FC2ブログ

記事一覧

なにゆえ日本の捕鯨がこんなに嫌われるのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 法の支配は正義である。
 力の支配は悪である。
 それでも、力の支配がなければ、法の支配は続かない。
 今日の世界は、力の支配で権力を掌握した欧米が、法の支配で権力を維持している構図なのである。
 したがって欧米の力が弱まれば、法の支配も弱まるのは当然であろう。
 それでも法が平等であれば、法の支配は維持できよう。
 しかし法を作ったのは欧米であるから、どうしても欧米有利の法になってしまっている。
 このことが欧米以外の人々の不平不満をつのらせ、時には爆発させ、法の支配を揺るがしているのであろう。

 ウナギは日本人の食い過ぎであるが、クジラは欧米の陰謀であろう。
 何度も述べているが、動物愛護は建前であり、「頭のいい動物は食わずに頭の悪い動物を食え!」が本音なのである。
 だからといって、欧米有利のこの世界で日本に何ができようか?
 法の支配下で勝ちたければ、日本は力をつけるしかない。
 力とは、軍事力ではない。
 軍事力で欧米に勝ることは困難である。
 だからといって日本に勝ち目がないわけではない。
 軍事力というものは、自然の前にはひとたまりもないのである。
 自然力をつけることができれば、欧米など少しも怖くなくなるであろう!



● 捕鯨&シー・シェパード ●

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »