FC2ブログ

記事一覧

尖閣諸島は日中どちらが実効支配しているのか?

 尖閣諸島は日本固有の領土である。 が、近年では双方が尖閣海域に出入りしたいるため、どちらが実行支配しているかわからなくなってしまった。 どちらかが尖閣諸島に上陸して常駐すれば決定するが、もう一方が黙ってみているはずがない。 今は日中関係が安定しているので「水入り」ですんでいるが、将来、何かがきっかけで大きく動くであろう。●尖閣諸島●...

続きを読む

中東に行かされる海自がすべきこととは何か?

 何より命を守ることであろう。 どんな手を使ってでも自身の命を守り通し、日本に生還することであろう。 あなた方が守るべきは、中東にはない。 あなた方が守るべきは、日本で待っている人々である。 有志連合など、まやかしである。 正義の戦争など、どこにもないのである。...

続きを読む

日本郵政グループ3社長総退陣は何を意味しているのか?

 外的要因が大であろう。 かんぽの不祥事より、ゆうちょマネーが目的であろう。 安倍政権はカネがいるのである。 アメリカから軍費をせがまれているのである。 日本郵政グループ3社長総退陣は、金策のための「郵政国営化」といえよう。 いずれにせよ、ゆうちょマネーは狙われる運命にある。 国営ならアメリカ政府から、民営ならアメリカ企業から狙われるのである。●郵政●...

続きを読む

カジノ関連の賄賂をもらっている人は他にはいないのか?

 官邸のスジの話。「総理」「何だ?」「おやつのお時間です」「もうそんな時間か。今日のおやつは何だね?」「はい、どうぞ。とらやのようかん」「!」●秋元司●...

続きを読む

「上級国民」は死者をも冒瀆するのか?

 死者は慰霊するものである。 墓穴を掘り起こして冒瀆するものではない。 被害者はもう死んでいるのである。 熊沢英昭元次官は、これ以上何と戦おうというのか? 戦い続けたところで、不利なものしか出てこまい。 どんなに被害者をおとしめたところで、「親の顔が見たい」 と、言われれば、それまでであろう。 この事件の誘因は、以下の3点に尽きるであろう。  ・老害 … 前時代の価値観を後生に押し付けたがる。  ...

続きを読む

なぜ米軍普天間基地の辺野古移設経費は2.5倍超に膨れ上がったのか?

 アメリカは「思いやり予算」を4倍にしたいのである。 居候在日米軍を養う日本国民の負担経費をべらぼうに増額したいのである。 しかし、表向きに強行すれば、日本国民の反発を招くであろう。 そうさせないために、さりげなーく「仕方ない経費」を増やしてみたのであろう。 もちろん、この件だけでは全然4倍には届かない。 それでも、アメリカは不丈夫である。 秘密保護法を駆使すれば、いくらでも合法的に徴収できるから...

続きを読む

なぜ秋元司衆院議員は逮捕されたのか?

 不正に関わった疑いがあるからであろう。 IRへの参入を目指していた中国企業「500ドットコム」から現金300万円などの賄賂を受け取っていた疑惑があるからであろう。 それよりも重要なことは、中国企業に肩入れしていたからである。 アメリカは日本の政治家の動きを逐一監視しているのである。 だからこそ、連中の野望は実を結ばなかったのである。「日本のカジノはアメリカが仕切る。中国には利権は渡さん!」 見せしめとし...

続きを読む

なぜ和泉洋人首相補佐官は山中伸弥京大iPS細胞研究所(CiRA)所長に圧力をかけたのか?

 安倍首相のスジの話。「総理」「何だ?」「和泉補佐官が山中所長に圧力をかけた本当の目的を当ててみせましょうか?」「何だと?」「総理を不老不死にして、安倍永久政権を実現しようとしたんでしょ?」「!」...

続きを読む

死の直前にウソを付くような子供はいるのか?

 死人の方々にはお願いがある。 世の中を良くするためには、あなた方が化けて出るしかない。 理不尽に殺された方々は、これみよがしに加害者の前に出没してやるべきである。 もちろん、無茶苦茶に暴れ回ってもらって結構である。 やりすぎちゃったとしても、あなた方を縛る法律は何もない。 そうしていただければ、法なんかよりはるかに強い抑止力が生じるであろう。 教育委員会はクソであろうか? 死の直前にウソを付くよ...

続きを読む

大学入試はどうあるべきか?

 日本人は英語が苦手な人が多いという。 しかし、何も恥じることはない。 英語が苦手な日本人より、日本語が苦手な外国人のほうが、はるかに多いからである。 大学入試は公正であるべきである。 贔屓(ひいき)に向かってはならない。 マークシートを記述式に変えれば、「お手盛り」が出るであろう。 官から民間へ移せば、「お友達」に仕事を渡すであろう。 ただでさえ安倍政権は、お友達に優しく赤の他人に厳しい贔屓政権と...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »