FC2ブログ

記事一覧

続々・中国の挑発と日本包囲網構築


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 中国は台湾は中国だと言っていた。
 尖閣も中国領だと言っている。
 沖縄も中国領だったと言い出した。
 次のターゲットが日本本土であることは容易に推測できる。

 尖閣国有化以降、中国の日本つぶしは本気である。
 尖閣をおとりにして外堀から埋めにかかっている。
「兵糧攻め」は中国軍が自衛隊に勝てるまでの時間稼ぎである。
 むろん、在中日本企業群は、まな板の鯉のように次々とさばかれていくであろう。

 だからといって日本に何ができよう?
 いくら軍事力を強化したところで、日本は戦えない国である。
 日本国憲法の不戦条項を言っているわけではない。
 日本国憲法は日本の憲法である。
 自衛隊がクーデターを起こして憲法を停止すれば、いつでも戦えるわけである。
 が、「世界の憲法」はどうにもならない。
 国際連合憲章の敵国条項は、日本だけで変えられるものではない。
 敵国条項が存在するうちに日本が戦争を起こせば、自動的に世界の敵になってしまうのである。

 中国が「兵糧攻め」を仕掛けた真の目的はそれである。
 日本をヘロヘロにし、暴発に追い込み、連合国の敵国として成敗するつもりであろう!



● 中国の挑発と日本包囲網構築 ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »