FC2ブログ

記事一覧

火山の近くにある川内原発などを再稼働させてもいいのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 火山噴火の予知は困難だという。
 明らかに各地の火山活動は活性化している。
 川内原発の周囲には、桜島や霧島山や開聞岳といった火山が連立している。
 川内原発の再稼働を目論んでいる政府は、有事の際にどうするつもりであろうか?

 心配な原発は他にもある。
 原発が乱立している若狭湾も例外ではない。
 若狭湾の近くには、伊吹山という「死火山(現在はこの分類はない)」があるのである。
「死火山というのは有史以来噴火の記録がないものをいっていたんですよ~」
 そんな定義は前回(1979年)の御嶽山噴火で崩されたはずである。
 有史以来噴火の記録がなくとも噴火する可能性があるからこそ、「死火山」という分類がなくなったのではなかったのか?

 伊吹山は約3億年前に海底火山として誕生したという。
 陸地になった今でも、伊吹山の正体が火山であることは変わるまい。
 有史以来噴火していないというのも怪しい。
 日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が伊吹山で体調を崩した理由は、「怪物」のせいではなく、噴火のためではなかったのか?
 彼が遭遇した「大蛇」とは、火砕流ではなかったのか?
 彼が遭遇した「白猪」とは、噴石や火山灰ではなかったのか?
 彼の命を奪った「急病」の原因とは、火山性のガスではなかったのか?





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »