FC2ブログ

記事一覧

続・全国の小中高に休校要請はアリか?

 政治家はわかっていない。 政治家は自分の代わりがいくらでもいるため、全くわかっていない。 世の中には、その人にしかできない仕事が多々あるのである。 カネさえ出せば代わりを立てられると思ったら大間違いである。 ヒツジを放牧すれば、オオカミが寄ってくるのである。 キツネやタヌキも化かしに来るのである。 イノシシやブタはどうしたのか? 安倍政権の唯一の長所ともいえる株価は風前の灯である。 今の政府のし...

続きを読む

全国の小中高に休校要請はアリか?

 覆水盆に返らずである。 機を逸してから何をしても無駄であろう。 安倍政権の新コロ対策はわけわからない。 イノシシ野放し、ブタ解放の後は、ヒツジ放牧である。●新型コロナウイルス(COVID19)●...

続きを読む

無症状でもうつっているかもしれないところが怖い新型コロナウイルス感染症(COVID19)

 官邸のスジの話。「総理」「何だ?」「新型コロナウイルス、怖いですね」「我々は怖いとか言っていられないんだよ」「でも、無症状でもうつっているかもしれないんですよ」「まだ大丈夫だ」「総理は陽性かどうか調べたんですか?」「調べてない」「そんなら知らない間にうつっているかも知れないじゃないですか」「うつってないって!」「総理がうつったら、私も濃厚接触者」「何を言っているんだ」「私と総理は濃厚接触者」「や...

続きを読む

安倍政権は自己責任論が好きなのか?

 好きとしか言いようがない。 新コロ対策も各位の判断に任せているようである。 何も安倍政権に限ったことではあるまい。 この際、民は学習すべきである。 有事の際に官は当てにならない。...

続きを読む

日本はどうなってしまうのか?

 官は「損切り」の機会を逃した。 専門家はますます「地獄変」である。 極論のはずの「1億総ひきこもり」が正論になりつつある。 官が何一つ「鎖国」政策を打ち出さなかったばかりに。 国民は勘違いしてはならない。 日本経済の失速は、新型コロナウイルスのせいではない。 新コロの影響は、一時的なものである。 慢性的な影響は、天下の悪税・消費税にあるのである。●新型コロナウイルス(COVID19)●...

続きを読む

安倍政権の新コロ対策の正体とは何か?

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ方法は2つある。 1つ目は、感染者を増やさないよう尽力することである。 2つ目は、感染者を見つけないよう検査を減らしたり、遅らせたりすることである。 本当は、2つ目は解決策になっていない。 それでも安倍政権は、こちらに重きをおいているようである。「軽症者は自宅待機してください」 医院に行かなければ、感染者数にカウントされない。 いかにも感染者が出ていないように見せ...

続きを読む

東京五輪では何を望むか?

 メダルなんてどうでもいい。 活躍なんてどうでもいい。 ただ、健康を祈るだけである。 選手も観客も、生存を望むのみである。●新型コロナウイルス(COVID19)●...

続きを読む

なぜ安倍政権は新コロ対策が後手後手とわかっていながら改めようとしないのか?

 桜やIRなどは問題であろう。 が、有事の今はどうでもいい。 新型コロナウイルス対策に全力を注いで欲しい。 経済対策など、これさえ解決すればついてくる。 安倍政権の新コロ対策は後手後手である。 政権も気づいているにも関わらず、改めようとしない。 安倍政権は都合が悪くなると隠蔽(いんぺい)や改竄(かいざん)に走り出す。 新コロ対策でも本性が現れてきたのである。 安倍政権は正確な情報を正直に提供し続けるべき...

続きを読む

東京五輪はロンドン五輪になるのか?

 デマはウソである。 ウソが前提なのである。 デマが真実になった場合、もはやデマとは呼べない。 東京五輪は中止にはならないであろう。 が、開催地が変わる可能性はあるであろう。 現にマラソンは札幌に移ったのである。 東京でも札幌でも、新型コロナウイルスが流行り始めているのである。 東京五輪開催の頃にはどうなっているであろうか? 現状、開催地が日本以外の都市に移っていないとは誰も言い切れまい。 国民は...

続きを読む

新型コロナウイルス情報を「大本営発表」にしていいのか?

 情報は漏れるものである。 隠したところでいずれネットなどで暴かれるであろう。 官は情報を隠してはならない。 民に不安を抱かせないために正確な情報を提供すべきである。 秘密にすれば、実害も風評被害も広がるであろう。 国民が知りたいのは、感染者がどこに入院しているかであろう。「個人情報なので教えられない」 は、当たらない。 国民は誰が入院しているかは興味あるまい。 どこに入院しているかが知りたいので...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »