記事一覧

自民党は「北朝鮮のおかげ」で衆院選で大勝できたのか?

 麻生太郎副総理の失言には2種類あろう。 「本音ポロリ」と「たとえ不適切」である。「(自民党が大勝できたのは)北朝鮮のおかげもある」 というのは、「本音ポロリ」のほうであろう。 今回の解散は、北朝鮮が暴れていなければなかった話であった。 よって、「自民党は北朝鮮のおかげで勝った!」 というのは、ウソではないことになる。 ただし、北朝鮮は「米韓のおかげ」で暴れているのである。 米韓の存在がなければ、北...

続きを読む

神戸製鋼は米司法省の手のひらの上で転がされているのか?

 アメリカは日本の大企業に大規模な諜報活動を行い続けてきたのである。 このくらいの不正のネタぐらい、いくらでもつかんでいるはずである。 今はたまたま立て続けにいろいろな大企業のボロが暴露されているだけのことであろう。 いや、たまたまではあるまい。 アメリカの軍事戦略の一環として行われているのであろう。...

続きを読む

小池代表は左派を切り捨てても勝てる秘策を持っていたのではないか?

 ジャスティン・トルドー加首相は46歳。 エマニュエル・マクロン仏大統領は39歳。 セバスチャン・クルツ墺次期首相は31歳。   小池百合子希望の党代表は、民進党左派を切り捨てても衆院選に勝てる秘策を持っていたように思えてならない。 彼女は策士なのである。 軍を率いるよりも、勝ち馬に乗るのがうまいのである。 小泉純一郎氏との会談は、原発ゼロが本題ではあるまい。 小泉進次郎氏を自民党から引き抜き、希望の党...

続きを読む

なぜ野党は政権交代できなかったのか?

 自民党本部のスジの話。「総理」「なんだ?」「台風一過です」「21号と、小池旋風いう台風の目のことだな?」「それにしても、希望の党は無残でした」「負け組のはずの立憲民主党にも負けてるもんな」「野党連中もバカですよね~。戦いの前に分裂してなかったら、我々自公政権も負けちゃったかもしれませんよ~」「かつての民主党の鳩山旋風のようにな」「小池代表の失敗はそれですよ。民主党を嫌うばかりに、民主党が成功した手...

続きを読む

政治家は台風被災地の中で当選を喜べるのか?

  大丈夫民のことよりまず自分...

続きを読む

迫る超大型で非常に強い台風21号

 ある家庭のスジの話。「ママ~」「なあに?」「ムロカゼ、こわいよ~」「『ムロ風』じゃなくて『台風よ』」「ムロカゼ、メがでかいよ~」「ムロ風じゃなくて台風」「ムロカゼ、いきおいつよすきだよ~」「ムロ風じゃなくて台風だってぱ!」「ムロカゼ、あやしーショーニンのくせに、シーエムよくでてるんだよ~」「ムロツヨシかい!」●台風●...

続きを読む

なぜ政府はネット選挙を導入しないのか?

 安倍首相のスジの話。「総理」「なんだ?」「日本ではなぜネット選挙を導入しないんですか?」「検討中だ」「でも、すでに導入している国もあるんでしょ?」「日本ではまだ早い」「国民は休日まで身なりを整えてわざわざ出かけるのが面倒なのです。ネット選挙を導入すれば、お出かけせずにすむんです。候補者側だって経費は削減できますし、嫌われものの騒音選挙カーを乗り回さなくてよくなるんです。投票率アップは確実ですよ。...

続きを読む

なぜ二世タレントにクズは多いのか?

 安倍首相のスジの話。「総理」「なんだ?」「タレントの清水アキラさんが息子の不祥事で号泣会見していました」「覚醒剤は最低だね」「それにしても、二世ってクズが多いですよね?」「そうかな?」「だいたい親の七光りで実力もないのに業界に居座るのがおかしいんですよ」「……」「もちろん、二世全員が全員実力がないとは言いませんが、普通はそこそこ実力があっても浮かばれません。コネでもない限りつぶされるのが普通な世界...

続きを読む

「斬首作戦」や米韓合同軍事演習などの機密資料を北朝鮮に漏らした韓国

 韓国を信じるほうがおかしい。 韓国が裏切る国だということは、日本が一番良く知っているはずである。 韓国には親米と親朝が共存しているのである。 とりあえず日本は嫌いなのである。 戦争は嫌だし、ましてや同一民族では戦いたくはないはずである。 日本は対岸の火事には手を出さないことである。 圧力一辺倒の外交はやめるべきである。 アメリカにけしかけられ、韓国に裏切られれば、日本だけが「会津藩」にされてしま...

続きを読む

消費増税阻止の財源は大富豪や大企業に求めるべきか?

 消費増税阻止には賛成である。 が、消費増税阻止の財源を大富豪や大企業に求めるのは無理であろう。 彼らは守銭奴なのである。 金を使わないから金持ちで居続けられるのである。 そんな強欲な彼らに、「貧乏人を救うためにお恵みを!」 と、頼んだところで聞いてくれるはずがないではないか!  別に金持ちに金を出させなくてもいいのである。 金持ちが税金を払うのが嫌なら、普通人も貧乏人も誰も払わなければいいのであ...

続きを読む

アメリカはユネスコを脱退するのに日本は脱退しないのか?

 残って得なことがあるのか? 今でさえ日本は世界一ユネスコにカネを払わされているのである。 日本の世界遺産にはカネを払ってもらえないのに、外国の世界遺産にはカネを払わされているのである。 今のところは不戦国家の日本が、何ゆえ他国が戦争で壊した遺跡の修復などにカネを出さなければならないのか?...

続きを読む

安倍首相は憲法改正に本腰を入れるのか?

「ケンカをするな」 という決まりから、「ケンカをしてもいい」 という決まりに変更するのは、改正とは言わない。 改悪というのである。「アメリカに押し付けられた憲法」 というのなら、捨てるのが常道であろう。 何ゆえ捨てずに、いじって使い続けるのか? この国には、押し付けられていない憲法も併存するではないか。 戦争ができる国になるのは意味がない。 戦争をやるからには、勝てる国にならなければどうしようもな...

続きを読む

なぜ朝鮮労働党創建記念日に目立った動きがなかったのか?

 官邸のスジの話。「おい」「何ですか?総理」「昨日は北朝鮮の記念日じゃなかったのか?」「朝鮮労働党の創建記念日でしたね」「ミサイルは撃ったか?」「いえ、聞いておりません」「核実験はしたのか?」「いいえ」「どうして記念日なのに、何かデンジャラスなことをしでかしてくれないんだ?」「おそらく衆院選、特に、総理に利用されていることに気づいたのでしょう」「!」...

続きを読む

衆院選2017の争点は何か?

 主張だけなら誰でもできる。 具現ができないだけである。 衆院選の争点は、あるように見えて、ない。 民意は以下の3つであろう。  1.対等な日米同盟  2.脱原発  3.増税路線反対 各党、これらの是非を公約に掲げているが、どれもアメリカは許してくれまい。 聞く耳持たないのは、1と2である。 米軍政下にある日本は、軍事と核では意見できない。 望みがあるのは、3だけである。 アメリカが日本を増税させ...

続きを読む

体育の日2017

 安倍首相のスジの話。「総理」「なんだ?」「本日は体育の日です」「だな」「運動とか、されてますか?」「選挙はいい運動になるよ」「運動会は出ないんですか?」「無理だね」「かけっことか?」「選挙で走るから十分だよ」「かけっことか?」「……」「加計っ子とか?」「うるせえ!」...

続きを読む

衆院選2017は三つ巴の戦いなのか?

 三つ巴のはずはない。 すでに「小早川(希望)」は裏切り、東軍(右)vs.西軍(左)の二極対決に変わった。 勝敗ももう決しているようである。 各人すでに戦後のために動いているであろう。●衆院選●...

続きを読む

ノーベル平和賞は「国際非政府組織(NGO)核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」はアリか?

 賞は当事者にやるものである。 後援者にやるものではない。 結果に与えるものである。 過程に与えるものではない。 現実に渡すものである。 妄想に渡すものではない。 国際非政府組織(NGO)核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)は、当事者としてがんばったわけではない。 後援者として「がんばろう!」と、呼びかけていただけであろう。 彼らが活動した結果、核放棄した国が一つでもあるであろうか? 世界は核廃棄どころか...

続きを読む

ノーベル文学賞は長崎出身英国人のカズオ・イシグロ氏

 ある会社のスジの話。「ノーベル文学賞、決まったねー」「また村上春樹氏は受賞を逃したね」「でもおかしいよな。世界にはあまた作家がいるのに、どうして毎年彼だけを話題にするんだろうな?」「こうなったらずっと受賞しないほうがいいんじゃないの?受賞しちゃったら、翌年からはもう話題にならないでしょ」「それにしても村上さんを破った受賞者は立派だよ」「なんて名前でしたっけ?」「オカズ・オイシク氏」「カズオ・イシ...

続きを読む

今度こそ消費再増税は断行されるのか?

 安倍政権は衆院選に勝つであろう。 が、増税推進派が勝つわけではない。 増税反対派が数で勝っても、「たぬき」に化かされたため、選挙では勝てないのである。 結果、消費再増税は民意に反して断行されるであろう。 かつて日本は一億総中流社会といわれていた。 が、消費税が創設されて以降、中間層の生活水準が低下していった。 富裕層が税逃れで払わなくなった分を、中間層が肩代わりしてきたようなものである。 この上...

続きを読む

スペイン政府はカタルーニャ独立を認めるべきか?

 民は官のためにあるのではない。 官が民のためにあるのである。 民は官を造ることができるが、官が民を作ることはできない。 カタルーニャ州では9割の民が独立に賛成だという。 民意を無視する官は、民のための官とはいえまい。...

続きを読む