FC2ブログ

記事一覧

ユネスコ世界記憶遺産に「南京」「慰安婦」を登録申請した中国&「特攻」を取り下げた日本


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 登録申請は自由であろう。
 世界記憶遺産にふさわしいかどうかはユネスコが決めることである。
 日中両政府が互いに非難し合ったところで意味はない。

 中国が「南京」の申請を強行し、日本が「特攻」の申請を取り下げたのには理由がある。
 ユネスコが国際連合、つまり、連合国の機関であることを思い出せば分かるというものである。
「被害者」と「加害者」では、被害者に分があると見たのであろう。
「特攻隊員も戦争の被害者だ!」
 というのは日本だけの考え方であって、連合国支配の世界では通用しない。
 連合国にとっては、戦争自体は悪ではなく、敗者だけが悪なのである。
 連合国からすれば、特攻は自爆テロである。
 世界中で自爆テロが横行する今、ヤツらの先駆者の手紙を世界記憶遺産にすることなど連合国が許すはずがないであろう。

 無念と思うのであれば、連合国をつぶすべきである。
 敗者が悪ではなく、戦争を悪とする新国際連盟を設立し、その世界記憶遺産に申請すればいいのである。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »