FC2ブログ

記事一覧

国民の過半数が反対するようになった集団的自衛権行使容認


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 アメリカの官は金欠なのである。
 日本の官に戦費を出して欲しいのである。
 アメリカの民は戦争が嫌になったのである。
 日本の民に戦士を出して欲しいのである。
 出して欲しいではない。
 出せ!と命令しているのである。

 日本が集団的自衛権行使を容認してアメリカのために戦える国になれば、アメリカはカネや命を出さずにすむようになるのである。
 日本をアメリカの代わりに戦わせることができるようになれば、アメリカは敵から恨まれなくなり、テロリストの恐怖に怯えずにすむようになるのである。
 が、そんなことは日本の民が許さないであろう。
 現に過半数が集団的自衛権行使容認に反対しているという。
 それでもアメリカは余裕である。
 日本の民に断られたとしても、官にやらせてしまえばすむことである。
 米軍は日本の軍政を仕切っているのである。
 アメリカの諜報機関は、首相以下の秘密を握っているのである。
 日銀という国の財布も握っているようなものである。
 人質としての皇族も欧米は取り続けているのである。
 メディアも「力による支配」には手も足も出せないのである。
 今に始まったことではない。あの敗戦から一貫していることである。
 今までもこれからも、日本はアメリカに統制され続けるしかないのである。




● 集団的自衛権 ●

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »