FC2ブログ

記事一覧

ついに逮捕された樋田淳也容疑者

 安倍首相のスジの話。「総理」「なんだ?」「大阪から逃げていた樋田淳也容疑者が逮捕されました」「よかったよかった」「逮捕されたのは山口県です」「ほう」「愛媛で出会った自転車で日本一周を目指していた男とともに行動していたそうです」「ふうん」「総理。気づきませんか?」「何が?」「大阪と愛媛と山口ですよ」「はあ?」「森友と加計と総理でビンゴじゃないですか」「何も関係ねえー!」...

続きを読む

日米新通商交渉「物品貿易協定(TAG)」締結へ~なぜ日本は絶対に負ける戦いを続けるのか?

 しょせん外交も軍事である。 軍政下にあるアメリカとやりあったところで日本に勝ち目はない。 日米貿易交渉はすればするほど不利になるだけである。 もうこれ以上動くなと申し上げたい。 日朝交渉も同じである。 核保有国には核保有国だって手を焼くのである。 総理は金正恩委員長に会う用意などする必要はない。 日朝交渉は、日本が核保有してからの話である。...

続きを読む

広島東洋カープ3年連続9度目セV

  赤い赤い赤い仮面のV3...

続きを読む

相撲協会から貴乃花親方に圧力はなかったのか?

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「貴乃花親方が身を引きました」「残念だね」「相撲協会から圧力があったそうです」「ふうん」「協会は否定してしますが、圧力をかける側は圧力をかけているなんて言いませんよね?」「さあな」「圧力をかける側は圧力をかけているなんて言いませんよね?」「……」「圧力をかける側は圧力をかけているなんて言いませんよね?」「誘導尋問には引っかからねえぞコラーッ!」...

続きを読む

『新潮45』休刊~杉田水脈論義の何が問題なのか?

 性的少数者(LGBT)を犯罪者と同列に扱うのは問題である。 生産性のあるなしは問題ではない。 生産性のあるなしが問題なら、官の立場がない。 古来、官には生産性がない。 生産性がないから、民から税という名の上納金を取り上げて食いつないできたのである。 官がしてきたことは、恥ずべきことではない。 むしろ民は、官の傲慢(ごうまん)を見習うべきであろう。●杉田水脈●...

続きを読む

『平尾家の一族』~相続争いをなくすには何をすればいいか?

 偉人の子は偉人とは限らない。 タカがトビを生むことはざらにある。 よって、タカが成した財産をトビが相続する仕組みはおかしい。 相続争いをなくすには、相続をなくせばいい。 封建制のすべてを廃止しろとは言わないが、悪い点は改めるべきである。 近代法では、親族の罪で親族が罰せられる「連座制」はなくしたのである。 親族の功で親族が得をする「相続」も、同様に廃止すべきであろう。 富豪の財産は一代限りで官が...

続きを読む

パワハラや不正をなくすには何をすればいいか?

 好きなことをすれば楽しい。 嫌いなことをすれば苦しい。 好きなことはバリバリできる。 嫌いなことは全然できない。 パワハラや不正をなくすには、上司をAIにしてしまえばいい。 ロボットなら、汚職も忖度も改竄も暴力も圧力も権力闘争もしない。 政治家やスポーツ指導者などは、みなロボットと入れ替えてしまえばいい。 増税は悪政なのである。 今の政治家たちは悪の自覚すらない。 超高齢化社会では人間からだけの...

続きを読む

不祥事財務省の首領・麻生太郎財務相は失脚するのか?

 安倍首相のスジの話。「総理」「なんだ?」「麻生財務相は留任するんですか?」「……」「あれほどの不祥事を起こした省のボスなんですから、留任なんてありえないっすよね?」「……」「それとも、辞めさせられない理由でもあるんですか?」「……。彼を辞めさせてしまったら、真の黒幕の立場がない」「!」●森友学園問題●...

続きを読む

月に行きたいと思うか?

 うさぎは嫌いではない。 かぐや姫も嫌いではない。 しかしそれらは月にはいないのである。 月には売店もないのである。 旅行最大の楽しみは、土地土地のものを味わうことであろう。 景色よりも食い気であろう。 それに、確証はないが、宇宙には死後に行けそうに気がするのである。 何もしなくても行ける所に、自分から行こうとは思わない。 幼い頃、近所のデパート最上階にレストランがあった。 ショーウインドウにあっ...

続きを読む

安倍首相「次の国会に(憲法)改正案を提出できるよう一致結束して向かわなければならない」

 右翼はバカであろうか? アメリカに押し付けられた憲法が気に入らなければ、作り直すのではなく捨てるべきである。 この国にはアメリカの息のかかっていないもう一つの憲法があるのである。 大日本帝国憲法を改正してこそ、真の保守であろう。 左翼もアホであろうか? 憲法9条を死守したければ、話し合いで解決とかごまかすのではなく、現実的にどう国を守るかを示すべきである。 わからないのであれば、一つだけ思いつい...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »