記事一覧

麻生太郎財務相「(佐川宣寿氏の国税庁長官任命は)適材適所だった」

 麻生財務相は佐川前国税庁長官を森友決裁文書改竄(かいざん)の首謀者だと言い張っているのである。
 つまり、麻生財務相は佐川氏のせいで大恥をかかされ、減給処分を食らったことになるのである。
 普通、部下に恥をかかされれば、怒るはずである。
 部下のせいで減給になったら腹を立てるはずである。
 口の悪いキレやすい麻生財務相ならなおさらである。
 怒髪冠を衝(つ)かせ、ボロクソにののしってもおかしくはない。
 にもかかわらず、麻生財務相は佐川氏を、
「適材適所だった」
 と、静かに言っているのである。
 よく仕事をしてくれたとほめているのである。
 おかしいであろう!
 なぜ叱責(しっせき)して厳罰に処さないのか!

 できない理由はもうみんな知っているはずである。
 改竄の首謀者は、佐川氏ではないからであろう!



森友学園
関連記事
スポンサーサイト