FC2ブログ

記事一覧

アメリカを守るために集団的自衛権を行使することは亡国の所業ではないのか?


「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

 集団的自衛権行使容認については議論がある。
 が、分かりきっていることがある。
 アメリカを守るために集団的自衛権を行使することは、集団的自殺行為であることである。
 もし、アメリカ行きの弾道ミサイルを撃ち落してしまったら、日本本土が報復の連射攻撃を受けてしまうであろう。
 アメリカをもやっつける敵に対して自衛隊が攻撃すれば、当然、自衛隊だってやられてしまうであろう。
 日本国民は米軍にカネを出しているのに、米国民が自衛隊にカネを出してくれなければ、日本国民だけが一方的に損をすることになるであろう。
 戦争と平和という役割分担をしてきたからこそ、日米同盟は継続してきたのである。
 この根幹を崩してしまえば、同盟は崩壊するばかりか、そう遠くない日に必ず雌雄を決する時が来てしまうであろう!



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜田史弥.

Author:桜田史弥.
歴史チップス」の現代版です。

月別アーカイブ

  • Archives »