FC2ブログ

記事一覧

日本は朝鮮戦争に巻き込まれてしまうのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 ヤマト政権がたたこうとしたのは新羅である。
 筑紫国造磐井が邪魔したため磐井の乱にすり替わったのである。
 武田信玄がたたこうとしたのは小笠原長時らである。
 上杉謙信が邪魔したため川中島の戦にすり替わったのである。
 徳川家康がたたこうとしたのは上杉景勝である。
 石田三成が邪魔したため関ヶ原の戦にすり替わったのである。
 これらと同じことであろう。
 北朝鮮がたたこうとするのはアメリカであろう。
 日本が集団的自衛権を行使して邪魔をすれば、日朝戦争にすり替わってしまうであろう。

 朝鮮戦争の当事者は米韓vs中朝であった。
 中国が離脱したため、今は米韓vs朝である。
 アメリカも離脱したいが、韓vs朝にするのはまずい。
「北朝鮮は核を持ったし、ソウルはあまりに国境から近すぎる」
 そこでアメリカが思いついたのが、日韓vs朝にすり替えることであろう。
 
「拉致問題は米韓と連携して解決しよう」
 日本政府が考えているのは逆効果である。
 朝鮮戦争は終わっていない。
 米韓は北朝鮮の敵国なのである。
 が、日本は敵国ではない。
 敵国ではないが、敵国と連携すれば敵とみなされる。
 日本が拉致問題で米韓と連携して得なことはない。
 損なことはあるであろう。
 米韓は日本を北朝鮮の敵国にしてしまいたいのである。
 その証拠にアメリカは防衛問題で、韓国は歴史問題で、安倍総理の右傾化路線に油を注いでくれているではないか。

 拉致問題を解決しようとしている国が右傾化はない。
 戦争になれば、日朝双方が拉致の応酬を行うようになるであろう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »