FC2ブログ

記事一覧

集団的自衛権行使容認への説明会見を行った安倍首相


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 勝利は次善にすぎない。
 最善は不戦である。
 古来、数多の武道家が最強を追い求めてきた。
 結果、彼らが至った至極の境地とは、無であり、空であった。

 憎むべきは敵ではなくて戦争である。
 先の大戦で敗れた日本は、アメリカを憎まず戦争を憎み、世界に先駆けて永久不戦を憲法に明記した。
 これこそが人類の最高奥義であることを先人たちが教えてくれたのである。
 にもかかわらず日本は、いまだ戦争に明け暮れ世界中に敵を作り続けているアメリカを守るための集団的自衛権行使を容認するつもりでいる。
 日本が退化していることが情けないし、偉大な先人たちに申し訳ない。

「憲法解釈を変更しないと、日本人を輸送している米艦を守れないんですよ~」
 何をのたまっておられるのか?
 今の解釈でも生存権はあるのである。
 日本国民であれば、米艦にいようとどこにいようと生命を守られる権利は存在するのである。

 総理の会見に突っ込みたい点はいくらでもある。
 煩雑になるので二点だけ申し上げておく。
 法の支配を強調する者が、何ゆえ二重基準を設けるのか?
 力の支配を否定する者が、何ゆえ力を求めようとするのか?
 これらの矛盾点が生じた理由は、北朝鮮のミサイルに明らかである。
 北朝鮮のミサイルは前から日本に届いていたが、たいして騒いでいなかった。
 アメリカまで届くようになって初めてギャーギャーバタバタ騒ぎ始めたのである。
 これ一つとってみても、今回の憲法解釈の変更が、日本のためではなくてアメリカのためだということが分かるというものであろう。




● 集団的自衛権 ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »
  • Powered by RSSリスティング