FC2ブログ

記事一覧

新型コロナウイルス情報を「大本営発表」にしていいのか?

 情報は漏れるものである。 隠したところでいずれネットなどで暴かれるであろう。 官は情報を隠してはならない。 民に不安を抱かせないために正確な情報を提供すべきである。 秘密にすれば、実害も風評被害も広がるであろう。 国民が知りたいのは、感染者がどこに入院しているかであろう。「個人情報なので教えられない」 は、当たらない。 国民は誰が入院しているかは興味あるまい。 どこに入院しているかが知りたいので...

続きを読む

籠池泰典・諄子夫妻の裁判とは何なのか?

 籠池夫妻の裁判はスピンオフ作品である。 スピンオフ作品というものは、本編を公開してから公開するものである。 にもかかわらず、司法は森友学園事件の本編を公開せずにスピンオフ作品だけを公開した。 国民を攪乱(かくらん)して興味をそらせる魂胆であろう。 日本の司法制度に問題があることは、希代の守銭奴カルロス・ゴーンのヤローが世界に喧伝(けんでん)しやがった。 ハリウッドもこれをコケにする映画を作ろうとして...

続きを読む

なぜ中央は地方に「お荷物」を押し付けるのか?

 いつもそうである。 原発などもそうであるが、中央は地方をバカにしすぎている。 横浜港にいる新型コロナウイルス感染者たちを、何ゆえ愛知くんだりまで移すのか? 因縁もあるであろう。 安倍首相は長州出身である。 愛知県岡崎市は江戸幕府を創設した徳川家康の出身地である。 つまり、今でも長州は幕府をいじめているのである。...

続きを読む

安倍政権の新型コロナウイルス対応のどこがおかしいのか?

 豚コレラ改め豚熱(CSF)と同じである。 拡めているのはイノシシであろう。 ブタだけを拘束したところで何の意味もない。 新型コロナウイルス(COVID19)対応の極論は、「鎖国&1億総ひきこもり」であろう。 だが、「ひきこもり」は民でもできるが、「鎖国」は官しかできない。 官が動かなければ、民が過剰に反応するしかなく、実害と風評被害が拡大するであろう。●新型コロナウイルス(COVID19)●...

続きを読む

「5G」とは何ぞや?

 ある家庭のスジの話。「ママ~」「なあに?」「『5ジー』ってなあに~?」「……」「『5ジー』ってなになに~?」「……」「ケッ!だまってるってことは、しらないんだ~?」「知ってるわよ!」「じゃあ、『5ジー』ってなになにな~に~?」「……。G(ゴキブリ)が同時に5匹も出てくる非常事態のことよ」「!!!」  ゴキブリが跳ねれば母も娘も跳ねる...

続きを読む

失敗した時はどうすればいいか?

 失敗はしないほうがいい。 しないほうがいいが、してしまうものである。 してしまった時は、謝るしかない。 謝る以上に大切なことは、自らの責任で誤ちを改めることである。 ウソを塗り重ねたところで、問題は解決しない。 もみ消しまくれば役職には居座っていられるかもしれないが、部下たちはたまったものではない。●安倍首相●...

続きを読む

安倍政権とは何なのか?

 安倍政権は勤労を浪費している。 忠義も浪費している。 献身も浪費している。 総理は気づくべきである。 官僚や自衛隊員や医師たちが無駄な仕事をさせられているのは、総理の尻ぬぐいなのである。 総理は上流階級とばかり飲み食いしているため、気づけないのである。 一向に総理が責任を感じない理由は、現場をわかっていないからであろう。●安倍政権●...

続きを読む

安倍政権は悪魔に魂を売ったのか?

 官は金の亡者である。 専門家は「地獄変」である。 最恐は2つある。 目に見えないものほど怖いものはない。 だからこそ、民はウイルスや放射能などを怖がるのである。 が、官はそれらを怖がろうとしない。 悪魔に魂を売ったものは、恐怖に鈍感になるのである。 悪魔もまた目には見えない。 しかし、人間に宿れば見えるようになる。 この世の中で、人間ほど恐ろしいものはない。 安倍政権は疫病対策に失敗したわけでは...

続きを読む

なぜ新型コロナウイルス感染症(COVID19)感染経路不明の日本人患者が次々出てくるのか?

 感染経路は不明でも、感染源は武漢とわかっている。 中国から伝染した他にどこから伝染したというのか? にもかかわらず、安倍政権の対応は遅すぎるし、甘すぎる!「もうどこで感染してもおかしくありません」 専門家と呼ばれる人たちの発言も、無慈悲すぎる! 東京! 神奈川! 北海道! 沖縄! 愛知! 和歌山! 感染が出た都道県は、中国人観光客に人気の都道府県ばかりではないか! あの中国が病魔を封じ込めらるはずは...

続きを読む

覚醒剤所持で逮捕された槇原敬之容疑者

 ある会社のスジの話。「マッキー、逮捕されたね」「らしいな」「彼が作った名曲たちが泣いているよ」「名曲って、どんな曲があったっけ?」「代表作は、『どんなときもシャブ』」「そんな歌はなかった」「あと、『ほんの少しだけヤク』」「それもない」「『僕が一番欲しかったブツ』」「ないない」「『もう薬なんてしない』」「ないって」「『どうしようもない僕に売人が降りてきた』」「ないんだー!」...

続きを読む

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »