FC2ブログ

記事一覧

植民地時代の日本による強制労働賠償を求めてきた北朝鮮の李種革(リ・ジョンヒョク)朝鮮アジア太平洋平和委員会副委員長

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「北朝鮮の高官が日本統治時代の強制労働に対する賠償を求めてきていますが」「おかしいな」「何がですか?」「北朝鮮は強制労働には賛同しているはずだが」...

続きを読む

ゆるキャラグランプリに組織票はアリか?

 終わりの始まりであろう。 組織票はゆるくはないのである。 組織票で勝ったとしても、ゆるさをなくしてしまったら、ゆるキャラではなくなってしまうであろう。 もちろん、現実的なキャラが売れないとは限らない。 しかしそれなら、わざわざ不便なキグルミを着る必要はないであろう。...

続きを読む

なぜ北方領土返還交渉はいつもうまくいかないのか?

 やられてもやり返さないからであろう。 日本は軍事も外交のうちだということを忘れている。 ロシアは北方領土にミサイル基地を造ったのである。 その砲口は日本に向けられているのである。 ミサイルを向けられたら向け返すのが礼儀というものであろう。 対して北朝鮮は株を上げた。 プーチン大統領はトランプ大統領にまとわりついている安倍首相より、堂々と渡り合っている金正恩委員長を買っているであろう。 はっきり言...

続きを読む

なぜいつも日本は北方領土返還交渉で遠慮するのか?

 不思議なのである。 戦後、ロシアとの領土返還交渉といえば、いつも北方四島の話だけである。 最近では、二島だけに縮小されてしまっている。 違うであろう! 江戸時代以降、日露両国は樺太と千島列島全域での交渉をしてきたのである! 千島を返せないのであれば、樺太を譲れとなぜ言えないのであろうか? ロシアが、「樺太も千島も第二次大戦の戦利品だ」 と、言い張るのであればそれでいい。 日本は次の戦争に向けて、...

続きを読む

陸自が民間車両を攻撃するのはアリか?

 日本は平和である。 シリアでは、この程度では誤爆にもされないであろう。 シリアでは、大勢の人が死んでもごまかされている状態なのである。 非核保有国ばかりがなぜこんなつらい思いをしなければならないのであろうか? 日本も非核保有国なのである。 願わくば、来年も再来年も平和であってほしいものである。...

続きを読む

パソコンを打ったことがない桜田義孝五輪相がサイバーセキュリティー担当相を兼任するのはアリか?

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「桜田さんはダメっす」「……」「だって、パソコン打ったことがない人がセキュリティー担当相ですよ」「いいじゃないか別に」「例えるなら、総理が共産党委員長になるようなもんですよ」「……」「これでも適任と言うんですか?」「……。わかった」「わかってくれましたか」「私が共産党委員長になればいいんだな?」「!」...

続きを読む

第二次世界大戦を終わらせたのは原爆なのか?

 前述したが、第二次世界大戦を終わらせたのは原爆ではない。 昭和天皇の御聖断が終わらせたのである。 私は今日の日本の平和を現出した御聖断を批判するつもりはない。 しかしこの御聖断が、「原爆が戦争を終わらせた!」「核は最強だぜ!」 という誤った解釈を世界に広めてしまったのは事実であろう。 あの時、日本はまだ戦えたのである。 確かに海軍はボロボロになっていたが、ほぼ無傷の陸軍が中国国内で展開していたの...

続きを読む

二刀流でナ・リーグ新人王になった大谷翔平選手(エンゼルス)

 官邸のスジの話。「総理」「なんだ?」「あの人気者がやってくれましたよ」「やったな」「国民みんな、ニコニコですよ」「うん」「いつかはこの日が来ると思っていました」「うんうん」「シャンシャンの独り立ち」「そっちかい!」...

続きを読む

「原爆万歳Tシャツ」を着ていた防弾少年団(BTS)は日本から排除すべきか?

 不愉快には違いないが、排除するほどのことではあるまい。 そもそも原爆を日本に投下しやがったのは米軍なのである。 チンピラ(防弾少年団)より、頭目(米軍)の刑を重くすべきなのである。 凶悪犯には何もできないにもかかわらず、愉快犯だけを槍玉に挙げるのは弱い者いじめである。 強きを助け、弱きをくじく行為こそ、何よりも不愉快なことであろう。...

続きを読む

政府の「移民政策」はアリか?

 外国人労働者の受け入れなど政府の「移民政策」には賛否両論ある。 両論あるゆえに実験が必要になる。 しかもこの実験は簡単に終われるものではない。 長期にわたる検証が必須になる。 移民政策については、弊ブログでも何度か紹介している持論がある。 いわゆる「竜宮城計画」である。 移民をいきなり日本国内に受け入れるのではなく、まずは「準日本国」で実験するのである。 日本の領海は広い。 人工島を造る場所など...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »