記事一覧

入水自殺した西部邁(にしべすすむ)氏「言論は虚しい」

「ペンは剣よりも強し」 は、もっともである。 言論は、武力よりも永続性があり、広範囲に及ぶからである。 が、今この場所で戦いたいヤツにとっては、武力に勝るものはない。 だからこそ、言論という理想を捨て、テロという現実に向かう者もいるのであろう。 西部氏は両方やった方である。 両方やったからこそ、両方の虚しさがわかっていたはずである。 にも関わらず、「言論も虚しい」 ではなく、「言論は虚しい」 と、...

続きを読む

安倍首相は平昌五輪の開会式に出るべきか?

 安倍首相のスジの話。「総理」「なんだ?」「平昌五輪の開会式には出られるんですか?」「韓国の態度次第だね」「出ないほうがよろしいかと」「どうして?」「韓国の空港に降り立ったとき、赤じゅうたんの両脇に慰安婦像がズラリと立ち並んで出迎えているでしょうから」「……」...

続きを読む

トランプ政権下で米経済は回復しないのか?

 人は本音を隠すが、カネは本音を隠さない。 株価は本音の集合体であろう。「(トランプ政権下で)米経済は回復しない」 経済学者ポール・クルーグマン氏が予想を外したそうである。 トランプ大統領が選んだフェイクニュースのトップに選ばれたそうである。 ただし、私の予想は今のところは予想内に収まっている。 トランプ大統領が任期前に辞めない限り、当たるものだと信じている。 その場合、それがきっかけで暴落が起こる...

続きを読む

平昌(ピョンチャン)五輪は政治利用されているのか?

 核保有を目指した国は多くあった。 が、核放棄した国はどこにもない。 4か国の考えを変えさせるのは難しい。 2か国の考えを変えさせるほうが易しい。 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、監督ではなく大統領であろう。 彼にアイスホッケーの知識はあるのであろうか? スポーツド素人の政治家が、選手起用に口を出すのは、政治利用ということであろう。 南北会談は八百長である。 韓国は北の核怖さにわざと負けたのである...

続きを読む

イプシロン3号機打ち上げ成功

 喜ばしいことであろう。 開発を急ぐべきであろう。 理想を騒ぐより、現実を遂行すべきであろう。 ミサイル――、いや、ロケット機能のより一層の向上を期待したい。...

続きを読む

日本政府は北朝鮮への圧力を訴え過ぎではないか?

 日本政府には騒ぐなと申し上げたい。 アメリカの前面に立ってまで、北朝鮮に吠えるなと申し上げたい。 一緒に吠えていた韓国は、降りたのである。 日本だけが吠え続けていれば、北の暴発先は日本になるであろう。 何度も申し上げているが、不戦国家に圧力最大化など無理である。 改憲してアメリカ言いなりの軍隊を創ったところで、利は得られないのである。 日本の残された唯一の選択肢は、黙って核武装しかないであろう。...

続きを読む

ムーミン谷はフィンランドにあるのか?

 センター試験で出題したからには、ムーミン谷がフィンランドにあったという根拠を示すべきであろう。 方法はいくらでもある。 ムーミン谷の遺跡を示せばいいのである。 一次史料を出せばいいのである。 ムーミンの関係者に証言させればいいのである。 ムーミン本人を登場させればいいのである。 どうしても根拠を示せない場合は、ムーミンのきぐるみを着ていじられるしかあるまい。...

続きを読む

トランプ大統領の「うんこ穴」発言はナシか?

 うんこは人種に関係なく、誰でもするものである。 ケツの穴は人種に関係なく、誰にでもあるものである。 便所は人種に関係なく、どこの国でもあるものである。「うんこ穴!」 言ったトランプもバカヤローであるが、言われた方も、「おまえだって、うんこ穴じゃないか!」 と、返せばすむ話ではないか。 トランプは何も特定の人々のハンディーを口撃したわけではないのである。 日本のメディアもおかしな規制をしている。 ...

続きを読む

日本が中露の密貿易の邪魔をするのはアリか?

 ナシであろう。 日本は世界の警察ではない。 中露の密貿易を監視する権限などないはずである。 北朝鮮の邪魔だけなら影響あるまい。 日朝間では商売はないからである。 が、中露とは商売しているのである。 中露の商売の邪魔をすれば、経済に影響が出てくるであろう。...

続きを読む

北朝鮮は米韓を分断しようとしているのか?

 逆であろう。 南北朝鮮は同一民族である。 朝鮮を分断したのはアメリカら連合国なのである。 北朝鮮は元の状態に戻そうとしているだけなのである。 統一そのものには韓国も反対しまい。「日米韓が連携して北朝鮮に最大限の圧力を」 そう訴える日本政府は誤りである。 韓国は反日を国是としているのである。 圧力というものは、軍事力に物言わせて行使するものである。 アメリカに軍政権を奪われている国が口にできること...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村