FC2ブログ

記事一覧

米国人2人に続いて英国人も処刑した「イスラム国」


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 イスラム国のやり方は残酷である。
 が、彼らが米英と戦いたくないことも見て取れる。
 空爆でまとめて殺害してくる米英側に対し、イスラム国側は攻撃をやめるよう呼びかけ、期限を設けて一人ずつ殺害しているのである。
 このことを米英国民は理解すべきであろう。
 加害を報ぜず、被害だけを報じるメディアにだまされてはいけない。
 スンニ派の過激派であるイスラム国はシーア派と戦っているのである。
 もともと米英の敵はシーア派だったではないか。
 敵を味方とし、敵の敵を敵とすれば、米英に正義という大義名分はなくなり、いつ味方が敵になり、敵が味方になるかも分かったものではなくなってしまう。
 アラブ諸国の大半はスンニ派なのである。
 大国は軽々に動くべきではない。
 日本も他人事ではない。
 いや、米英以上に危ういであろう。
 集団的自衛権行使最初の相手がイスラム国になっちまうかもしれないであろう。





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »