FC2ブログ

記事一覧

日本がアメリカを守るための集団的自衛権行使を容認する前にすべきことは何か?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 溺れている人を助けようと泳げない人が飛び込んだところで犠牲者が増えるだけである。
 チンピラに絡まれている女性を助けようとチンピラより弱い男性が立ち向かったところで返り討ちにあうだけである。
 これらと同じことであろう。
 自衛隊が米軍を助けるようにするには、自衛隊に米軍並みの軍事力を持たせなければならないのである。
 そのためには、アメリカ国民から思いやり予算をガッポガッポ徴収し、アメリカ国内に自衛隊基地をバンバン乱立させるくらいのことをしなければならないのである。
 そのような非現実的なことを議論する必要はない。

 そもそも戦争とは、力の支配を認めることである。
 力の支配の前には、法など全く無力なのである。
 よって、戦時のための法整備という無意味なことをする必要はない。
 法を順守しながら戦争で連戦連勝する国が歴史上にあったであろうか?
 第二次大戦でもそうだったではないか。
 連合国が国際法を守り続けていたとしたら、枢軸国には勝てなかったであろう!



● 集団的自衛権 ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »