FC2ブログ

記事一覧

沖縄本島に地対艦ミサイルを配備するのはアリか?

 中国が沖縄を狙っているのは間違いない。 が、武力ではなく、カネの力で締め上げてくるはずである。 したがって、地対艦ミサイルなど何の役にも立たない。 沖縄の脅威は海からではあるまい。 空からは何度も落ちてきているのである。 沖縄本島に配備すべきは、地対艦ミサイルではなく、地対空ミサイルであろう。...

続きを読む

あれほど南北の友情を警戒していた日米韓メディアが何ゆえ日韓の友情は絶賛するのか?

 国の都合というものであろう。 友情に国境はない。 ないと言っているにもかかわらず、官の都合で境を作っている。 史上、どれだけ多くの友情が官によって壊されてきたであろうか? 中東では、今でも壊され続けているのである。●平昌五輪●...

続きを読む

日本だけが東シナ海でやらされている北朝鮮への「瀬取り」監視は米韓と協力して続けるべきか?

 米韓の協力を求める必要はない。 求めたところで応じるはずもない。 アメリカは損したくないのである。 韓国は自衛隊が嫌いなのである。 日本がやめればすむことである。 誰も得しないことを何ゆえ続けるのか? 北朝鮮への制裁を強化すればするほど、中露が得するだけである。 もはや極東では、非核保有国には発言権はなくなってしまったのである。 軍事的に日本がやるべきことは、核武装しかないであろう!●核武装●...

続きを読む

チンギス・ハンの肖像に男性器の落書きはナシか?

 アリであろう。「やりすぎ!!!イタズラくん」 と、題しているからには、やりすぎなければ詐欺になる。 漫画家さんが悪いわけではなく、たかが漫画に目くじら立てる方がおかしい。 この漫画「月刊コロコロコミック」は昔からある漫画なので見たことはあるが、もっとひどいものがまかり通っていたものである。 それらはよくて、チンギス・ハンならダメという判断もおかしい。 しかも、「無礼だ!」 と、怒り出したのは元朝...

続きを読む

スピードスケート女子マススタート高木菜那選手金

  な、なんとっ!四つ目の金獲っ高木●平昌五輪●...

続きを読む

カーリング女子銅

  顔面とモグモグだけで終われない銅●平昌五輪●...

続きを読む

朝鮮総連本部発砲犯は右翼なのか?

 本物の右翼に失礼であろう。 折も折である。 ニセ右翼がアメリカに援護射撃したつもりでいるのであろう。 アメリカファーストが右翼のはずはない。...

続きを読む

政府は「健全なカジノ」導入を目指しているのか?

 カジノには反対しない。 健全なカジノであれば、何の問題もあるまい。 が、最近の議論を聞いていると、かけ離れているようである。 論外なのは外資である。 外資では、反社会的勢力と関わりがあるかどうか調べようがない。 また、カネを移動させるだけのカジノだけではなく、ものづくりを盛んにする複合施設を充実させるべきである。 多角的な収益があれば、入場料など取る必要はない。「週3回月10回まで」 という入場制...

続きを読む

米軍基地周辺でドローンを飛ばさないようお願いする防衛省

 恥はさらすものではない。 すすげない恥は、耐え忍ぶしかない。 鳴き声を上げるよりは、黙っているほうがいい。 確かに、米軍基地周辺でドローンを飛ばすのは好ましいことではない。 が、米軍が言うことであって、防衛省が代弁することではあるまい。 防衛省は国民の声は聞いてくれないのである。 国民の声を聞いてくれない防衛省が、何ゆえ米軍の声は聞くのか? 防衛省は国民にお願いする前に、米軍に横暴を止めるようお...

続きを読む

スピードスケート女子団体追い抜き(パシュート)金

  追い抜いて振り返ってもおらんだー●平昌五輪●...

続きを読む

極東休戦中東激戦

 極東は平和の祭典である。 中東は戦争に再転である。 凶徒が離散したところで、米露の代理戦争は続いている。 事もあろうに日本は、両陣営に血税を投入して火に油を注いでいる。 極東も他人事ではなくなったことを思い知るべきであろう。...

続きを読む

裁量労働制とは何ぞや?

 バカで申し訳ない。 最近よく聞くが、裁量労働制というのがよく解らない。 国会でも議論しているらしいが、ちんぷんかんぷんである。 したがって、データ不適切問題ですら、何が問題なのかよく解らない。 なので、新聞やネットで調べてみた。 調べれば調べるほど、理解不能になった。 そもそも論である。 みなし労働時間とは何なのか? 算出できない労働時間をどうやって算出できるのか? 要領なのであろう。 裁量労働...

続きを読む

スピードスケート女子500m小平奈緒選手金

  銀よりもなお上のアレ?応えらー!●平昌五輪●...

続きを読む

世界が核をやめられないのとアメリカが銃をやめられない理由は同じなのか?

 核を持とうとする国と、銃を持とうとする人の理由は同じであろう。 規制する側が違うだけであろう。 規制される者の理由が同じであれば、規制の仕方も同じにすべきである。 アメリカは銃をやめられないから、銃を容認しているのであろう。 世界が核をやめられないなら、核も容認するしかあるまい。 勘違いすべきではないことがある。 危険運転は悪であるが、車が悪なのではなく、運転者が悪なのである。 殺傷事件も同じで...

続きを読む

フィギュアスケート男子、羽生結弦選手金(連覇)&宇野昌磨選手銀

  怪我をして金譲るうの?嫌なんです●平昌五輪●...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »