は長崎出身英国人のカズオ・イシグロ氏

 ある会社のスジの話。「ノーベル文学賞、決まったねー」「また村上春樹氏は受賞を逃したね」「でもおかしいよな。世界にはあまた作家がいるのに、どうして毎年彼だけを話題にするんだろうな?」「こうなったらずっと受賞しないほうがいいんじゃないの?受賞しちゃったら、翌年からはもう話題にならないでしょ」「それにしても村上さんを破った受賞者は立派だよ」「なんて名前でしたっけ?」「オカズ・オイシク氏」「カズオ・イシ...

続きを読む

今度こそ消費再増税は断行されるのか?

 安倍政権は衆院選に勝つであろう。 が、増税推進派が勝つわけではない。 増税反対派が数で勝っても、「たぬき」に化かされたため、選挙では勝てないのである。 結果、消費再増税は民意に反して断行されるであろう。 かつて日本は一億総中流社会といわれていた。 が、消費税が創設されて以降、中間層の生活水準が低下していった。 富裕層が税逃れで払わなくなった分を、中間層が肩代わりしてきたようなものである。 この上...

続きを読む

スペイン政府はカタルーニャ独立を認めるべきか?

 民は官のためにあるのではない。 官が民のためにあるのである。 民は官を造ることができるが、官が民を作ることはできない。 カタルーニャ州では9割の民が独立に賛成だという。 民意を無視する官は、民のための官とはいえまい。...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村