FC2ブログ

記事一覧

地球温暖化防止対策&イスラム国対策


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 温暖化防止の議論など笑止である。
 自然のことは人間がとやかくできる問題ではない。
 温暖化には前例がないわけではないのである。
 人間は自然をなめすぎている。
 人間が苦心して行うより、自然はいとも簡単に修正してのけるであろう。
 本当は人間も温暖化に危機感などない。
 金もうけをしたいだけであろう。

 弱者をいたわるのは善である。
 人間として素晴らしい行いである。
 一方で生物の基本は弱肉強食である。
 生物の一員である人間も、自然の摂理に逆らうことはできない。
 淘汰(とうた)なくして進化の秩序は保たれないのである。

「法の支配」と「力の支配」の関係もこれに似ている。
 強者がいなければ、弱者もまた存在できない。
 人間としての正論は、主に弱者が唱えるものである。
 が、生物としての正論を唱える者は逆ではあるまいか?

 強者のいい例が欧米である。
 私は欧米のやり方をよく批判するが、否定することはできない。
 しょせん、弱者というものはそこまでである。
 それでも戦う者は、笑われたり、敬われたりするのであろう。



● 地球温暖化対策(温室効果ガス削減交渉) ●

● イスラム教スンニ派過激派武装組織「イスラム国」 ●

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »