記事一覧

横綱日馬富士関引退

 寂しい話である。 が、日馬富士関は利口であろう。 現状で一番いい時に決断をしたといえよう。 その利口さを、なぜ暴行時には忘れていたのか? ただ、相手が貴乃花部屋の力士でなかったら警察沙汰にはなっていなかったであろう。 彼は運が悪かったと言っているわけではない。 悪事が隠蔽(いんぺい)されていいことなど、何もないであろう。●日馬富士●...

続きを読む

なぜテレ東の番組「池の水ぜんぶ抜く」が話題なのか?

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「テレ東の番組『池の水全部抜く』ってのが結構話題になっているそうです」「なんだそれは?」「正月特番では卑弥呼伝説のある古墳のお堀の水を抜くそうで」「すごそうだな」「でも、番組が当たると、他局でも似たような番組を始めますよね~」「二匹目のドジョウってやつだね。今回はどんなパクリ番組が始まるんだろう」「たとえば、『山の木全部切る』とか」「やりそうだな」「『川の水全...

続きを読む

北朝鮮のミサイルはアメリカ全土を射程圏内に収めたのか?

 日本政府の対応には危うさしか感じない。 北朝鮮はアメリカしか見ていない。 にも関わらず、政府はその視界の中に入ろう入ろうとしている。 アメリカを信じ過ぎれば、戦前の二の舞いである。 日本単独で北朝鮮に対抗できるような防御態勢を構築するまでは、やたらと騒ぐべきではないであろう!●北朝鮮 ミサイル●...

続きを読む

山本幸三前地方創生相の「なんであんな黒いのが好きなんだ」発言はアリか?

 山本幸三前地方創生相のスジの話。「山本先生」「なんだ?」「『なんであんな黒いのが好きなんだ』って失言されたそうで?」「あれは失言じゃないよ。アフリカが暗黒大陸って呼ばれていたことから連想してつい出ちゃった言葉なんだ」「そうなんですか」「そうなんだよ。失言じゃないんだよ」「それならよかったです~」「ところで、君」「なんですか?」「総理はなんであんな白いのが好きなんだ?」「!」...

続きを読む

法人税を減税するなら消費税も減税すべきか?

 法人税だけを減税したところで意味はない。 消費税も減税しなければ消費にはつながらない。 日本はあらゆる税金を軽減し、全土で租税回避地を目指すべきである。 財源論は不要である。 財政をロボットに任せた世界で最初の国になるべきであろう。●租税回避地●...

続きを読む

横綱はありがたいものなのか?

 安倍首相のスジの話。「総理」「なんだ?」「横綱って、ありがたいですよね~?」「日馬富士もか?」「日馬富士のことを言っているんですよ」「どういうことだ?」「今月の事件史は、『座間事件のち日馬富士問題』でした」「確かに」「日馬富士のおかげで、国民はモリカケのことをすっかり忘れちゃいました」「……」「総理にとって、横綱って、ほんと、ありがたいものですよね~?」「……」「日馬富士暴れてくれてオレは無事」「……...

続きを読む

米朝戦争開戦時に在韓邦人はどうなるのか?

 政府は朝鮮有事の際の在韓邦人脱出計画を策定するというが、無意味である。 アメリカが北朝鮮を攻撃する場合、事前に日韓に通知するはずがない。 それをすれば、北朝鮮に教えるのと同じことになるからである。 政府はアメリカの言いなりで武装しているため、戦争をやるからには勝たなければ意味が無いことを忘れている。 東京からの脱出も考えなければ、頭隠して尻隠さずになるであろう。●米朝戦争●...

続きを読む

森友学園問題の国有地売却超絶値下げで不自然な点は何か?

 安倍首相のスジの話。「総理」「なんだ?」「籠池さんって友人ですか?」「アンナノは友人じゃないよ」「加計さんは友人ですよね?」「ああ」「それが不自然なんですよ」「何がだ?」「普通は友人に値引きして、友人じゃない人には値引きしませんよね?」「……」「では、加計さんにはどんなおいしいことをしてあげたんですか?」「!」●森友学園●...

続きを読む

ジンバブエのムガベ大統領が辞任

 ジンバブエ国民がムガベ大統領の汚職やグレース夫人の豪遊に怒るのは正常である。 全く無関心な日本国民が異常なのである。 ジンバブエには日本国民の血税が大量に投入されているのである。 これらを不当に使われて全く怒らない日本国民は、バカヤローであろう。...

続きを読む

北朝鮮は「テロ支援国家」なのか?

 北朝鮮は悪には違いない。 が、テロ支援国家かどうかとなると疑問符がつく。 北朝鮮はどこかのテロ組織を支援しているのであろうか? テロ組織を支援しているというより、自らテロを行っているのではあるまいか? よって北朝鮮は、テロ国家であっても、テロ支援国家ではないであろう。 テロ支援国家とは、米露などのことをいうのである。 米露はシリア内戦で互いに「テロ組織」を支援して代理戦争を行っていたものであった...

続きを読む