FC2ブログ

記事一覧

イスラム国危機に対する人道支援のため新たに1000万ドル(約10億7000万円)を大幅に上回る額を拠出する日本


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 納税は国民の義務である。
 が、民の「奉公」は官の「御恩」があって初めて成立するものである。
 官がザルに投じると分かっていながら税を納める民はバカ者であろう。
 それ以前に、そんな愚行をしでかす官はバカ者であろう。

 金は誰でも使えるものである。
 金自体に使用方法を書くことはできないのである。
 たとえ日本が人道支援のために金を拠出したところで、結局は戦費に使われてしまうであろう。
 味方に配り、敵に奪われ、戦火が拡大してしまうであろう。

 金の一部が避難民に回ったところで、本物の避難民かどうかを確かめるのは困難である。
 イスラム国には正規の軍人はいないのである。
 戦闘員は武器を隠すだけで非戦闘員に偽装できてしまうのである。
 イスラム国は正規の国でないため、シリア国民やイラク国民などに瞬時に戻ることもできるのである。
 当然、資金調達のため避難民に偽装する者も出てくるであろう。、

 イスラム国対策で大切なことは金を出すことではない。
 戦争をやめさせることなのである。
 それをせずに金を出したところで避難民は増え続けるため、継ぎ足しても継ぎ足してもきりがないであろう。



● イスラム教スンニ派過激派広域テロ組織「イスラム国」 ●

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »