記事一覧

戦争に向かっていた極東は平和に向かうのか?

 核放棄は喜ばれる。 少し口にしただけで世界から喝采(かっさい)される。 オバマ前米大統領なんか、ただそれだけでノーベル平和賞を獲っちまった。 今回の北朝鮮の件でも、南北首脳やトランプ米大統領が受賞候補に挙がっているという。 一方、日本はこのままでは永久に核放棄を目指すことはできない。 核保有しなければ、絶対に核放棄することはできない。 極東は平和に向かっている。 一年前と比べてみても、戦争危機は回...

続きを読む

金正恩委員長は善玉になったのか?

 戦争を唱える者は悪である。 平和を唱える者は善である。 仲違いさせようとする者は悪である。 仲直りさせようとする者は善である。 金正恩朝鮮労働党委員長が善玉に見えてきたのは、そういうことであろう。 が、善玉に見えてきただけで偽善者には違いない。 偽善と変わり身の速さは西洋列強のようである。 頑固な日本人の安倍首相には、真似できない芸当であろう。 できないならできないなりに、核保有ぐらいはすべきで...

続きを読む

ついに朝鮮戦争は終わるのか?

 戦争は反対である。 平和に反対する理由はない。 これで朝鮮戦争が終わった場合、北朝鮮の核保有が極東に平和をもたらしたことになる。 核保有国から見れば、気分の悪い話ではあるまい。 勘違いしていたことがあった。 核兵器は悪だと思い込んでいた時期もあった。 が、最近、そうではないことに気がついた。 暴走事件というのは、車に罪があるわけではない。 殺傷事件も刃物に罪があるわけではない。 乱射事件も銃に罪...

続きを読む

南北首脳会談in板門店

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「南北首脳会談、行われちゃいましたね」「おもしろくねえ」「握手からの~空手チョップ!は、ありませんでした」「ねーだろ」「『お腹の空気抜いたろか』ぷしゅー!も、ありませんでした」「ないない」「『どうぞどうぞ、地雷の上へ』も、ありませんでした」「ねーって」「『はーい、写真を撮りますよ~』ばきゅーん!ばきゅーん!も、ありませんでした」「ないってば」「『はかったな~!...

続きを読む

なぜ北朝鮮はあからさまに日本を無視するのか?

 北朝鮮には無視させておけばいい。 日本から歩み寄っても上手に出られるだけである。 いつまでも過去にしがみついていては未来はない。 日本は黙って核保有である。 北朝鮮が日本を無視する理由は、朝鮮中央通信の論評の通りであろう。「日本が『悪ふざけ』をするなら平壌(ピョンヤン)行きの切符は永遠に入手できなくなる」 北朝鮮は日本が単独で行っている東シナ海での瀬取り監視に怒っているのである。 また、日本が突き...

続きを読む

安倍首相は衆院解散を考えているのか?

 まったく考えていないはずはない。 覚悟はいつもしているはずである。 総理は、「(自身や夫人が国有地売却に関与していた場合は)首相も国会議員も辞める」 と、言ってしまったのである。 森友学園問題の直接指示証拠が出てきてしまったら、解散して禅譲するしかない。 解散すれば議員を辞めることになるし、禅譲すれば首相も辞めることになるからである。 証拠が出てこなければ、禅譲はない。 解散して小泉進次郎氏の顔で...

続きを読む

なぜ山口達也メンバー女子高生キス事件は2か月も過ぎて表沙汰にされたのか?

 山口メンバーと女子高生の問題ではあるまい。 女子高生とその友人の問題であろう。 山口メンバーと女子高生の問題であれば、すぐにバレたはずである。 友人のほうが事件に怒っていることになろう。...

続きを読む

日テレ広報部「(セクハラなと)個人の尊厳を不当に傷つける行為には、毅然とした対応を取る」

「毅然とした対応を取る」 とは、よく聞く文言である。 北朝鮮による拉致問題でも聞く文言である。 米軍による不祥事でも聞く文言である。 北方ほか領土問題でも聞く文言である。 中韓との歴史戦でも聞く文言である。 ようするに、「毅然とした対応を取る」 とは、どうにもならない案件に使う文言なのである。 口では、「毅然とした対応を取る」 と、言いながら、 内では、「打つ手がありませ~ん」 と、白旗を上げてい...

続きを読む

日本政府も中国政府のようになるのか?

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「北京大で起こった20年前のセクハラ自殺事件の情報開示を求めた女子学生が当局によって軟禁されちゃったそうですよ」「……」「善いことをしようとしている人を犯罪者扱いするなんて、ひどい話です」「そうか、その手があったか!」「!」...

続きを読む

ああ衣笠祥雄さん

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「元広島東洋カープの衣笠祥雄さんが亡くなりました」「知ってる。『継続は力なり』を身をもって示して国民栄誉賞をもらった方だね?」「そのとおりです」「彼の生き様には本当にハゲまされるよ」「ですね~」「私も彼を見習って、どんなに国民からたたかれようと、ずっとずっと総理の座にしがみつき続けてやるぞ」「!」...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
「歴史チップス」の桜田史弥です。

にほんブログ村 政治ブログ 世相批評へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村