FC2ブログ

記事一覧

台風10号はすごいのか?

 ある家庭のスジの話。「パパ~」「何だい?」「タイフー10ゴーって、すごいの~?」「スゲーよ。ハンパねーよ」「オータニショーヘーセンシュよりスゲーの~?」「比べられないよ」「ハチムラルイセンシュよりスゲーの~?」「比べられないな」「シブノヒナコセンシュよりスゲーの?」「比べられないって」「パパよりスゲーの~」「比べられないってば」「ボクよりすごいの~?」「比べられないって言ってるだろ!」「すごいねー...

続きを読む

お盆2019

 ある家庭のスジの話。「パパ~」「何だい?」「オボンって、どうしてオボンっていうの~?」「……」「オボンってなになに~?」「……」「ケッ!だまってるってことは、しらないんだ~?」「知ってるって!」「じゃあ、オボンってどうしてオボンっていうの~?」「……。花火をボンボン打ち上げるからだよ」●お盆●...

続きを読む

核廃絶は可能なのか?

 核廃絶は願うべきであろう。 が、実際に核廃絶に動くのは問題である。 核兵器を廃棄したがるのは善人だけである。 悪人はいつまでも持ち続けようとするのである。 最悪な極悪人は最後まで持ち続けようとするのである。 核廃絶運動を進めれば、最悪な極悪人に天下を盗らせることになるであろう。 日本に大切なのは非核ではない。 最も大切なのは不戦なのである。 このまま日本が非核でい続ければ、核保有国によって戦争に...

続きを読む

NHKは企業からCM料を徴収すべきか?

 NHKには民営化論議の前の話がある。 公共放送でありながら、企業のCMをダダでバンバン流している問題がある。 ニュースに社名や商品名を仕込む企業がある。 堂々と新製品のニュースをねじ込んでくるツワモノもいる。 スポーツニュースは企業名のオンパレードである。 スポーツ中継では、球場や競技場にCMが散りばめられている。 ドラマやバラエティーやドキュメンタリーなどにも社名や商品名が仕込まれている。 視聴者は...

続きを読む

森友学園問題捜査終結はアリか?

 アリでいいはずはない。 そもそも捜査していたのであろうか? 操作していたのではあるまいか? 日本は法治国家のはずである。 司法権は独立しているはずである。 にもかかわらず、政権やアメリカの思うがままである。 理不尽をなくそうと動かない限り、テロ的事件は起こり続けるであろう。●森友学園問題●...

続きを読む

結局、自衛隊はアメリカのワナにかかるのか?

 ホルムズ海峡でなくても自衛隊は派遣すべきではない。 イエメン沖でもイランとサウジが争っていることには変わりない。 だからといって、日本はアメリカに抗する術を持っていない。 日本がすべきことは、一刻も早く核保有することである。●自衛隊●...

続きを読む

言論や表現の自由は守られるべきか?

 当たり前であろう。 言論や表現の自由を政治家が封殺するのは許されない。 が、国益や公益を守るのが政治家の務めである。 これを害するものがあれば、排除するのは仕方あるまい。 そもそも論であるが、芸術祭には芸術を展示すべきである。 芸術でないものは展示すべきではない。 芸術でないものが展示されていれば、教えてあげるのが好意である。 脅迫はいただけないが、指摘するのは当然であろう。 あいちトリエンナー...

続きを読む

唯一の被爆国として日本が取るべき道は何か?

 非難すべきはアインシュタインではない。 非難すべきは戦争である。 日本が取るべき道は不戦である。 非核も願うべきであるが、不戦より優先してはならない。 不戦を掲げながら、核保有国の脅したかりに抗する術は核保有しかない。 核保有国から戦争をふっかけられないためには、戦争に参加させられないためには、相打ちの覚悟を示すしかない。 核廃絶論者も区別してほしいものである。 非難すべきは核使用であって、核...

続きを読む

日韓関係が戦後最悪になったのは誰のせいか?

 アメリカのせいであろう。 一にも二にも三にもアメリカのせいであろう。 そもそもが韓国が反日になったのは、GHQによる日韓分断政策のせいである。 韓国政府がアメリカの圧力とアメリカへの忖度(そんたく)のために親日派を根絶やしにしたことから始まったのである。 結果、韓国には反日派と反日派の子孫しかいなくなってしまった。 そのため、事あるごとに反日魂が表に出てしまうのである。 韓国が日本に対して、「盗っ人...

続きを読む

NHKは民営化すべきか?

 NHKは公共放送である。 公共放送は公正であるべきである。 国民負担軽減に努めるべきなのである。 受信料を取るべき人から取らない今の仕組みは公正ではない。 受信料を止めてCMを流したほうが、よほど公正になるし、国民負担軽減にもなるであろう。●NHK●...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »