FC2ブログ

記事一覧

続・集団的自衛権行使容認の議論で欠けているものは何か?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 列強は相談していた。
「清国は倒さなければならない」
「なら、俺がやろう」
「いや俺が」
「いや私が」
 そんな時日本が、
「では僕が」
 と、言ったとたん、
「どうぞどうぞ」
 ということになり、日清戦争が起こった。

 列強は相談していた。
「ロシアは倒さなければならない」
「なら、俺がやろう」
「いや俺が」
「いや私が」
 そんな時日本が、
「では僕が」
 と、言ったとたん、
「どうぞどうぞ」
 ということになり、日露戦争になった。

 二つの戦争によって日本は一等国になった。
 それと同時にこういうことにもなってしまったわけである。
「日本は倒さなければならない」

 現状、日本は不戦国家なので、
「では僕が」
 は、言わずにすむ。
 が、集団的自衛権行使を容認すれば、
「では僕が」
 を、言わなければならなくなるのである。
 その場合、何が起こるかは、
「どうぞどうぞ」
 であろう。



● 集団的自衛権 ●
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の筆者が最近のニュースにも口出しします。

月別アーカイブ

  • Archives »